« ●薄晴れの中「六花」舞う | Main | ●ラガール「萌え~」 »

2015.12.26

●2015/16.五滑目「丸沼」

えー、昨日も例に由っての滑走行脚。
毎年恒例、ウレシハズカシ「お一人様にてXmasスキー」に行って参りました。

今回のゲレンデは専ら春スキー専用ユーズの丸沼高原。
明後日からの白馬遠征に向けて「もう少し滑り込んでフォームを固めたい」。
けどスキー用の身体は出来上がっておらず「疲労が溜まるのも避けたい」。
そんな理由で現況滑走可能コースの多いスキー場の中で、緩~中斜面主体のゲレンデチョイスになったのでした。

と云う訳で、以下恒例のゲレンデリポで御座います。

・12月25日 気温1~4℃ 
天候:高曇り/薄晴れ、微粉雪
雪質:降雪機特有、やや硬めのパックと吹き溜まりザラメのバーン。

Img_0622
【写真上】10:30、ゲレンデ到着。
昨日はバス利用の為、こんな遅めのゲレンデイン。
まぁこの日のテーマは「基礎トレ」なんで、5時間滑れりゃオンの字です。

Img_0623
【写真上】御多分に漏れず、丸沼も雪日照り状態。
ボトムは天然雪のカケラも無し、スノーファンで何とか2コース維持していました。

この日の滑走可能ゲレンデはゲレンデボトム/ミドルを中心に7コース。
ロープウェイは運休の為に上部コースは殆ど滑走不可です。

Img_0627
【写真上】中央リフトにて一写。
スノーファンの守備範囲外は、御覧の様に地べた露出。
此処数日で気温は低下傾向なののですが、如何せん降雪がありません。

Img_0630
【写真上】バイオレットコース(左)。
現在のコースオープン状況だと、実質ココとゴールドの2コースがメイン。
さーて、みっちりと基礎トレしますか。

Img_0631
【写真上】第5リフトより左手、バイオレットコース。
人工雪独特のカチッとしたバーン。
エッジはしっかりと噛んでくれますし細かいギャップも無し、特に地雷も見当らず。
今年の天候を考えれば概ね良好なピステコンディションでした。

Img_0634
【写真上】同、バイオレットコース俯瞰図。
イヴ明けの平日ですから混雑具合も大した事ありません。
滑走ラインも自由に取れ、スピードも60㎞位なら無理せず出せました。

スタートから2時間はみっちりとミドル~ロングトレ。
この日のテーマは「視線の先行動作」「内足の畳み加減確認」「瞬時の切り替え」「足首を使った滑り」でした。

Img_0633
【写真上】第5リフトより右手、ローズコース下部。
積雪量1~2㎝、薄皮一枚の雪化粧。
人工雪降らせてないと、ゲレンデ全域がこんな感じなんでしょうね。

Img_0635
【写真上】同、ローズコース俯瞰図。
コース入口付近は更に雪付きが悪く、排水溝にだけ雪が溜まっている感じです。
余程のドカ雪が無いと、年内のコースオープンは無理っぽく。

Img_0639
【写真上】必然的に第5リフトは混み合います。
ゲレンデ自体は空いていましたが、日中通じて2~3分程度のリフト待ち。
現状での滑走可能コースだと、如何してもバイオレットとグリーンにゲストが集中するので仕方ありません。

Img_0640
【写真上】12:50、第3リフトより丸沼を望む。
一旦トレーニング小休止。
混雑回避も兼ねて、試しにローズ上部へ向かう事と致しました。

Img_0641
【写真上】ローズコース上部。
林道の地形起伏が如実に表れているので、通時よりコースが狭くなっています。
右ヘアピンの中斜面からは雪量も減少、所々にブッシュが散見されました。
大して面白味の無いコースなので一本滑ってお終い。

Img_0642
【写真上】13:00、第3リフト。
空いているゴールドコースで小回り鍛錬タイム。
今となっては絶滅危惧種のシングルリフト、此処以外で良く使うのは石打のチロルゲレンデ位です。

Img_0643
【写真上】ゴールドコース。
距離は短いものの、程良い斜度とアンギュレーション。
但し雪量が少ないので、通時よりうねりと片斜具合が強く出ています。
「トップから噛ませる」「短いエッジング」「スキーを止めない」を心掛けての反復練習、地形的に早く日蔭に入るのでバイオレットよりアイシーなコンディションでした。

Img_0645
【写真上】コバルト~グリーンコース。
第5リフト迄約1㎞、緩斜面が続くミドルコース。
グリーンコースは下部に進むに従い、地表露出が目立つ様になって参りました。

14時以降は再びバイオレットメイン、時折ゴールドを使うローテーション。

Img_0647
【写真上】第5リフトより「メリークリスマス」。
23日イヴの丸沼はサンタコスプレで来場するとリフト券がタダだったらしく。
前日からの残留サンタさんが5~6名おられました。

Img_0681
【写真上】第5リフト「地ヨリ天ニ降ル雪」。
年末年始に向けて、人工降雪機も日中よりフル稼働。
今週末の寒波を期待して、ベースの根雪を作っている所処です。
次のコース拡張はオレンジコースっぽいですね。

Img_0686
【写真上】ラス1時間はバイオレットで〆。
コースが日蔭化する14:30以降はゲストも激減、リフト待ちもなくなりました。
昨日の丸沼は比較的低温を維持、コース荒れも少なく終日フラットなバーンコンディションでした。

と、こんな感じの滑走記。
私め、丸沼高原と云えば「春スキー」「試乗会」オンリーの来訪、この時期に使ったのは初めてでした。
で、コレが意外と良い按配。
ハーシーズンにはユル過ぎて面白味の無いスキー場ですが、シーズンイン直後には丁度良い快適性です。
中~緩斜面主体の楽チン難度でコース幅もソコソコ広く、練習滑には持って来い。
ハードバーンやロングコースが無いのでの筋力負担も少なく、身体を慣らしていくにも格好のゲレンデ。
初滑りと云えば毎年「かぐら」がお決まりだったのですが、来季からはココも候補に加えようかと思えました。

明日からは白馬遠征、八方/五竜&47に逝って参ります。
おしまい。

|

« ●薄晴れの中「六花」舞う | Main | ●ラガール「萌え~」 »