« ●ラガール「萌え~」 | Main | ●2015/16. 七滑目「五竜&47 」 »

2015.12.27

●2015/16. 六滑目「八方尾根」

なえー、本日より今季一発目の白馬遠征。

今回はシーズン序盤で「スキーBODY」が出来上がってませんので、連滑疲労を考慮して二泊三日のショートステイです。
初日のゲレンデは八方尾根、まぁ一言「鬼畜混み」でした…。

そんな訳で只今19:30。
アクティビティ後の温泉湯治を終えスキーのワクシング途中で御座います。

尚モバイルからのエントリーも面倒なので今宵は文面のみの簡易アップにて。
滑走記は帰東後にでも改めて更新致しまする。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

以下、12/30加筆補正、ゲレンデリポです。↓

・12月27日 気温-1~3℃ 
天候:終日雪、ややガス気味
雪質:非圧雪部で膝下新雪、やや湿潤雪。

Img_0691
【写真上】ゴンドラアダムへの途次、細野諏訪神社にて。
遠征初日のルーティン、白馬の霜降宮さんで三日間の安全滑走祈願。
+三つ、以下のお願い事を致しました。
「あんまり混んでませんように」。
「風とガスに祟られませんように」。
「ブッシュ地雷でソールを痛めませんように」。

Img_0692
【写真上】6:50、ゴンドラ前。
年末年始の八方は7時半よりゴンドラ営業開始、既にこの時間で150人程の板デポ行列が出来上がっておりました。
「7時前で50人位は並んでるかな」と云う想定は、甘過ぎたらしく…。

Img_0693
【写真上】チケット売り場ですら、約30名の行列です。
取敢えずゴンドラ行列に板デポ、チケット行列にピステバックをデポ。
地下でブーツに履き替え、アップして列待ちに戻ります。

Img_0694
【写真上】7:20、リフト券を引き換えて営業開始を待ちます。
行列に戻る際、自分のデポ板を探すのに一苦労する混雑振りです。

因みにリフト券を「購入」では無く「引き換え」なのは…。
今季、無敵のプラチナチケットに当選した私め、「白馬村共通シーズン券」を持っているからなのでした。

Img_0696
【写真上】7:35、蛇行の列は「すくすく」成長中。
営業開始時刻、行列の最後尾は白樺第1辺りに迄達しています。

Img_0701
【写真上】7:50、兎平にドロップイン。
上部の各コースは、昨夜からの降雪で一面が膝下パウダー。
ハイシーズンに較べるとやや重めの新雪でしたが、板抜けはまずまず。
最初の2~3本は下地の底付きも気にならない浮遊感が楽しめました。

Img_0703
【写真上】30分程のウサギ回しで、パウダーはほぼ完売。
湿潤雪なので踏み固められるのも早く、8時半頃にはモサっとした雪質に。
今季初のディープスノー、新雪の滑り方を思い出した頃に「食べ頃」は終わってしまいました。

Img_0714
【写真上】売れ残りを狙ってソデクロへ。
こっちも然程底付きが気にならないコンディション。

しかしセカンドモデルとは云え、SL板でこのコンディションは一苦労。
中盤の斜面変化箇所で今季初の「大回転(縦)」、頭から雪被り。
この日が「THE DAY」だったのはファットスキー&ボーダーの方々ですね。

Img_0715
【写真上】8:50、黒菱三角からスカイラインへ。
アルペンクワッド下車直後に、「スカイラインペア」稼働開始の場内アナウンス。
この日がシーズンオープンとなるスカイラインに飛び込みました。
が…。

Img_0717
【写真上】9:05、スカイライン2ペア…。
直ぐに下りて来たにも関わらず、乗車待ち約30分の行列。
一本乗って下りてくると、行列は更に伸び1時間超確実となっていました。
如何やら咲花方面からの山頂上り客による混雑発生みたいです。

コレじゃ歩いた方が早いので、右手の林道をノルディック&板担ぎハイク。
歩いてパノラマゲレンデへと向かいました。

Img_0724
【写真上】10:10、パノラマ到着。
多少の混雑は見られましたが、この時間帯は激混みと云う程では無し。
滑走ラインもソコソコ選ぶ事が出来ましたが…。

Img_0732
【写真上】11時を待たずに…、

Img_0738
【写真上】混雑ピーク突入。
国3AB/パノラマペア共に15分程のリフト待ち、しかも乗車中に良く止まる事…。
ランチタイムになっても混雑緩和の気配が無く、一旦ウサギに向かいます。

Img_0740
【写真上】アルペンクワッドより、兎トップ。
こっちは輸送力が段チなので、大体5分程度のリフト待ち。
暫くは兎の左右で回す事に致しました。

Img_0775
【写真上】モヒカン向こう、大町側の兎。
クワッド側は既にグサコブ状態なので、ゲストが集まるのは必然的にこっち。
湿雪特有のモサっとした滑走荒れコンディション+滑走者の多さで、縫って滑る小回りが精一杯でした。

Img_0776
【写真上】13時以降はパノラマ張り付き。
リフト待ちは相変わらず10~15分、1hour/4本の滑走ペースです。
一日を通して空いているのは大町側でしたが、板走りが良いのは小谷側でした。

Img_0780
【写真上】15:00、国1にて撤収。
この日(12/26)時点では下山ルートが全てクローズ中の八方、従い下山索道の鬼渋滞を避けるために早めの撤収を余儀無くされます。

因みに15時でゴンドラ/国1共に約40分の乗車待ち。
索道速度と快適性ならゴンドラ一択なのですが、何故か国1をチョイスします。

Img_0781
【写真上】15:25、国1降り場(乗り場)手前にて。
行列は時間を追う毎に延長、こりゃ最後尾は90分待ちですね。
強風で板が煽られての事故を防ぐ為、下山乗車は「板外し」「1リフト×1人」。
従い上りの倍、時間が掛ります。

Img_0782
【写真上】「こ、怖い」…。
下山リフトの風景なんぞ慣れてない上、急傾斜の長時間鈍行リフト。
更に板を抱いているので両手は塞がっています。
このスリル感満載のアトラクションを味わう為に、国1下山を選んだのでした。
しかしムチャ寒かった…。

Img_0793
【写真上】おまけ、ゴンドラ乗り場BF1にて。
今季からハヤシワックスさんが出店されていました。
営業時間が早朝7時からなので、滑り終えた後にチューンに出し翌朝リフトスタート前に受け取れます。
ワクシングや簡単なバリ取りなら遠征中でも自前でやっちゃいますが、エッジのファイリングやリペアツール迄は持ってきてません。
そんな訳で一度シーズン中に使ってみようかと。

おしまい。

|

« ●ラガール「萌え~」 | Main | ●2015/16. 七滑目「五竜&47 」 »