« ●2015/16. 十滑目「八方尾根」 | Main | ●2015/16. 十二滑目「八方尾根」 »

2016.01.17

●2015/16. 十一滑目「五竜&47」

えー、先日「第二次白馬遠征」のゲレンデリポ.後日談。
遠征二日目は「五竜&47」、以下恒例の滑走記になりまする。

・1月12日 白馬五竜&Hakuba47 
気温:-7~-1℃ 
天候:午前中/薄晴れ  午後/曇りのち雪
雪質:新雪約10㎝、下部は人口雪中心

Img_1168
【写真上】7:25、テレキャビン一番乗り。
営業スタート50分前、取敢えずポールとブーツバックをデポしてエスカルプラザへ。
朝メシとストレッチの後、スカイフォーリフトの稼働を待ちます。

Img_1170
【写真上】とおみゲレンデにて一写。
手前でポールネット修繕されているのは五竜のパトロール女子。

Img_1172
【写真上】おっ、ゲレンデ上部には薄らと青空が。
風も無くキンと冴えた冷え込み、今日は「THE DAY」の予感♡。

Img_1176
【写真上】8:05、とおみゲレンデのピステに「1stシュプール」。
スカイフォーとテレキャビンの運行タイムラグ15分を利用して、一本足慣らし。
この後テレキャビンに戻り「朝イチグランプリ」に向かいます。

Img_1181
【写真上】そして…

Img_1184
【写真上】誰もいない…

Img_1192
【写真上】朝イチグランプリへ。
リフト上から眺めているだけで垂涎モノのビューティフルピステ。
一番乗りの特権風景、まるでバーン貸切の気分です。

Img_1194
【写真上】アルプス第3ペアより、右手のパノラマコース。
こっちには向かわないのですが、余りのカンペキグルーミングさに一写。
グランプリに負けず劣らず、ビューティフルなピステバーンでした。

Img_1196
【写真上】アルプス第3ペア降り場にて。
まるで吸い込まれて行く様なコース風景、さーて1stラン戴きっ。

手付かずのコーデュロイストライプを切り裂いての高速ロングタイム。
軽い新雪がしっかりグルーミングされたバーンは、まるでエッジが吸い付く様なスーパーなコンディションです。

Img_1203
【写真上】2本、3本と「かっ飛ばしタイム」。
「雪質最高」「ゲスト激少」「ピステン完璧」と至宝の極楽スキーイング。
こりゃ二時間位はグランプリ回しで楽しめそうです。

しかも太陽の方向に目を向けると、キラキラ光り舞うのは「ダイヤモンドダスト」。
嗚呼、シチュエーションさえも素晴らしいモーニングタイムです。

Img_1206
【写真上】赤青ウェアに身を包むのは、五竜スクールのイントラさん。
この日は何時もにも増して、出勤前のフリーランを楽しむインストラクターの姿を多く見かけました。
そりゃこのコンディションですから、滑りに来たくもなるものでしょうね。

Img_1209
【写真上】8:50、所処が…、

Img_1211
【写真上】9:05、おいおい…。
30分を待たずして、グランプリは一面の濃靄状態に。
特にミドル部はホワイトアウトと化し、全く視界が利きません。
結局「高速ロング」で回せたのは4本、雪がムチャ良いだけにガスが恨めしい…。

この後、様子見で30分程粘っていたのですが、ガスの引く気配は全く無し。
仕方無く47方面へ向かう事と致しました。

Img_1215
【写真上】9:40、47ラインC。
予想通りこっちは晴れてました。
47はほぼ真北を向いているので、ガス被害の少ないスキー場なのです。

Img_1218
【写真上】ラインCより眺むルート1。
10時過ぎ頃迄はガラガラ、滑走者も数える程しか見られません。
コース幅を目一杯に使ったノンストップミドルで回せました。

Img_1224
【写真上】ルート1トップより、唐松尾根を望む。
今日は八方もコンディション良さげですね。

Img_1229
【写真上】しかし好天は10時半頃まで。
11時を待たずして、青空はすっかり曇雲に隠れてしまいました。
それでも視界は問題無く、良好なコンディションが続きます。
三連休明けの平日と云う事もあり、ピーク時でもこの位の人出でした。

Img_1233_2
【写真上】ルート2。
ややモサ感はありましたが、ゲストも少なく終日良コンディションを維持。
コース幅と云い斜度と云い、小回りトレに丁度良いバーンです。

Img_1230
【写真上】ルート1.ボトム。
上部に較べガリ気味、片斜やうねりのアンギュレーションに富んだ中急斜面。
滑走者も少なく、GS的に攻めるには絶好のコースです。
しかしリフト接続が悪く、ヘビーローテーション出来ないのがチト残念。

Img_1234
【写真上】12:40、ルート1より白馬村中心部を望む。
お昼前よりチラホラ降り出した雪は、午後に入ると本格的な降り足に。
しかしこの季節にも関わらず茶色い地面の目立つ風景、今年の白馬は本当に雪少ない…。

この日はラインCにてルート1&2回し、たまにボトム迄下りてゴンドラ使いの一日。
しかし5時間も47に居ると流石に飽きてきたので、濃靄の掛る五竜方面に戻る事と致しました。

Img_1238
【写真上】14:50、グランプリ。
やっぱり相変わらずの濃ガス状態、数本滑ってとおみゲレンデへ下ります。

Img_1242
【写真上】ラス1時間半はスカイフォー回し。
外足から外足への乗り換えとスキー前後差のチェックをメインに基礎トレ専念。
うーん、「いいもり道場」が使えないのがチト辛い…。

と、こんな感じの遠征二日目。
朝イチグランプリの濃ガスは残念でしたが、天候/雪質/積雪量と「今季ベスト」のコンディション。
ガッツリ滑り込む事が出来ました。

因みに一般社会人は連休明けの平日/大学生は試験前のこの時期、ゲレンデはガラガラかと思いきやソコソコの入り具合。
尤もゲストの半分以上はガイジンさんで占められおり「此処は何処の外国だっ」てなゲレンデ風情でした。

|

« ●2015/16. 十滑目「八方尾根」 | Main | ●2015/16. 十二滑目「八方尾根」 »