« ●第三次白馬遠征. 最終日 | Main | ●2015/16. 十六滑目「五竜&47」.前篇 »

2016.01.29

●2015/16. 十五滑目「八方尾根」

えー、今週月~木の「第三次白馬遠征」、後日談リポート。
三泊四日の初日は八方尾根。
先週末からの寒波襲来で、ゲレンデ下部の雪不足も取敢えず解消。
セントラル/白樺/国際も滑走可となり、やっと「全山オープン」となりました。

・1月25日(月) 八方尾根 
気温:-7~-1℃ 
天候:午前/曇り 午後/曇りのち薄晴れ 上部は薄ガス.時折強風
雪質:非圧雪部は20㎝超の新雪、ドライな良パウダー

Img_1652
【写真上】6:40、マウントさん横、一通路。
八方口のローソンさんで朝食を買い出し、ゴンドラへ。

Img_1653
【写真上】6:45、細野諏訪、霜降宮さん。
八方タウンも漸く見慣れた冬の風景に。

Img_1654
【写真上】6:50、深雪さん前からゴンドラ坂。
只、これでも例年に較べると可也少ない雪量です。

Img_1655
【写真上】6:55、ゴンドラ乗り場。
この時間にして既にボーダー1名様先着。
板をデポしてアダム地下で朝食/ストレッチ/ブーツ装着、あれこれしてる内に時間は@云う間に過ぎていきます。

Img_1660
【写真上】7:50、ゴンドラ営業開始10分前。
朝イチ待機の行列は約40名に。
この日は絶好の「POWDER DAY」、殆どがボード/ファットスキーの方々でした。

Img_1662
【写真上】8:10、朝イチリーゼン「一番乗りっ」。
どんよりとした鉛雲曇天でしたが、これだけ視界利きゃ文句無し。
何にしても無人のゲレンデっつーのは気持ちの良いものです。

例に由って一本目はバーンコンディションを確かめながらの8割滑走。
一段目(ハ1)は圧雪バーンに7cm程のトッピングパウダー。
二段~三段目(ハ2)はソフトタッチなコーデュロイバーン。
四段目(うすば)は、ややカチッとした硬めピステン。

ルーズな新雪滑からストレッチングフルカービングの大回り、スキッドコントロールを利かせた小回りと、「一本で三粒分美味しい」バリエーションのリーゼンでした。

Img_1664
【写真上】取敢えず3本リーゼン回し。
オープン直後には冬晴空が広がり出し「すわ好天か?」の期待も抱かせました。
しかしコレほんの一瞬だけで、再び曇り空に逆戻り。
この後天候が良化するのは14時以降を待たねばなりませんでした。

Img_1667
【写真上】一寸誤算だったのがコレ。
兎平より上部は、強風の為に暫くリフト運行見合わせ。
うーん、これじゃセントラルの新雪は「即.完売」だろーな…。

Img_1669
【写真上】8:40、リーゼン回しの後、新雪喰いに向かいます。
今シーズン「初」となるセントラルへ。

Img_1670

Img_1677
【写真上.下】やっぱりみんな喰われちゃってました…。
アルペンクワッドが動いてないので、パウダー目的の方々は皆セントラル狙い。
本来ならココ、9時半位迄は「パウダー穴場」なんですけどね…。

Img_1682
【写真上】9:20、漸くアルペンクワッド稼動。
営業スタート時には既に「パウダージャンキー」で50名程の行列。
リフト乗車中にもノートラックに縦長のラインが次々と刻まれていきます。

Img_1683
【写真上】9:40、ブレックファーストパウダーは早々に完売。
兎のパウダーはハイシーズンならではの「BEST」な良質軽雪。
柔らかいタッチに軽い板の抜け、そして心地良い浮遊感。
下地のコブも完全リセットされており、底付きも全く有りませんでした。

Img_1686
【写真上】クワッド下には多少食べ残し有。
こっちを頂きつつ、黒2/黒3の稼働を待ちます。

Img_1692
【写真上】9:50、黒3稼動、迷う事無く黒菱にドロップイン。
写真では多少起伏が見えていますが、良雪が故に殆んど気になりません。
凸部に突っ込んでも、キレーにトップが抜けてくれました。

Img_1694
【写真上】暫く黒3回し。
こっちは入口からして急斜面、難度から兎ほど多くのゲストは流れて来ません。
しかもリフト北には裏黒も広がっており程良く滑走者が分散、「お食事タイム」は30分以上続きました。

しかし、何時から黒菱はツリーランコースになったのでしょう…。

Img_1705
【写真上】プチアクシデント発生。
カメラを構えている最中に突如暴風に巻き込まれ「目の前真っ白」。
この旋風雪でレンズ内側に粉雪が入ってしまい、ピントが殆ど合わせられなくなってしまいました…。

Img_1711
【写真上】以降、こんな「ピン呆け」「斑点」写真しか撮れません。
うーん、これじゃカメラ自体がオシャカかも…。

この後10:50頃から、ゲレンデ上部のガスと風が酷くなって参りました。

Img_1715
【写真上】11:10、一旦パノラマへ。
「兎/黒/ソデクロはパウダー完売の上、ガスと強風」。
「北尾根方面はスカイライン第2が未だ動かす」。
「リーゼンは人出増加+ソコソコ荒れ始め」。
…となると、当然パノラマにゲストが集中し始めます。

混んでるパノラマなんぞ回したくも無く、「オリンピック2」と「リーゼン」を交互に取りゴンドラ回し。
ランチタイムの閑散時を待つと致しました。。

Img_1719
【写真上】今シーズン、初たてっこ。
スキーヤーズライト側にはポールセット、左に回り込むに従いオフピステ状態。
ゲレンデトップに較べるとモサ感が強く、コース荒れも目立ち始めていました。

Img_1721
【写真上】11:40、リーゼン。
コース荒れも未だ許容範囲内、しっかり踏めばスキーの挙動も安定しています。
こー云うコンディションだと、センター90位の板が欲しくなりますね。

Img_1723
【写真上】12:35、強風がパノラマ迄下りてきました。
暫く国3は減速運行、只でさえ遅い国3がマスマス遅くなってしまいました。
ランチタイム時のパノラマは空いていただけに、一寸勿体無い…。

しかしカメラのファインダーが碌すっぽ開かなくなりオシャカ寸前。
もう写真撮るの「止ーめた」。

この後はパノラマ/リーゼン/名木山をランダム回し。
ゲレンデボトムでも雪質は良く、視界が確保されてコース荒れも無いので、名木2で回す時間が多くなりました。
14時半以降は天候良化、薄晴れとなりパノラマ回しでフィニッシュ。

因みにレンズ水滴だらけのカメラは、望遠出しっぱなしで乾燥室に一晩置いといたら無事復旧。
まぁ不幸中の幸い、と。

|

« ●第三次白馬遠征. 最終日 | Main | ●2015/16. 十六滑目「五竜&47」.前篇 »