« ●2015/16. 十一滑目「五竜&47」 | Main | ●2015/16. 十三滑目「五竜&47」 »

2016.01.18

●2015/16. 十二滑目「八方尾根」

えー、先日「第二次白馬遠征」のゲレンデリポ.後日談になります。
遠征二日目は八方尾根、以下恒例の滑走記になりまする。

・1月13日 八方尾根 
気温:-8~-1℃ 
天候:晴れ
雪質:新雪約10㎝、下部は人口雪中心

Img_1249
【写真上】6:10、ウォームアップ中、千国街道にて。
早朝ジョグの際、東南の空から雲が切れてきました。
この朝空は…、「THE DAY」の予感♡。

Img_1255
【写真上】7:10、八方口にて。
モルゲンロートの余韻が残るゲレンデは、ガスの欠片も無いクリアな見晴らし。
これは増々「THE DAY」の予感♡♡。

Img_1260
【写真上】7:20、ゴンドラ乗り場到着。
平日だけあって先着は9名と少な目。
地下でスキーブーツに履き替え、ストレッチと朝食を済ませます。

Img_1261_2
【写真上】7:40、「こ、これは…。」
通時ならとっくに稼働している筈のゴンドラ索道に、搬器が全く見当たりません。
如何やら上部強風でスタートの遅れている様子です。
うーん、絶好の「FINE DAY」なのになってこったい…。
早朝の期待とは裏腹に、「THE DAY」どころか「BAD DAY」の悪寒…💀。

「最短で8時にゴンドラ動かし始めたとしても、往復18分」
「試運転で二周、乗車可能になるのは36分=8時半過ぎ」
「ココから名木山まで徒歩7分、靴履き替えて15分」
…頭ん中で計算して、如何考えても名木山迄移動した方が得策です。
そんな訳で即座に判断。
再びスキーブーツからスノーシューズに履き替え、名木山へと向かうのでした。

Img_1263
【写真上】7:55、名木山第3トリプル前。
名木山は約30名の先着リフト待ち。
こっちも多少の遅延はありましたが、8時10分に営業開始となりました。

Img_1265
【写真上】8:10、名木山第3リフト乗車。
うーん、風が強いのならリーゼンクワッドも営業見合わせなんだろうなぁ…。
「朝イチリーゼン」ならぬ「朝イチ名木山」なんて、あまり嬉しくもありません。
あーぁ、増々「BAD DAY」の悪寒…💀💀。

Img_1271_2
【写真上】8:10、「リーゼンクワッド」動いてました♪♪♪。
不幸中の幸い、リーゼンはフツーに運行中。
如何やら営業開始が遅れているのはゴンドラだけみたいです。

Img_1282
【写真上】8:20、朝イチリーゼンスタート。
一本目はバーン状況を確認しつつの8割滑走。
小谷側の方がフラット、大町側にはギャップの散見する圧雪コンディション。
ベースも人口雪的な雪面タッチで、雪量少なさの影響が所々に見られました。

Img_1288
【写真上】序盤戦はプライベートゲレンデ状態のリーゼン。
「放射冷却でキリッと冷え込んだ大気」「人口雪メインながら締まったピステ」。
そして何より「殆んどゲストの居ないコース」。
スタートから30分程は名木山からのゲストのみの貸切、高速ロング~ミドルでノンストップ滑の繰り返しです。
「災い転じて何とやら」、ゴンドラ遅延の影響が返って幸いした格好となりました。

前言撤回、「THE DAY」確定です♡♡♡。

Img_1293
【写真上】この日もうすばのスノーファンは終日フル稼働。
リーゼン1~2段目は天然雪がメインも、3段目以降は未だ降雪機頼み。
特にスキーヤーズレフトは人口雪独特のザラメっぽいバーンでした。

Img_1304
【写真上】リーゼントップより、八ヶ岳を望む。

Img_1308
【写真上】同、四阿山/菅平と浅間山。

Img_1311
【写真上】同、戸隠連峰と飯綱山。
この日の山景パノラマは戸隠~南アルプス方面がクリアな眺望。
高妻山~頸城三山の北東方面は靄掛かりクリアな展望とは参りませんでした。

Img_1312
【写真上】10:10、リーゼンにもボチボチとゲストが流れ込んで参りました。
大町側はピステ跡が消え、却って多少デラ掛り滑り良い状態です。
まぁリーゼンのモーニングタイムも約2時間堪能したので一旦撤収。
スーパーパノラマ目当てにグラードクワッドへと向かいました。

Img_1323
【写真上】10:40、リーゼングラードより、第3ケルン。
トップに上るにつれ四囲は軽く靄掛かり、期待していたパノラマビューは見られず。
却ってミドル~ボトムの方が良い見晴らしでした。

Img_1327
【写真上】リーゼングラード。
グラードは基本的に浅コブ状態も、ドライパウダーが故の良雪クッション。
踏み固められているにも関わらず、柔らかいタッチと軽いスキーの抜け。
雪質の良さ故、予定外に5~6本回してしまいました。

Img_1345
【写真上】今日の山景ビュー.その1。
兎平トップより望む戸隠連峰と飯綱山。

Img_1347
【写真上】今日の山景ビュー.その2。
うすばトップより望む小谷三山。

Img_1385
【写真上】今日の山景ビュー.その3。
パノラマゲレンデより望む四阿山と浅間山。

Img_1367
【写真上】12:10、午後のメインはココ。
ランチタイムの空き時間を狙ってパノラマ回し。
ゲストで混み合う13時以降に休憩を取るタイムラグ作戦です。

Img_1374
【写真上】パノラマコース.小谷側。
正午過ぎでも御覧の様にフラットなコンディション。
しかしこの時期のパノラマは日陰に入るのが早く、14時前にはアイシーなバーンへと変わっていきます。

以降、ラス迄「兎」「パノラマ」「リーゼン」をランダムに取るローテーション。
兎平は直近二日間の雪無し天気で、3月みたいな「一面コブ状態」。
パノラマはややアイシーも、エッジグリップの生きた良バーンを維持。
リーゼンは下地人口雪の氷結露出に加えザラメの吹き出し、加えて滑走荒れのバンクが目立つテクニカルなコンディションでした。

Img_1386
【写真上】おまけ一写。
レイトタイム、パノラマで技術講習に励む赤服の方々。
何だかポスターの構図みたいなので、一枚収めてしまいました。

と、こんな感じの遠征三日目。
二日続けてのオンピステ「ガッツリ滑」で、スキー勘もほぼ取り戻せました。
そして何より今季からの新パートナー「BLiZZARD SRC RACING」の特性も粗方把握、手中に収めたって感じです。
あとは…「セントラル」「たてっこ」のコースオープンを待つのみ。
まぁ次回、今月末の遠征は大丈夫だと思いますが…。

|

« ●2015/16. 十一滑目「五竜&47」 | Main | ●2015/16. 十三滑目「五竜&47」 »