« ●2015/16. 二十三滑目「八海山」前篇 | Main | ●2015/16. 二十四滑目「苗場」 »

2016.02.20

●2015/16. 二十三滑目「八海山」後篇

えー、先々週2/12は八海山滑走記の続篇ログ。

「突き抜ける様なド快晴」と「スーパーな山景眺望」に恵まれた反面、日中の最高気温は12℃迄上昇。
「暖かい」を通り越して「暑過ぎる」陽気で、終日のミドラー滑でも汗ダラダラ。
バーンコンディションも二月上旬と思えない様な「ザクザク荒れ」となってしまいした。

Img_2855

Img_2849
【写真上.下】11:10、予定を早め軽くコブ遊び。
入りの急斜部こそ厄介ですが、ミドル以降は中~緩斜構成のチャンピオンコース。
軟らかいタッチですっかりと「春コブ」の雰囲気です。
下部に進むに従い凸凹の掘りも浅くなっていきました。

Img_2891
【写真上】11:30、ダウンヒル/テクニカルのグサ雪…。
10時半を過ぎるとダウンヒルコースは全面「春のモサグサ雪化」。
まるで片栗粉を半溶かしにした様な雪質へ変わっていきました。

そして正午前になると「融雪進行」+「汚雪露出」で、更にコンディション悪化。
板の全く走らない「ブレーキバーン」となってしまいます…。

Img_2894
【写真上】同、ダウンヒル/セパレートAのザク雪…。
ソール面使って少しでもルーズに走らせようものなら、ブレーキ掛りつんのめる。
トップの捕えを最小限にし、センター~テールで走らせて減速を抑えます。
切り替えもエッジからエッジにダイレクトに、そーなるとスラ板のターンサイズでは「小回りオンリー」の滑り。
仕方無いのでずっとショートメインで回してました。

因みにこの悪雪時間帯になると、「地元ズン券」のおっちゃん方々は続々と撤収。
只でさえ空いてるゲレンデから、更に人影が消えていきました…。

Img_2874
【写真上】13:00、3ロマ乗車。
ロープウエー「無限回し」ローテを一回ストップ。
ブレーキ雪を避け、八海山撮影とエキスパートコースのコブに向かいます。

Img_2882
【写真上】らくらくAコースのヘアピンより、正面に眺む八海山。
ゲレンデから見る八海山は、此処からの構図が一番好きですね。

Img_2887
【写真上】エキスパートは一面コブ畑。
元々踏まれ切ってないコブバーンは融雪が進み更に脆雪化。
「足場は沈み」「エッジは引っ掛かり」「ポールは埋まる」…と、見た目より厄介なコンディションでした。

Img_2888
【写真上】14:30、テクニカルバーン.トップにて。
コース荒れも「行き付くトコ迄行った」って感じ、もー慣れてしまってるので何とも思いません。
この時間帯から少しづつ大気も冷え込み、何とかブレーキ雪も収まり始めました。

Img_2904
【写真上】16:00、空中より俯瞰するセパレートAコース。
気付けばロープウエーも最終便、この日は乗車回数は20回。
「嗚呼、@云う間に一日が終わってしまった…」。

Img_2918
【写真上】16:10、ゲレンデトップより、夕刻パノラマ。
プチアーベントロート掛った苗場山、夕暮れ刻ならではの幻想的な風景です。

Img_2921
【写真上】同、妙高連峰と戸隠連峰。
パープルシャドーの陰影とオレンジ掛った空色が、却って昼のパノラマよりも奥行きを醸し出しています。
とっとと滑り下りる心算が、つい10分程見とれてしまいました。

Img_2929
【写真上】サンセットを背景に、レストランダウンヒル。
余談ですが、今シーズンから此処も「全面禁煙」となってしまいました。
ま、世の中の風潮的には「遂に」てな感じですね。

Img_2931
【写真上】そして、誰も居なくなったダウンヒル.テクニカルコース。
呑気に写真撮ってると、みんな滑り下りちゃってました。
贅沢な貸切感と一日の終わり、相反するに心持ちにちょっと淋しさを感じます。

Img_2932
【写真上】同、ダウンヒル.セパレートA。
八海山のゲレンデクローズは、実質ロープウエー最終便の16時+滑走時間。
かぐら同様、チト早いんですよね…。

この日のスキーイングフォトはコレでお終い。
あとは南越バスさん待ち中の「おまけ集」になります。

Img_2936
【写真上】16:50、ベースキャンプ駐車場前にて。
雪化粧の八海山と蒼天の青空が美しいコントラスト。
つっか、とても17時前の空色とは思えません。
しかしハイシーズン真っ只中でこの雲相、今は本当に2月なんでしょうか…。

Img_2939
【写真上】同、ベースキャンプ前より八海山ゲレンデを望む。
入口斜面には一面の「よろけ縞」、雪に描いた枯山水みたいにも見えますね。
しかしこの波線ネイチャーアート、雪日照りと融雪が多い事の証左。
スキーヤー&スキー場にとっては嬉しい模様ではありません。

Img_2940
【写真上】お約束、名水八海山。
硬質感を全く感じない、たおやかな超軟水。
空になったドリンクボトルに、御土産代わり頂きます。

Img_2944
【写真上】17:10、プチアーペンロート掛った八海山。
さーて、コレ乗って帰りますか。

正直云って雪は「ダメダメ」だった今回の八海山遠征。
しかしそれを帳消しにする見事なスーパーパノラマに恵まれました。
そんな訳でこの日の絶景眺望フォトは、後日「ヤマコレ集」としてログ立て致します。
おしまい。

|

« ●2015/16. 二十三滑目「八海山」前篇 | Main | ●2015/16. 二十四滑目「苗場」 »