« ●2015/16. 二十一滑目「五竜&47」 | Main | ●2015/16. 二十二滑目「石打丸山」 »

2016.02.09

●GPSウォッチング「第四次白馬遠征」

えー、「ゲレンデGPS計測シリーズ」、2015/16シーズン第二弾。

昨シーズンからちょくちょくやっていたスキーアクティビティ時のGPS計測。
コレが思いの外面白く、今季は常時ガーミンくん持参で滑っております。

で、今回のテストゲレンデは先週の白馬遠征「八方尾根」と「五竜&47」です。
三日間のスタッツは以下の様になりました。

Img_2221
・2月2日(火) 八方尾根

・天候 曇り/上部濃ガス
・ゲレンデ滞在時間 7:01:47 (8:00
~15:02)
・滑走時間 5:59:28 (rest61分)

総移動距離(リフト乗車含)  93.90km
・総滑走距離 46.95km
・獲得標高 高度上昇累計12,762m/高度下降累計12,770m

・最高速度 66.2
km

1_2
「兎より上部は終日ホワイトアウト」「パノラマも上半分は視界不良」と、濃ガスに祟られた遠征初日。
結局、兎/黒菱/スカイラインには行かず終いでした。

そーなると主戦索道はリーゼンクワッドとゴンドラ頼み。
視界の利くリーゼンとセントラル.たてっこを軸として、山麓迄下りると白樺と名木山を摘み食いするコースチョイス。
単調な滑走ローテーションとなってしまいました。

しかもこの日はスキーをチューンに出す都合上、15時の「超」早期撤収。
甚だ消化不良の一日で御座いました。
.

Img_2454
・2月3日(水) 八方尾根

・天候 快晴
・ゲレンデ滞在時間 8:34:37(8:00
~16:35)
・滑走時間 7:51:16 (rest33分)

総移動距離(リフト乗車含)  120.05km
・総滑走距離 60.02km
・獲得標高 高度上昇累計16,253 m/高度下降累計16,255 m

・最高速度 75.8
km

2_2
前日の悪天候を倍返しにしたかの様な「スーパーファイン」「グッドスノー」。
兎に角この日は、何処を滑ってもコース荒れが殆どありません。

朝イチリーゼンに始まり、整地兎、セントラルをコーデュロイハント。
日中はグラードからスカイラインのヘビロテ、再びリーゼンとセントラル回し。
日蔭刻になるとパノラマトレ、ラストは名木山/白樺で〆です。

因みに各コースの滑走本数は以下の通り。
・リーゼン×13 ・パノラマ×10 ・パノラマ~セントラル~ゴンドラ×5 
・スカイライン×5 ・白樺×5 ・名木山×5 ・兎×4 
・黒菱三角×4 ・パノラマ~たてっこ~ゴンドラ×1 ・グラード×1
特にセントラル/スカイライン/うすばが「当たりゲレンデ」、トップ3でした。

まぁバーンコンディションか良いので、人出具合とコースローテーションを天秤に掛けて「あっち行ったり」「こっち行ったり」。
ホント、この日はゲレンデ全域をバランス良く回す事が出来ました。

.
Img_2582
・2月4日(木) 五竜&47

・天候 晴れのち曇りのち雪
・ゲレンデ滞在時間 8:51:15 (8:00
~16:51)
・滑走時間 7:55:42 (rest55分)

総移動距離(リフト乗車含)  122.35km
・総滑走距離 61.17km
・獲得標高 高度上昇累計17,554m/高度下降累計17,595m

・最高速度 72.1
km

3_2
天候/雪質の良い日の八方は色んなコースを回すのに対し、五竜47はその逆。
グランプリ/ルート1のメインバーン2つに滑走比が偏ってしまいます。

それでもこの日は「朝イチグランプリ」の途中にダイナミックを挟んだり、と比較的ランダムな回し方。
特に47のルート1ボトム部が極上の「ガリッガリ」アイスバーンで、何時もにも増してゴンドラ利用=R1ダウンヒルが多くなりました。

15時以降のアルプス平は降雪でコンディション良化。
もーちょいグランプリで回したかったのですが、体力がエンプティ寸前。
ラス1時間ちょいは、いいもり/とおみで楽して〆となりました。

二連チャンで滑走時間が約8時間、ゲレンデ総移動距離が120㎞オーバー。
そりゃ疲れも溜まるもんですわね…。

.
と、こんな感じの三日間アクティビティスタッツ。
二日目と三日目のスコアは我ながら基地外じみてると思います。
まぁ「ハイシーズンの雪質」+「冬晴れ好天」だから出来る荒行ですけどね。

|

« ●2015/16. 二十一滑目「五竜&47」 | Main | ●2015/16. 二十二滑目「石打丸山」 »