« ●2015/16. 四十五滑目.ファイナル「かぐら」前篇 | Main | ●2015/16. 四十五滑目.ファイナル「かぐら」後篇 »

2016.04.27

●2015/16. 四十五滑目.ファイナル「かぐら」中篇

えー、先日4月25日は「2015/16.WINTER」オーラス滑。
シーズン〆のゲレンデは毎年恒例、かぐらで御座います。

そんな訳で今季最後となる滑走記、45滑目「THE FINAL」。
三部立てエントリーの中篇になりまする。

Img_6223
【写真上】11:00、さーて「コブ遊び」開始。
田代エリアからジャイアントに流れ込みますが…。

Img_6225
【写真上】うーむ…。
ジャイアント前半の急斜部はコース幅の半分程が地表露出。
アミダくじの如く、右に左に雪付き部を下りていきます…。

Img_6228
【写真上】ジャイアント、ミドル部。
コブラインの凹溝は、至る所処「地雷だらけ」。
5~6コブ超える毎に急停止、滑走ラインを変える有様です。

しかもテクニカルが半死亡状態なので、コブ目当てのゲストはジャイアントに集中。
午後には更に酷い状況となっていきました。

Img_6231
【写真上】テクニカル。
3段目は既にクローズ、1段目と2段目のみ滑走可能です。
しかし2段目は地表露出甚だしく、まともな滑走ラインが一つもありません。
つーか、地雷を避ける為の斜滑降で「山は削られ」「溝は埋められ」、コブラインそのものが残ってません。

テクニカルは雪不足が深刻で「詰め」秒読み、持ってあと2~3日でしょう。

Img_6234
【写真上】メインゲレンデのコブライン。
結局、まともに雪の残っている凸凹コースはコレしかありません。
防護ネット脇に新しく作られたコブラインは、如何やらコブ屋さんの作。
珍しくバンクでは無く、ピッチ短めの小気味良いコブでした。

Img_6238
【写真上】12:35、かぐらステージでレストタイム。
気温は正午時点で15℃オーバー、Tシャツ1枚で充分な暖かさ暑さです。
まるで初夏を思わせる様な陽射しが「Sun×2」と降り注ぎ、晩春スキーならではの「スノーピクニック」的な雰囲気でした。

Img_6240
【写真上】「焼いて」「飲んで」のハッピーな方々や…、

Img_6241
【写真上】「日向ぼっこ」「お昼寝」してる方々…。
雪もユルユルならば気持ちもユルユル、この時期ならではの春スキー的楽しみ方。
私めもの~んびり弛緩してのランチ休憩。コブ遊び「午後の部」に備えます。

Img_6260
【写真上】おまけ.その①。
かぐらパーク脇に積まれたパトロール用資材。
防護ネットに各種案内表示板、多分昨日でクローズとなった5ロマエリアから撤収されたものでしょう。
こんな風景からも「シーズンの終わり」が近づいている事を実感させられます。

Img_6243
【写真上】おまけ.その②。
この時期のコースメンテ必須アイテム「硫安」。
かぐらパーク付近では、20㎏袋が山の様に積まれていました。

Img_6246

Img_6252
【写真上】おまけ.その③。
コースメンテナンスに多忙な「硫安ガール」。
「上って」「撒いて」「均して」と、ハードワークを繰り返しておられました。

Img_6242
【写真上】おまけ.その④。
うーん、ホントに「☀ぽかぽか春スキー」。
そんな訳で、季節に合わせて一曲歌ってみる事に。

1
【写真上】雪~が溶けて 川~になって♪

2
【写真上】流れていきます~♪

3
【写真上】土筆 蕗芽の子も恥ず~かしげに 顔を出~します♪

4
【写真上】もうすぐ もう既に 春~ですねぇ♪

5
【写真上】恋をしててみませんか~♪
以上、キャンディーズ「春一番」、かぐらバージョンでした。

Img_6277
【写真上】13:50、アクティビティ再開。
この日のかぐらは可也少ないゲスト数、にも関わらずメインゲレンデは既に浅コブが一面に並び始めていました。
GWは午前中からして「お花畑」状態でしょうね。

Img_6273
【写真上】午後もひたすら「コブ遊び」。
メインゲレンデ脇のコブラインから、

Img_6274
【写真上】ボトムの新しく出来たコブラインへ。
テクニカルとジャイアントがあの「残状」なので、結局メイン回しになっちゃいます。
しかし融雪進行と削り溜まりで、午前中に較べ板の走らないコブコンディション。
一旦ゲストが協力してデラ掛けした方が良いのですが、音頭を取るスタッフさんも居ませんしね…。

と、こんな感じの「2015/16ファイナル」滑走記。
三部作の後篇に続きます。

|

« ●2015/16. 四十五滑目.ファイナル「かぐら」前篇 | Main | ●2015/16. 四十五滑目.ファイナル「かぐら」後篇 »