« ●2015/16. 四十五滑目.ファイナル「かぐら」中篇 | Main | ●「冷蔵庫いっぱい」の幸せ »

2016.04.28

●2015/16. 四十五滑目.ファイナル「かぐら」後篇

えー、先日4月25日は「2015/16.WINTER」オーラス滑。
シーズン〆のゲレンデは毎年恒例、かぐらで御座います。

そんな訳で今季最後となる滑走記、45滑目「THE FINAL」。
三部立てエントリーの後篇になりまする。

Img_6279
【写真上】15:25、最後の1高乗車。
1高の運行は16時迄ですが、少し早めの投了。
午前中からの「コブ浸り」でボチボチ疲労も溜まってきましたし、この辺が潮時かと。

そんな訳で「万感の想い」を込め、2015/16シーズン「〆」の一本です。

Img_6281
【写真上】15:30、シーズン終了の「お疲れビール」。
ホップのビターさを何時も以上に感じる、苦く切ない一杯。

滑走中にアルコール摂取する事なんぞ皆無の私め、ゲレンデで飲酒するのなんざシーズンの最終日ぐらいです。
それにこれから先のゴンドラコースは平べったい連絡路、実質的なアクティビティはかぐらゲレンデでお終いですからね。

Img_6286
【写真上】15:50、「鯉のぼりゲート」からゴンドラコースへ。
「滑る」と云うより「移動する」だけのフラットな下山コース。
シーズン最後の日、此処を下って行くのって凄く切ないんですよね。

Img_6296
【写真上】ゴンドラコース。
ゴンドラコースの上1/3はコース幅広め、雪量もソコソコ安定しています。
しかし「レストラン.シュプール」からの中斜パートを越えると…、

Img_6299
【写真上】イカソーメン状態。
「明日に掛ける橋」ならぬ「みつまたに掛ける橋」。
今週末からのGW、如何やってコース維持するのでしょうか…。

Img_6301
【写真上】みつまた3ロマ乗車。
「スキーの出来ないスキー場」、みつまたエリアに戻って来ました。

Img_6302
【写真上】3ロマより、見返りかぐらゲレンデ。
あーあ、メインゲレンデがあんなに遠くなっちゃった…。
次、あそこに行くのは今年の12月です。

Img_6306
【写真上】16:10、こんな所処で板を外し「終戦」。
3ロマ降り場~みつまたファミリーゲレンデの合流地点。
連絡路の雪は此処で途切れ、あとはピスラボ上の移動を与儀無くされます。

「滑って下りるか」「担いで下りるか」は、個々の判断と履いてるスキー次第。

Img_6308
【写真上】さーて、罰ゲーム開始。
足首の自由が利かないスキーブーツで、板を担いでえっちらおっちら。
しかも只でさえ「ツルツル滑る」スノーマットに、スプリンクラー散水がされてます。
うーん、何の拷問だ、こりゃ…。

Img_6309
【写真上】コース脇のココを歩きます。
ピスラボと地表面の間に引かれている、泥止めマットの端切れ部。
ブーツとサロペットは泥だらけになりますが、最後の最後に「すっ転ぶ」よりマシ。
滑れば15秒の距離を、10分近く掛けての「悪戦苦闘」下山です。

Img_6316
【写真上】16:20、やっとの事でみつまたロープウエー山麓駅。
ビスラボ滑走経験の無い方へ、以下「スノーマットの傾向と対策」です。
①板は意外と良く走ります。
②恐らく想像されている以上にソールが焼けます。
③水飛沫と土飛沫で、ブーツとウェアは上下泥だらけになります。

結局、スノーシーズンにビスラボ常設しても、
「ゲストには一つ良い事無い」んですね。

Img_6318
【写真上】スノーマン前にて。
先週から登場した洗い場ブース、新兵器の高圧洗浄ガンも設置されています。
つーか、こんな敷設する位なら、みつまた1高で下山乗車させて下さいな…。

Img_6335
【写真上】16:35、「FIN」。
例年なら「後ろ髪引かれ捲り」「未練タラタラ」のシーズン終了。
しかし今季は意外と「諦めが付く」と云うか「サバサバしてる」と云うか…。
理由は近年類を見ない劣悪ゲレンデ状況、次来ても滑るトコ無さそうですしね。

因みにこの日は何時もと少し違ったアフタータイムの過ごし方。
16:45発のシャトルバスをスルーして、「道の駅みつまた」へ足を運びます

Img_6327
【写真上】和田ロッヂさんのオオヤマザクラ。

Img_6325
【写真上】島田屋旅館さんのソメイヨシノ。
湯沢駅周辺の桜は全て散り終えましたが、標高600mの三俣では今が桜花の盛り。
遅めのソメイヨシノ、早めのオオヤマザクラが見事な花っ振りを見せていました。

例年ならGW頃の開花なのですが、こんな所処にも暖冬の影響が見て取れます。

Img_6329
【写真上】道の駅に隣接する「街道の湯♨」。
過去何百回と訪れているかぐらスキー場ですが、此方を利用するのは初めてです。
みつまたステーションから徒歩5分、「近くて遠い」湯治処だったのでした。

因みに施設規模は「駒子の湯」と同じ位の広さ+露天と云った感じ。

Img_6333
【写真上】17:45、みつまたステーションに戻ってきました。
営業終了から約1時間後、人影の消えた駐車場は何時もより広々と感じられます。

Img_6336
【写真上】17:50、シャトルバス到着。
かぐらから越後湯沢駅へ、そして「シーズンオフ直行便」となるバスです。

Img_6337
【写真上】17:00、シャトルバスより今季最後のスキー場撮影。
「サヨナラかぐら」「サヨナラみつまたステーション」。
そして「サヨナラ、2015/16シーズン」…。

Img_6341
【写真上】終点の「越後湯沢駅」、そして「シーズンオフ」に到着。
五ヶ月半に亘る「2015/16.スキーシーズン」もこれにてピリオド。
毎年の事ですが、至福の季節は@云う間に過 ぎ去って往くものです。

そんな訳で、今季の滑走リポもこれにてお終い。
次回のエントリーは「プレ初滑り/狭山」、恐らく11月中頃になるでしょう。

|

« ●2015/16. 四十五滑目.ファイナル「かぐら」中篇 | Main | ●「冷蔵庫いっぱい」の幸せ »