« ●「BLiZZARD SRC RACING」インプレッション | Main | ●GPSウォッチング「かぐら(2)」 »

2016.04.14

●2015/16. 四十三滑目「かぐら」

えー、帝都の桜もすっかり散り初めとなりましたが、私めの冬は未だ継続中。
一昨日も湯沢行脚、「神楽を舞い」に逝って参りました。

そんな訳で、先週に引き続いてのかぐら滑走記で御座います。

4月12日(火) かぐら
気温:+1~+10℃ 
天候:晴れ

雪質:新雪約10㎝、早朝はトッピングスノーの下地にガリガリのアイスバーン
    日中以降、融雪と滑走荒れ進みザラメのザク雪化

Img_5723
【写真上】かぐら行きの主戦新幹線、東京6:08発「とき301号」。
シーズンピークにはあれ程多かったスキースノボ客も、今となっては希少人種。
板担いでると「何あの人?」って、奇異の目で見られるレベルです。

Img_5725
【写真上】7:25、湯沢駅東口。
この日のカグリスト第一便は約20名。
バス待ち時間の10分で着替えとブーツ装着は完了、臨戦態勢を整えます。

Img_5726
【写真上】7:55、みつまたステーション到着。
前日は今シーズン最後となるであろう、季節外れのまとまった降雪。
新雪狙いの雪キ●ガイ輩々が、営業前のロープウェーに列を成していました。
まぁ「この時期」に滑りに来る方々ですから、気合の入り方が違います…。

Img_5727
【写真上】8:05、みつまたロープウエーより清津川を望む。
始発便は足切り食らい、第2便に乗車。
「今日も元気に逝ってきまーす♪」。

Img_5729
【写真上】8:10、みつまた1高にて。
みつまたゲレンデには5㎝弱の新雪、天然新雪の懐かしいソフトな足裏感触。
こりゃかぐらゲレンデは結構積もってるかも、ワクワク。

Img_5732

Img_5733
【写真上.下】8:40、かぐらゲレンデ到着。
かぐらメインゲレンデは平均10㎝、多い所では15㎝程の新雪。
但し下地は起伏の多い「ガリガリ」氷結バーン、エッジグリップは覚束かず板も叩かれ気味のコンディションです。

それでも堆雪の深い所処では自然雪独特のソフトタッチ、突き上げに注意しつつ柔らかい雪面コンタクトが楽しめました。

Img_5735
【写真上】1高下もこの通り。
汚雪と地表露出だらけだったリフト下も、すっかりピュアホワイトに化粧直し。
キレーな面ツルバーン(見た目)には、落葉樹が影絵の様に投影していました。

Img_5736
【写真上】暫くはメインゲレンデ回し。
前日は風が強かったらしく、吹き溜まりでややムラのある堆雪状況。
風向き的にはスキーヤーズレフトが風下ゾーン、こっちをメインのライン取りです。

Img_5765
【写真上】9:27、1高降り場にて一写。
かぐら名物「5ロマ待ち」。
競技/オンピステ派の私め、パウダーへの執着は大して無いのですが…。
「折角だからオープニングの5ロマ行ってみるか」。
9時半のコースオープン迄、ちょっこら待つと致します。

Img_5767
【写真上】9:30、5ロマ乗車。
「5ロマ一番乗り キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!」。
クローズネットが解かれると、一斉にスケーティング競争スタート。
負けず嫌いの血が騒ぎ、ちゃっちゃと漕いで5ロマ到着一等賞。
5ロマの口開け乗車ってのは初めての体験、何だか凄く得した気分♪です。

尚、今季の5ロマはコースコンディション不良(積雪不足/雪崩危険)の為、4/24で運行終了とのスキー場インフォ。
BCユーズでの神楽ヶ峰ゲートもクローズとなってしまいます。

Img_5778
【写真上】5ロマより、六花咲くブナ群と万太郎山。
白銀煌めく霧氷風景も、恐らく今シーズン見納め。
季節外れの降雪が、雪山の風景を美しく飾ってくれました。

Img_5782
【写真上】5ロマトップにて一写。
春にしては湿度も低く、冷冴な大気のパノラマ日和。
眼前には三国山脈~谷川連峰~越後三山のスーパーワイドな風景が広がっていました。

この日の山景フォトは、ヤマコレ集として後日別項卵立て致しまする。

Img_5785
【写真上】先ずはリフト下を頂きます。
トッピングパウダーの下は「ガリガリ」の「ボコボコ」で叩かれまくり。
ま、コレはコレで楽しいからイイや。

Img_5799
【写真上】2本目は中尾根側の林間エキスパートコースへ。
オフピステ一面に美しく広がる、手付かずの面ツルバーン。
但し下地は「ガッタガタ」ですけどね。
樹林帯をトラバースしつつ、5ロマ乗り場へ滑り降ります。

Img_5801
【写真上】5ロマ右手側のオフピステ斜面。
こっちの方が堆雪やや深め、ガリ下地の突き上げもマシでした。

Img_5803
【写真上】3本目は南斜面へ。
三国山脈のスーパーワイドなパノラマ、眼下には田代湖。
エキストラのボーダーカップルさんも、雪ピクニック的に寛いでおられます。
座って景色を眺めていたくなる気持ち、解りますね~。

Img_5807
【写真上】南斜面から田代エリアに流れ込みます。
陽当たりの良い分、既にシャバ気味。
板の走りも引っ掛かり気味で、鈍い滑りとなりました。

Img_5810
【写真上】10:15、今シーズン初となる田代7ロマ乗車。
今季3回目のかぐらで、田代エリアに足を伸ばした事自体が初めてです。
因みに私め、未だアリエスカより南に行った事がありません。

Img_5812
【写真上】ダイナミックコース。
メインゲレンデに較べ融雪進行が早い分、グリップはしっかり噛んでくれました。
「腐れ雪」化する前にミドル~ロング回し×4本。
小一時間の後、かぐらエリアに戻ります。

Img_5827
【写真上】11:10、何故かゴンドラコースを下りる私め。
この日痛恨のイレギュラー、ポールが1本折れてしまいました。
流石にストック無しでコブ遊びする訳にもいかず、みつまたステーションまで下山してポールレンタル。
ゴンドラコース~みつまたゲレンデには、所々で妖怪「イタヅカミ」が現れてました。

Img_5829
【写真上】この日2度目の「みつまたロープウエー」乗車。
嗚呼、時間の無駄遣い…。

Img_5831
【写真上】この日2度目の「かぐらゴンドラ」乗車。
過去何百回訪れている「かぐら」ですが、ロープウエー/ゴンドラに2度乗るのなんて初めてです。
これで往復1時間のタイムロス、貴重な時間が消えて行く…。

Img_5823
【写真上】12:10、やっと戻ってきました…。
一昨日からのお目見え、かぐら春スキー風物詩「鯉のぼり」。
そー云えばみつまたの鯉のぼりは見掛けませんでしたね。

Img_5836
【写真上】テクニカルコース。
かぐらリターン後、即コブタイムスタートの筈でしたが…。
「コブ浅っ…」
「しかも溝バンク…」


こりゃ、ゲストの皆さんにもーちょい掘って貰った方が得策です。
メインゲレンデ脇のコブラインは圧雪されており、ジャイアントのコブもウダウダ。
そんな訳で暫く圧雪バーンの悪雪回し、その後「パノコブ」へ向かいました。

Img_5840
【写真上】13:10、他力本願の待ち時間中はパノラマでコブ遊び。
ピッチ狭めの緩斜面コブも、テクニカルに較べ程良い掘れ具合。
只、500mの一本コブなんで途中にコースアウトしないと乳酸溜まり捲りです。
コブ腹蹴って縦にパンパン走らせてました。

Img_5841
【写真上】ラインが一つしか無いので、結構賑わってます。
1時間のパノラマ回しの後、遅撒きながらのメシタイムに入りました。

Img_5842
【写真上】14:35、休憩後はメインゲレンデ~テクニカル回し。
おっ、メインゲレンデ脇のコブラインもソコソコ掘れてきてます。

Img_5845
【写真上】テクニカル1段目。
相変わらずワイド&シャローなバンクコブですが、昼間より大分マシに。

Img_5846
【写真上】テクニカル2~3段目。
3段目はコブ山が削られまくり、もうラインボロボロ。
ラス90分はコブ回しでフィニッシュ。
斜度や凹深も低難度なので然程の疲労も無く、余力残しでの撤収となりました。

と、こんな感じの「春かぐら」滑走リポ。
来週と再来週、1回づつ滑って私めの2015/16シーズンも終わりです。

|

« ●「BLiZZARD SRC RACING」インプレッション | Main | ●GPSウォッチング「かぐら(2)」 »