« ●2015/16.WINTER 「Fin.」 | Main | ●2015/16. 四十五滑目.ファイナル「かぐら」中篇 »

2016.04.26

●2015/16. 四十五滑目.ファイナル「かぐら」前篇

「嗚呼、遂にこの日がやってきてしまった…」

えー、昨日は今季「ラス滑」となる雪山行脚inかぐら。
「2015/16.スキーライフ」も、愈々最後の日となってしまいました。

「名残り」「寂しさ」「切なさ」…、色々な想いが胸中を過るシーズン〆滑。
そんな訳で今季ラストとなる滑走記、万感のエントリーで御座います。

4月25日(月) かぐら
気温:+5~+17℃ 
天候:晴れ

雪質:早朝からザブザブ雪、みつまたゲレンデはスノーマット

Img_6150
【写真上】5:55、東京駅にて。
ハイシーズンにはスキー.スノボ客が溢れんばかりに居た上越新幹線改札口。
昨日は私め以外の「板担ぎ客」を目にする事がありませんでした。
まぁこの時期、フツーに考えて滑りに行く莫迦は居ませんよね。

Img_6153
【写真上】7:25、越後湯沢駅到着。
この日のカグリストシャトル第一便は私め込みで「8名」。
GW前の平日とは云え、異例の少なさです。
お陰で列に並ぶ事も無く、ベンチで着替えとブーツ装着する事が出来ました。

Img_6154
【写真上】7:50、みつまたステーション到着。
シーズン最後のスキーイングも快晴。
私め今季の「かぐら滑」は計5回、その全てがピーカンに恵まれました。
濃ガス/強風/春雨に祟られる事の多い「春かぐら」でこのスタッツは、正に天恵。
全て「日頃の行い」の賜物…かな?。

Img_6157
【写真上】みつまたゲレンデ到着。
まぁ予想していたとは云え、残雪のカケラも見当たりません。

Img_6158
【写真上】ぞろぞろと徒歩移動するスノーマッド達。
5日前に来た際は、イカソーメン連絡路があったのですが…。
今季よりみつまたゲレンデはピスラボ常設、雪が無くても滑走でのロープウエー移動を強要されます。
こりゃかぐらゲレンデからの帰路は、往生しそうです…。

Img_6172
【写真上】みつまた1高にて。
例年ならマダマダ白い風景が広がっている時期なのですが…。
みつまたゲレンデには、もう「冬の名残」は感じられません。

Img_6173
【写真上】ゴンドラライン。
おっ、やっと雪と遭遇。
幅3m程度のイカソーメンがかぐらゴンドラ迄続いています。
しかしこの雪寄路がなくなると、ココもピスラボ移動を強要されるんですよね…。

Img_6178
【写真上】8:30、メインゲレンデ到着。
かぐらエリアは白銀の別世界。
メインゲレンデに関しては雪量豊富、ハザードも見当たりません。

Img_6181
【写真上】オープニングタイムからして、既に「ユルユル」「ザブザブ」。
最早「春スキー」と云うより「初夏スキー」なバーンコンディション、もう夜間の雪締まりや硫安効果も期待出来ません。
フラットな状態を維持していたのは最初の30分だけでした。

Img_6183
【写真上】テクニカル「半終了」のお知らせ。
テクニカルのコブバーンは3段目がクローズ、2段目も「詰み」寸前の状況。
恐らく今週中にクローズとなるでしょう。
(※4/26を以てシーズンクローズとなりました)

Img_6182
【写真上】ジャイアント「終了目前」のお知らせ。
こっちも地表の露出進行が甚だしく、雪付きの悪い箇所では数㎝程度の堆雪量。
順調(?)にいけば今週中にクローズ、奇跡的に持ってもGW序盤迄でしょう。
(※4/27は終日クローズ、必死に雪付け作業するみたいです)

Img_6186
【写真上】5ロマは昨日付(4/24)にて「営業終了」。
雪不足と雪崩危険の為、林間エキスパートは異例の四月中シーズンクローズ。
BC装備をしたゲストの方は、HPのインフォを不存知だった様子です。

ゲスト「9時半なのに何でオープンしないの?」
スタッフ「5ロマは昨日で今季の営業終わったんですよ」
ゲスト「えっ、じゃあKG1には、如何やって行くの?」
スタッフ「霧ノ塔/神楽ヶ峰へのBCも御遠慮頂いてます」
ゲスト「…」

てなやり取りでしょうかね。

Img_6187
【写真上】「営業終了」→「閉鎖中」。
30分後、案内板が差し替えられてました。

Img_6188
【写真上】9:20、メインゲレンデは早くも重層化。
「引っ掛かる」「沈む」「走らない」の三重苦状態スタート。
まぁフラットバーンを1時間楽しめたからイイや。

Img_6190
【写真上】9:30、メインゲレンデから田代エリアに移動。
かぐら→田代の連絡路も「矮狭幅」「ブッシュだらけ」「洗濯板」と末期的な状態。
救いは周辺に残雪が多いので、延命措置がし易い事でしょう。

Img_6195
【写真上】ダイナミックコース「終了間近」のお知らせ。
5日前は結構良いコンディション、暫くココで回そうと思ってたのですが…。
写真以上に地表露出が多く、しかも雪量不足で圧雪入ってません。
コースローテ的に、痛い誤算でした。
(※4/26を以てシーズンクローズとなりました)

Img_6196
【写真上】ま、ソレはソレで良いや。
こっちにやってきた理由はもう1つ、ココの南向き上下斜面。
板を外し小一時間、フキノトウ採りに勤しむ私めなのでした。

ゲレンデ内の至る所で目にするフキノトウですが、コース周辺のものは「硫安」、リフト沿のものは「重油落ち」が気になって余り手を付けたくありません。
ベストな山菜スポットは、コース外の近場斜面なのです。

F1
【写真上】大漁大漁♪。
若芽のフキノトウは近日天ぷら処分/塩茹でして冷凍保存用。

F2
【写真上】豊作豊作♪。
花の開いたやつは蕗味噌/蕗オリーブの瓶詰保存食用。
ビニール袋2つに一杯の「春の滋味」、明日の仕分けと仕込みが大変です。

Img_6210
【写真上】若菜摘む若人。
あんまり良くない場所で蕗摘みしているボーダーさんが3名。
こっちは予定量を収穫し終えたので、若芽の群生してる場所を教えてあげました。
美味しいモノはみんなで分かち合わないとね。

Img_6211
【写真上】6ロマにて一写。
やや薄雲が掛っているものの、この時間帯から気温はグングン乗車。
昨日の最高気温は17℃に迄跳ね上がりました。
「採るモノは採ったし、かぐらエリア戻ろっと」。

Img_6212
【写真上】パノラマコース「終了」のお知らせ。
前日4/24を以て、パノラマも営業終了。
田代→かぐらエリアの連絡都合上、4ロマのみの稼働となっています。

Img_6216
【写真上】完全に分断しまくりのアミダくじ。
二週間前はココにコブラインがあったんですけどね…。
元々が暖冬少雪の上、3月には更に気温上昇、4月は雨風のオンパレード。
今季のかぐらは本当に融雪が早いです。

Img_6220
【写真上】パノラマトップより、田代湖と平標山を望む。
昨日は天気こそ晴れだったものの、遠望の山景はミスト掛った様な春霞の中。
パノラマ眺望には恵まれませんでした。

と、こんな感じの「2015/16ファイナル」滑走記。
今回は三部立て構成なので、続篇マダマダ続きます。

|

« ●2015/16.WINTER 「Fin.」 | Main | ●2015/16. 四十五滑目.ファイナル「かぐら」中篇 »