« ●「奥多摩& 奥秩父」トレラン | Main | ●「鴨沢~雲取山~三条ノ湯」縦走トレラン.後篇 »

2016.08.11

●「鴨沢~雲取山~三条ノ湯」縦走トレラン.前篇

えー、先々日は奥多摩/奥秩父へとトレラン行脚に行って参りました。
但し何時もとチト違うのは「山小屋一泊」、二日続けての山走計画で御座います。

その理由は今回初走破を目論む「和名倉山」の存在。
以前からずーっと気になっていた奥秩父の秘峰なのですが、交通機関ユーズの私めとしては、どー考えても日帰り走破は無理ゲーなアクセス。

で、思い付いたのが山中泊、初日に雲取山経由で三条ノ湯に一泊。
翌日に奥秩父主脈縦走路から和名倉山をピストン、ミカサ尾根を経て丹波山村に下りれば、約42㎞のディスタンスで余裕の山行が組めます。
当初は将監小屋を利用する予定したが、夏季の将監小屋は素泊まりのみ。
ライト&ファストパックのトレイルランナーとして、二日分の食糧持参はチト辛いので「メシ」「風呂」付きの三条ノ湯チョイスとなりました。

2_2

2

従い初日は体力温存の為、短距離&低難度の22㎞「楽チン縦走」。
鴨沢より登り尾根をアプローチに雲取山、奥秩父主脈縦走路を半円に伝い北天ノタルから三条ノ湯を目指しました。
と云う訳での山走記①、「鴨沢BS~雲取山」篇になりまする。

Img_7457
【写真上】9:25、のんびりと奥多摩駅到着。
通時の山行より2時間遅れ、異例の遅い奥多摩入り。
尤もこの日は前泊メイン、三条ノ湯への移動目的トレラン。
距離も25㎞程度しか踏みませんので、これでも早い位の到着です。

Img_7458
【写真上】10:05、鴨沢BS到着。
空は夏晴れの「ドピーカン」、気温はこの時点で約30℃。
何でもこの日、都心では今夏最高の37℃予想だとか…。

アップを済ませ10分後に山行スタート、写真のコンクリ階段が取り付きです。

Img_7459
【写真上】登山口から約300m、集落脇の舗装道歩き。
最近は石尾根や長沢背稜ばかりをアプローチに使ってた雲取山。
鴨沢からの登り尾根経由で登頂するのは5~6年振りです。
そんな訳で何気にチト新鮮。

Img_7460
【写真上】道なりに進むとトレイルに入ります。
一旦短いパートの登山路を進みます。

Img_7462
【写真上】10:30、小袖乗鞍通過。
BSから約1.3㎞、駐車場から車道を真っ直ぐ進みます。

Img_7463
【写真上】登り尾根へのトレイルヘッド。
駐車場から300m弱進み、車道の左手に取り付き有り〼。

Img_7464
【写真上】暫くは小袖山の東裾を巻く山路取り。
2000mの中級山とは思えない、緩やかで大人しい上り。
途中、小袖集落跡の廃屋を通過します。

Img_7465
【写真上】杉林の中、微勾配の快適トレイル。
小袖乗鞍から堂所までは、大凡4㎞で高度上昇520m。
勾配に直すと約7.5度/13%程度なので、そりゃ楽ですわね。

Img_7467
【写真上】11:05、堂所手前の水場。
水涸れの心配はないですが、湧水量はチョロチョロ程度。
ストック補給は七ツ石小屋の水場で予定しているので、軽く喉を潤す程度に。

Img_7468
【写真上】堂所通過。(Time/1:06:40 DST/5.22㎞)
尾根上の目立たない小平地、小袖乗鞍~ブナダウの中間目安地点。

Img_7469
【写真上】堂所を過ぎても緩やかな上り勾配。
左手からは片倉谷源流の潺音、耳で涼を得つつの快適ハイク。

Img_7472
【写真上】程無く右手にスイッチバック。
分岐じゃ無いですが、一本道が東に折れる地点。
この辺りから少しずつ勾配が増し、露岩も目立ち始めます。

Img_7473
【写真上】つってもこの程度。
「登り尾根」つっても、殆ど尾根筋を通らない登山道。
筋力/心肺の負担が極めて少ない、歩き良い山路ばかりです。
翌日に40㎞オーバーの山行を控えてなければ、上りランが楽しめるレベル。

Img_7477
【写真上】12:00 巻き道と七ツ石山方面の分岐。
水場を目指して右進、一旦高度を落とす下りトレイルとなります。

Img_7478
【写真上】七ツ石小屋上の水場。
水汲みのし易い落差とスペース、水量も豊富。
此処でスペア増槽のボトルも補充、山行ラスト迄のストックを充分にします。

Img_7480
【写真上】七ツ石山へは短い上り返し。
おっ、初めて上りらしい上りパート。

Img_7481
【写真上】石尾根縦走路に合流。
此処から先はヘヴィユーズのトレイルルート。
左手をちょい上ると七ツ石山です。

Img_7482
【写真上】12:20、七ツ石山通過。(Time/2:01:18 DST/8.89㎞)
「何っ、この御影石っ!!!」
七ツ石山の山頂標識が、何時の間にかモノリスに変わってました。
先月踏んだ時はこんなの無かったのに…。
何だかミョーに立派過ぎて違和感を禁じ得ない山名標、うーん流石東京都。

Img_7483
【写真上】七ツ石山より望む、石尾根縦走路と雲取山。
七ツ石山からの山景フォトと云えば、やっぱりコレ。
ラン区間も多くなってくるパート、よーし走るぞー。

Img_7485
【写真上】同、南面には三頭山。
右奥には北都留の盟主権現山と長尾根が薄らと望めます。

Img_7486
【写真上】同、西正面には飛龍山。
右のコブコブ群が三ツ石山、中央に飛龍、左に前飛龍。
こうして見ると三ツ石山の稜線はまるで龍の背びれが伸びてるかの様。
ひっくるめて「飛龍山」ってな感じですね。

以上、「登り尾根」ルートの七ツ石山(雲取山)登頂パート。
まぁ人口に膾炙したメジャーコースなので説明は不要かと思いますが…。
「兎に角、ムチャ楽です♥」。
前述の通り、山路構成の殆どが緩斜登、中斜面と云えるパートは極々一部。
「悪路無し」「急斜面無し」「間違いそうな分岐無し」「水場有り」と、七ツ石山までなら小学生中学年でも問題無く往復ハイキング出来るレベル。
終始樹林帯の山中で見晴らしが利かないのが弱点ですが、それも七ツ石山からのパノラマで相殺。
雲取山への表玄関として、老若男女問わず人気を集めている理由が解ります。

トレラン的には入門者レベルのランナーが初めて20㎞オーバーの距離を踏むのに持って来いのコース。
鴨沢↔雲取山のピストンで約25㎞の与し易い距離、万が一イレギュラーで挫折しても七ツ石山で引き返せます。
急坂と云えるパートは「雲取小屋/ヘリポート~小雲取山」の区間のみ。
しかもこのパートには西面一帯に絶景のスカイトレイルが広がっており、登坂の疲れも忘れさせてくれます。
往路がこの楽チンさですから、復路はその裏返しで快適な下りトレイル。
膝の負担も少なく、極上のダウンヒルが楽しめるでしょう。

あと、上級者の方なら半日レベルのショート山行と割り切って、クライムランのトレーニングに宜しいかと。

Img_7487
【写真上】七ツ石山からブナダウへの下り。
七ツ石山から雲取山にかけての高原帯はマルバダケブキの群生地。
目にも鮮やかな向日葵色が一面に咲き誇っていました。

Img_7488
【写真上】雲取山へと続く防火帯山路。
ブナダウ~奥多摩小屋へは平坦パートの多いラン区間。

Img_7495
【写真上】ヨモギノ頭より、見返り一写
堂所~七ツ石山と、これ辿ってきた縦走路が一望の元、右には三頭山。
標高こそ低いものの、雲取山直下の石尾根は絶景のスカイトレイルが続きます。

因みに過去ログで記述済ですが、ブナダウ~雲取山の山路構成は以下の通り。
・ブナダウ~奥多摩小屋/平坦基調で緩やかな勾配、快適に走れます。
・奥多摩小屋~ヨモギの頭/距離こそ短いが、ザレた石積急斜面パート。
・ヨモギノ頭~小雲取山直下/樹林帯の中、階段状の中~急斜面。
・小雲取山直下~小雲取山/ヨモギノ頭と同じ、蛇行した急斜面。
・小雲取山~雲取山直下/平坦基調、快適なトレランパート。
・雲取山直下~雲取山/ショートパートの中斜面をひと上り、山頂に至る。

Img_7497
【写真上】小雲取山直下より、南北に連なる大菩薩連嶺。
北(右手)の大菩薩嶺から南(左手)の滝子山までが一望、見事な見晴らし。
あそこをフルパート縦走したのは一昨年、久し振りに行ってみたくなる風景です。
写真では解り辛いですが、雁ヶ腹摺山の向こうには富士山の山裾も望めました。

Img_7500
【写真上】同、奥秩父山塊。
中央には明日のメインディッシュ和名倉山。その向こうには唐松尾山。
リンノ峰~東仙波~焼小屋ノ頭と続く仙波尾根が見晴らせます。
中央右奥、台形上の各ピークは左より木賊山.甲武信ヶ岳.三宝山。

Img_7501
【写真上】雲取山から伸びる奥秩父主脈縦走路。
右の三ッ山頂群を経て中央に威容を誇る飛龍山、左に附して前飛龍。

と、石尾根道中は、西面左手に広がるパノラマとランデ.ヴー。
湿度の高い夏山としては文句無し、100点満点の眺望に恵まれました。

Img_7504
【写真上】小雲取山を過ぎると山頂は目の前。
この辺りも快適なランパート、雲取山頂へはあと数分です。

Img_7512
【写真上】13:10、雲取山登着。(Time/2:54:12 DST/12.77㎞)
「こ、此処もモノリス…」
雲取山の山名標もゴージャス(無味無臭)な御影石に建て替え。
しかも未だ敷設作業中、基礎が剥き出しのままでした。
こんな状態で明後日の「山の日」迎えるのかしら…。

Img_7513
【写真上】裏面には二都県のダブルネーム。
東京都/埼玉県とそれぞれ二柱あった山頂標識は共に撤収済。
コレ一基に統一されちゃったみたいです。
個人的な感想としては「うーん、何だか味気無い…」。

Img_7514
【写真上】理由はコレ。
雲取/七ツ石/鷹ノ巣/六ツ石、石尾根主要の山々は全て「御影モノリス」に統一。
只、雲取山に関しては以前の都県其々で建っていた山名標の方が良かったな…。
それに二つあった方が、記念撮影も楽しめますしね。

因みに埼玉県のHPでは「8月11日.山の日を記念して雲取山頂標識を東京都と統一しました」とコメントされておりました。

Img_7515
【写真上】雲取鹿。
完全に人に慣れ切っており、多少近づいても全く逃げようとしません。
上手くすりゃ「食べ物貰える」くらいしか考えてないみたいです。
あんまり油断してると、鍋にしちゃうぞ。

と、こんな感じの「鴨沢~雲取山~三条ノ湯」山走記、その1。
雲取山からは三条ダルミから狼平.北天ノタル経由で三条ノ湯へ向かいました。
続く。

|

« ●「奥多摩& 奥秩父」トレラン | Main | ●「鴨沢~雲取山~三条ノ湯」縦走トレラン.後篇 »