« ●「第22回手賀沼エコマラソン」.前篇 | Main | ●「第22回手賀沼エコマラソン」.後篇 »

2016.10.31

●「第22回手賀沼エコマラソン」.中篇

えー、昨日参加の「第22回手賀沼エコマラソン」大会リポ.続篇。
三部作の二はちょい長めのレースリポートになりまする。

Img_8606
【写真上】会場入り前に立ち寄った、新しいスタート地点(Aブロック)。
過去大会の参加者コメントによると、概ね評価良好なコース変更。
この新しいスタート地点の方が走路幅が広く、レース開始直後のランナー渋滞が大分緩和されるとの事です。
ま、私めは初参加なんで以前のコース設定と比較は出来ませんが…。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

そんな訳でレースは10:00にスタート。
今回の目標タイムは「1時間24分台」をベースに±1分。
以下の様な「傾向と対策」を青写真に描いてレースに臨みました。

・北柏ふるさと公園前~手賀曙橋(スタート~9.4㎞)
今回は「序盤からソコソコ突っ込んで入る」レースプラン。
超フラットな高速パートの続く前半部は、「㎞/4:00アンダー」
のラップを死守。
特に沼南岸のふれあい緑道パートでは、出来れば多少の貯金を作りたい。
逆にこの序盤区間で崩れると、レースプランそのものが「おじゃん」に…。

・手賀曙橋~五本松公園(9.4㎞~13.6㎞)
手賀沼エコマラソン、「キモ」のパート。
田園地帯から幹線道路の折り返しと単調な風景が続く区間。
序盤は路面の荒れが若干あり、コースも狭くなりスピード感覚の狂いに注意。
折り返し後の後半には小さいアップダウンが2つ現れます。
多少のペースダウンは覚悟も、何とか「㎞/4:10」ペースをボトムに凌ぎ切る。

・五本松公園~手賀大橋(13.6㎞~17.4㎞)
再び手賀沼沿いに出る平坦パートの幹線道路。
アップダウンの下りを利してスピードに乗り「㎞/4:00~05」ペースを維持。
疲労具合が軽ければ、此処から早めに「押して」いくケースも想定。

・手賀大橋~柏ふるさと公園(17.4㎞~フィニッシュ)
渡橋後は残り2㎞辺りからギアチェンジしてラストスパート。
尤もコレは「残存燃料」次第、最悪でも失速は避けたい所処…。

最初の1㎞を3:44、予定通り突っ込んだ入りから一旦ペースを落ち着かせ、一度目の手賀大橋渡橋を過ぎた5㎞地点で19:23のスプリットタイム。
㎞/3:53avと自己ベストペースの順調な序盤戦です。
池南岸のふれあい緑道パートでは斜め前方からの向かい風に煽られるもののペースに響く強風では無く、4分弱のラップを重ね10㎞スプリットを39:16。
プラン通り「㎞/4:00ペース」に若干の貯金を持って、折り返し~アップダウン区間に入りました。

手賀曙橋から都部神田交差点の田園パートでは真向いの風向き、㎞/4:04とペースが落ちますが、折り返し~五本松公園のふたコブ区間を㎞/3:58→3:56で処理。
アップダウンのあるパートを3分台のラップを纏めた事で、メンタル的にも「イケル」てな気持ちになってきました。

以後、手賀大橋までの平坦幹線路はやや「押して」のレース進捗。
この辺りから脹脛への疲労を感じ出しストライドが伸びなくなりますが、ピッチ数を増やしてペースダウン回避に努めます。
周囲の同スペックランナーと競い合うレース展開も味方して、㎞/3:58ペースを維持出来ました。

二度目の手賀大橋渡橋からラスト3.5㎞、取敢えずこの時点で目標タイム(84分台)はクリア確定。
更なる上積み狙いで「ギアチェンジ」したいものの、ピッチ走行に切り替えた事で心肺があっぷあっぷ、18~20㎞区間が矢鱈と長~く感じられました。
結局ラストスパートは不発で現状維持が精一杯、ラス1㎞だけは残存燃料振り絞ってのプチスパートでフィニッシュ。
スタッツは以下の通りとなりました。

0djsu_zhmosaic
ネットタイム 1:23:48(㎞/3:57) グロスタイム1:23:51 
・総合(ハーフ全般) 219位/7012(名)
・種目別(ハーフ男子45歳~49歳) 41位/1310(名)

Aa5a91c0e1fbff6f9c26184a1d6bf2bb

「嗚呼、漸く長いスランプから脱出…」。
一昨年の「上尾シティ」以来、2年振りの23分台にて自己4thベストです。
只々惜しまれるのは公認大会のベストタイムに、僅か「2秒」届かなかった事。
まぁラストを目イチで追っての結果ですから「伸びシロ無し」のタイム、悔しいと云うよりは諦めが付いてサバサバした気持ちです。

前走の諏訪湖が結果以上に内容の良かったレースだったので、ソコソコ自信を回復してのレースでしたが、それでも「24分台出せりゃイイや」てな程度の臨戦モード。
それでこのスコアですから、正直素直にウレチイ♪です。

尤も「超フラットの高速コース」に加え「低温」「適度な湿度」「風も弱め」と、カナーリ条件面で恵まれたレースだったと云う事は加味しておかなくてはなりませんが。

尚、「手賀沼エコ」のコース試走リポはコチラ。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2016/10/post-e817.html

Img_8643
【写真上】おっ、記録速報貼り出されている。
この「手賀沼エコ」、完走証が発行されないので公式記録はネットで発表される迄解んないんですよね…。
従い早くオフィシャルタイムが知りたい場合は、この速報を見るしかないのです。

今回初参加で甚だ好印象の同大会ですが、唯一最大のリクエストはコレ。
当日発行じゃなくても良いから、やっぱり完走証は欲しいなぁ…。

Z
【写真上】速報上位、250名の中には辛うじて引っ掛かってました。
まぁ年齢(48歳)考えたら、健闘した方です。

と、こんな感じの「手賀沼エコマラソン」リポート続篇。
この後はクールダウンを兼ねて軽いジョグ。
レース風景を横目に眺めながら、手賀大橋袂の「満天の湯」へと向かいました。
つづく。

|

« ●「第22回手賀沼エコマラソン」.前篇 | Main | ●「第22回手賀沼エコマラソン」.後篇 »