« ●「手賀沼エコ」速報 | Main | ●「第22回手賀沼エコマラソン」.中篇 »

2016.10.30

●「第22回手賀沼エコマラソン」.前篇

えー、本日は早朝より「千代に八千代に」千代田線、東葛方面へ。
今秋走活第3戦、「第22回手賀沼エコマラソン」に参加して参りました。

「年に一つはお初の大会に出る」と云うのが私めのマラソンライフ、毎年のお題目。
今年の初参戦レースはこの「手賀沼エコマラソン」で御座います。
以前から「フラットコースでタイムの出易い大会」との噂を聞き、触手が伸びていたものの人気大会でエントリー弾かれっ放し。
今年は申し込み開始時刻に狙いすましてのランネットアクセス、漸くスタートラインに漕ぎ着ける事が出来ました。

そんな訳での「手賀沼エコ」大会リポ、その①になりまする。

Img_8601
【写真上】8:30、北柏駅到着。
駅のホームには 手賀沼エコマラソン の横断幕がお出迎え。

今秋過去二走は「越後湯沢」「諏訪湖」と、何れも他県への遠距離遠征。
やっぱり首都圏近場の大会はアクセスが楽で良いですね。
スタート時刻がやや遅め(10:00)のレースと云う事もあり、7時過ぎの自宅出立でもヨユーの現地到着です。

Img_8603
【写真上】ホーム~改札~駅出口に至る迄、参加ランナーで数珠繋ぎ。
一日の乗降客数が2万弱の北柏駅。
この日は早朝だけでその半分近い利用客ですから、駅のキャパぱ一杯一杯。
降車してから駅前ロータリーに出るのに5分位掛ってしまいました。

Img_8605
【写真上】駅から大堀川に沿って会場に向かいます。
住宅街に挟まれた長閑な浅瀬支流、朝釣りを楽しむ地元の方々も見られました。
これでもっと水質が良けりゃ理想的なビオトープ。

Img_8608
【写真上】柏ふるさと大橋より、会場の「柏ふるさと公園」を望む。
大会スタッフのマダムをエキストラに一写。
此処からだと手賀沼の全容は望めず、「沼」っつーより「川」って感じです。

この後会場には向かわず、何故か「北柏ふるさと公園」方面に歩を進めます。

Img_8609
【写真上】スタート地点。
会場からレース開始地点が結構離れているので、場所の確認に来たのでした。
それにしてもスタートプロックの「長~い」事、最前列(A)から最後尾(F)迄、0.5㎞位はあったんじゃないでしょうか。

Img_8610
【写真上】再び柏ふるさと大橋。
静かに凪んだ大堀川の水面には、緑樹とアドバルーンが見事に投影。
コンディション面で一番の懸念材料だった「強風」の心配は無さそうです。
「最大の敵」が消えてくれて一安心、ほっと胸を撫で下ろしました。

Img_8612
【写真上】縦一本に浮かぶアドバルーン。
ヨシヨシ、上空でも風は巻いてない様子。
この日の柏/我孫子市の天候は御覧の様に「曇り」、気温は9時現在で約10℃。
ひんやりと秋冷えのする朝も寒過ぎず適度な冷え込み、しかも前日の小雨のお陰で一定の湿度を保ち呼吸も楽そうです。
正に「マラソン日和」、ベストなレースコンディションに恵まれました。

Img_8613
【写真上】8:45、さーて会場入り。
流石人気大会、結構な賑わい振り。

Img_8615

Img_8616
【写真上.下】「柏ふるさと公園」、会場風景。
公園内の西半分は手荷物預かり所以外に目立った施設/ブースは無し。
レジャーシートとテントの場所取りで、ランナーのベースエリアとなっています。

湖沼沿いの公園なので「縦には狭~い」のですが、代わりに「横には広~く」。
参加者実数(エントリー10575名)に対して、然程の混雑感はありませんでした。

Img_8621
【写真上】意外とびっくりした事。
1万超の参加ランナーが集う大会としては、驚く程少ないトイレ混雑。
9時前ならほんの4~5分並ぶ程度で、直ぐに順番が回ってきました。
但しスタート40分前を切ると、ソレナリに混み合ってましたけどね。

Img_8623
【写真上】「イチカシ」こと市立柏高校、吹奏楽部の皆様。
メインステージ近くに陣取られ、レース前から見事な演奏を披露されてました。
そのレベルの高さも然る事ながら、更に圧巻だったのは50名を超す大所帯振り。
ビビットカラーのユニも相俟って、けだし圧倒されてしまいました…。

Img_8624
【写真上】9時からは開会式。
メインステージ裏でストレッチをしながら、御挨拶を拝聴。
よーし、何だかテンション上がってきたぞー。

Img_8628
【写真上】ラジオ体操、第二~っ。
続いて皆さんオソロで準備体操。
尚、写真は「からだを前後にまげる 運動ぉ~」のパート。

Img_8629
【写真上】ゴールエリアではタイム測定機器の設営中。
スタート地点も撮ったなら、フィニッシュ地点も撮っとかないとね。

Img_8630
【写真上】コース側より、フィニッシュゲートをもう一写。
此処に戻ってくるのは11:24の予定、扨果結果や如何に?。
レース開始35分前となったので、手荷物を預けてスタート地点へ移動します。

と、こんな感じの「手賀沼エコマラソン」、スタート前のイントロダクション。
レースリポ/大会感想/手賀沼アフター等、リポート後篇につづく。

|

« ●「手賀沼エコ」速報 | Main | ●「第22回手賀沼エコマラソン」.中篇 »