« ●山と高原地図㉓ | Main | ●大菩薩嶺「紅葉トレラン」 »

2016.11.05

●決行は「50/50」

「江戸を西に距る三十里、甲州裏街道が甲斐の国東山梨郡萩原村に入って、その最も高く最も険しきところ、上下八里に跨がる難所がそれです。 
標高六千四百尺、昔、貴き聖が、この嶺の頂きに立って、東に落つる水も清かれ、西に落つる水も清かれと祈って、菩薩の像を埋めて置いた。 
それから東に落つる水は多摩川となり、西に流るるは笛吹川となり、いづれも流れの末永く人を湿ほし田を実らすと申し伝えられてあります。 
江戸を出て、武州八王子の宿から小仏、笹子の険を越えて甲府へ出る、それがいわゆる甲州街道で、一方に新宿の追分を右にとって往くこと十三里、武州青梅の宿へ出て、それから山の中を甲斐の石和へ出る、これがいわゆる甲斐裏街道、(旧青梅街道)であります。 
青梅から十六里、その甲州裏街道第一の難所たる大菩薩峠は、記録によれば、古代に日本武尊、中世に日蓮上人の遊跡があり、下って慶応の頃、海老蔵、小団次などの役者が甲府へ乗り込む時、本街道の郡内あたりは人気が悪く、ゆすられることを怖れてワザワザこの峠へ廻ったということです。」

そんな訳で明日は☝の場所へトレイルランに出掛ける予定。
只、最近寝不足気味なのでちゃんと朝5時に起きれるか如何か…。

まぁ寝過ごしたら「全日本大学駅伝」と「大学ラグビー対抗戦」のテレビ観戦。
インドアな日曜日を過ごすと致しまする。

|

« ●山と高原地図㉓ | Main | ●大菩薩嶺「紅葉トレラン」 »