« ●2016/17.十七滑目「五竜&47」 | Main | ●2016/17.十九滑目「五竜ナイター」 »

2017.01.22

●2016/17.十八滑目「五竜&47」

えー、約三ヶ月半の冬季雪山就労日誌、33日目。

本日はオシゴト「中抜け番」にて、正午からの3時間がフリータイムです。
休憩時間に入るや否や、慌ただしく昼飯をかっ込み、マッハの速度でウェアに着替え、逸る気持ちを抑えしっかりアップ。
30分後にはアクティビティスタートしておりました。

Img_0614
【写真上】今日はアルプス平には向かわず「いいもり道場」へ。
スタートからタイムアップ迄、ずーっとコスモフォー回し。

Img_0619
【写真上】主戦コースはコスモリバーとサニーウェイ。
先週辺りから滑りの調子がイマイチで、「第一次スランプ」に突入している私め。
今日は中斜面をメインに、ひたすら基礎練の繰り返しです。
地味~に「シュテムと横滑りでスキーに乗り込むポジションの確認」の後は、主に股関節と膝の動きをチェックしながらの滑りでした。

Img_0622
【写真上】 ややフラットライト気味でしたが、視界は比較的良好。
コスモフォー周辺の各コースは新雪の削り溜まりとバンピーな氷結下地が斑に点在するテクニカルなコンディション。
滑走荒れによる小さなギャップも多く、板を叩かれて雪面コンタクトの取り難いバーン状況でした。

Img_0634
【写真上】ナイターでも基礎練は継続、の筈でしたが…。
今日の五竜は夕刻頃から「雪ゴーゴー」「風ビュービュー」の吹雪天候。
只でさえ緩斜面のとおみゲレンデに堆雪が進み、全~然スキーの走らないコンディションとなってしまいました。

Img_0636
【写真上】しかもメチャ寒い…、つーか「痛い」。
リフト乗車中、吹き下ろしの強風が始終直撃。
これほど体感温度を低く感じるとおみゲレンデってのも珍しいです。

まぁサムイイタイは我慢出来るのですが、スキーが走らないのは如何にもならず。
「ナイター練」は明日以降に繰り越す事にし、1時間で撤収致しました。
おしまい。

|

« ●2016/17.十七滑目「五竜&47」 | Main | ●2016/17.十九滑目「五竜ナイター」 »