« ●2016/17.十滑目「五竜&47」 | Main | ●寒波到来 »

2017.01.11

●2016/17.十一滑目「五竜&47」

えー、約三ヶ月半の冬季雪山就労日誌、22日目。

本日も昨日に引き続き「オシゴトオヤスミ」。
風邪も8割方完治した(と云い聞かせている)ので、通常通りの滑走タイムテーブル。
朝から「ガッツリ」と滑りに行って参りました。

Img_0316
【写真上】8:10、テレキャビン乗車待ちの図。
「年末年始ウィーク」+「成人の日三連休」を終えた後の半月間、白馬エリアのスキー場はシーズン中最も閑散とした時期に入ります。
そして来場ゲストの大半がオージーさんで占められ、宛ら「オーストラリア国.白馬州」的な様相を呈して参ります。

今日の朝イチゴンドラ待機は約40人、そのうち日本人は4~5人を数える程度でした。

Img_0317
【写真上】8:30、今日もアル3/グランプリ一番乗り。
前夜からの新雪堆積は非圧雪部で約20㎝。
気温も-7℃と程良く冷え込み、此処数日では最も良雪のコンディションでした。

Img_0318
【写真上】駄菓子菓子…。
グランプリの幅広バーンは一面ホワイトアウト、視界は2mあるかないか。
とても「かっ飛びロング」で回せるコンディションじゃ無く、手探りの減速ショートで下りるのが精一杯。
うーん、雪が良いだけにムチャ恨めしい…。

Img_0320_2
【写真上】9:00、「おっ、少しガスが引いてきたっ♪」。
グランプリ回し4本目から、少しづつ可視範囲良化。
フラットライトのフィルターが掛りクリアな視界とは参りませんが、これ位見えりゃ文句無しです。

Img_0324
【写真上】圧雪バーンには足首高の新雪が堆積。
センターからテールで板を走らせエッジングはややルーズ目、ソフトクッションのビステバーンを縦目のミドルで回してました。

しかし1時間もすると再び濃靄気配、一旦47へ流れ込む事と致しました。

Img_0328
【写真上】10:10、ルート1。
47は五竜に較べ全体的に北向き斜面なので、ガス被害は少ないスキー場。
標高の下がった分、雪質はウェットでモサッとした滑走感。
しかし板の抜けが悪いと云う程でも無く、ゲストが少ないので荒れ進行も少な目でした。

Img_0329
【写真上】この日の47、「狙い」のコースは、

Img_0332
【写真上】ルート1のボトムセクション。
個人的に47で一番好きなコース。
「程良い中急斜面」「かったるいコリドール無し」「軽く左右に振ったシケインと片斜面」「ウェーブ段差3発」「何時もアイスバーンコンディション」と、SL的なコース構成。
リフト/ゴンドラの接続上「此処だけを回す」事が出来ないのがとても残念です。

今日もアイシーコンディションながら、エッジを噛ませばグリップはしっかり。
縦に踏んだ落下加速と横に振ったカービングGが心地良く、結局5度回してしまいました。

午後に入ってもグランプリとルート1がメインの滑走ローテ。
写真はモノクロ的な色調ばかりなので、撮影はパスして滑り専念してました。
おしまい。

|

« ●2016/17.十滑目「五竜&47」 | Main | ●寒波到来 »