« ●BIG POW(heavyish) | Main | ●2016/17.四十滑目「五竜ナイター」 »

2017.02.22

●2016/17.三十九滑目「五竜&47」

えー、約三ヶ月半の冬季雪山就労日誌、64日目。

昨日はオシゴト午後番にて、朝イチよりスキータイムです。
しかし昨夜の大雪と今朝の強風で、テレキャビンとアルプス平の全リフトは営業見合わせ。
オープニングの新雪喰いはいいもりゲレンデへ向かいました。

Img_1699
【写真上】8:05、スカ4からソフトクリームを横断してコス4へ。
ご覧の様にゲレンデボトムでも、風速10~15mの風が吹雪いています。
こりゃ今日は上のリフト動かないかな…。

Img_1701
【写真上】取敢えずコスモフォー口開け。
朝イチグランプリを滑れないのは残念ですが、代わりにいいもりのパウ食い。
営業開始時刻になってもゲストの人影は見当たらず、スタートの4~5本はノートラックのラインが楽しそうです。

Img_1706
【写真上】先ずはココ、コス4下の大町側。
コースのトップに立ってる時点で、ブーツ高にまで沈む足元。
この日のいいもりはスノーダイビング/コスモリバー/ストレートウイスキーと、軒並み「非圧雪」。
いいもり全域が10~30㎝のパウダーフィールドとなっていました。

Img_1707
【写真上】1stトラック、頂きです。
コース一面膝下パウ、「やや重」の新雪でしたが板抜けはまずまず。
但し厄介だったのはバリバリにクラストした底付き。
昨日の雨が祟って下地は霜柱の様な氷結雪になっており、ギャップに叩かれたり足場が崩れたりとテクニカルなコンディションでした。

Img_1709
【写真上】続いてココ、スノーダイビング。
こっちは更に深い膝上パウ、コス4下に較べ嫌な底付きもありません。
多少喰われた後でもモサ感は感じず、3本程回せました。

Img_1716
【写真上】続いてココ、コス4下小谷側。
もっと凸凹した下地かと思いきや、意外と表雪下のギャップは小さ目。
コスモリバーやコス4大町側に較べアタックするゲストが少なく、昨日のいいもりでは一番パウタイムが長く続きました。

Img_1713
【写真上】9:15、何故か一旦喫煙所へ。
コス4下小谷側でスキーのトップが重なりクラッシュ。
深重雪なので変な膝の捻り方をして一瞬ヒヤリとしましたが、大事には至らず。
ウェアの雪を払いつつ一服、メンタルをリセットしてからアクテティビティ再開です。

Img_1717
【写真上】9:20、平日のいいもりとしては結構な混み具合。
ゴンドラの運行開始目処が全く立たないので、ソコソコ以上の足前の方はみんなこっちに流れ込んできました。
必然的にコースの荒れも早く、パウ祭りは終了カウントダウンです。

Img_1721
【写真上】そんな訳でコス4小谷側も…、

Img_1724
【写真上】大町側も「完売御礼」。
10時半頃には全て食い尽され、以降深雪のモサグサ化進行。
丁度11時頃となったので、午後のオシゴトに向けて〆と致しました。

スラ板では悪戦苦闘する深新雪でしたがコレはコレで楽しいもの。
こんなディープパウダー、今シーズンはあと何回滑れるのでしょうね。

 

|

« ●BIG POW(heavyish) | Main | ●2016/17.四十滑目「五竜ナイター」 »