« ●2016/17.三十一滑目「五竜&47」 | Main | ●2016/17.三十三滑目「五竜&47」 »

2017.02.11

●2016/17.三十二滑目「五竜&47」

えー、約三ヶ月半の冬季雪山就労日誌、53日目。

土曜日と祝日がバッティングしたウィークエンド。
早朝から人出の多さも然る事ながら、それに輪を掛けて多かったのが積雪量。
昨夜未明からのドカ雪は今朝になっても衰える事を知らず、日中になっても「ドッカンドッカン」と降り続いておりました。
山麓部でも10㎝強の積雪、ゲレンデトップのオフピステではもっと積もっていたんじゃないでしょうか。

で、本日の私めはオシゴト中抜け番。
何時もの様にゲレンデに繰り出すのでした。

Img_1393
【写真上】11:40、今日はスタートからいいもり狙い。
例に由ってコス4下の小谷側と、

Img_1394
【写真上】大町側にエントリー。
未圧雪の小谷側は然程踏み固められておらず、モサっとした荒新雪バーン。
踏み込んでも下地には遠く届かず、かと云って浮力を得るにはすっかり食い散らかされています。
トップ抜けの悪い吹き溜まりの凹凸に足場の掴めない脆弱な深雪、抵抗が多くスピートを殺される未圧雪特有のギャップ。
SL板としては、一番滑り辛いコンデションでした。

Img_1397
【写真上】で、グランプリから神城ゲレンデへ。
グランプリも軟雪独特の滑走荒れ、ソフトでノイジーなバーンコンデション。
今日の午後はドコ行っても同じ様な雪質、だったら開き直っての神城チョイスです。

Img_1400
【写真上】当然スラ板では悪戦苦闘。
二日続いての大雪で、最深部では膝高のディープスノー。
トラック跡を滑っても簡単にブーツ高くらい迄は沈んじゃいます。

因みに今日の神城ゲレンデ、滑走跡自体が少なく踏み固められた感は殆ど無し。
土曜日の「激パウ日」なのでもっと荒らされてるかと思いきや、正午を過ぎた時間帯でも意外と良コンデションをキープしていました。

Img_1399
【写真上】深い…。
結構踏まれているメインのラインでも、止まったらこんな感じでブーツ埋没。
嗚呼、今日はツインチップ借りてくりゃ良かった…。

Img_1388
【写真上】とおみゲレンデは相変わらず大人気。
初心者とファミリーにとってのメインバーン。
特に山頂のパノラマゲレンデが悪天候の日は、ココに一般ゲストが集中します。

結局この後はゴンドラ回しで、ダイナミック→神城を3回滑って「上り」。
15時からのオシゴトリターンに備え、体力も温存しときゃいけませんしね。
おしまい。



|

« ●2016/17.三十一滑目「五竜&47」 | Main | ●2016/17.三十三滑目「五竜&47」 »