« ●2016/17.三十六滑目「五竜&47」 | Main | ●雨の休日 »

2017.02.17

●2016/17.三十七滑目「五竜&47」

えー、約三ヶ月半の冬季雪山就労日誌、59日目。

本日はオシゴトオヤスミで、「終日」「充実」のスキーライフを目論んでいた私め。
只、この日の白馬エリアは遍く「雨模様」の嫌~な天気予報。

まぁ予報は良い方に外れる事を祈りつつ、何時も通りに早朝起床。
朝イチのピステバーンを狙いにゲレンデに向かうのでした。

Img_1629
【写真上】7:50、テレキャビン山麓駅前にて。
早朝時点では点描程度の雨足だったのが、ゲレンデオープンが近づくにつれ糸を引く様な小雨模様に。
うーん、こりゃ今季初の「雨中滑走」確定だな…。

Img_1630
【写真上】8:15、テレキャビン乗車。
天候良化の願いも虚しく、フツーの雨模様となってしまいました。

Img_1631
【写真上】8:30、アル3の運行開始遅れてる…。
アル4は動いてるのですが、この天候で長いリフト乗るのも気が進まない…。
そんな訳で1stランはダイナミックからの下山コースを取る事に致しました。
それにゴンドラ回しの方がウェアの浸水被害も少ないですしね。

Img_1632
【写真上】久し振りの朝イチダイナミック。
シャバ気味のウェットスノーでしたが板の走りは良好。
何より一番乗りの真っ新コースなので雪面コンタクトは安定しており、スキー操作は自由自在。
急斜パートならではの落下Gと加速感が楽しめました。

但し、

快適に

滑れたのは

ココ迄でした…。

Img_1634
【写真上】8:55、再びグランプリへ。
仕切り直しでアル3回しを始めますが、既に雨は「ザーザー降り」です。
グローブとウェアは次第に浸水、そしてそれ以上に厄介だったのがアイウェア。
只でさえフラットライトで雪面情報を拾い難い上、ゴーグルに付着する水滴が視界を遮ります。

濡れ鼠状態でスピードコントロールに気を使いつつの6割滑。
しかも風も強く吹き始め、リフト乗車中に身体も冷え込み硬くなって参ります。
滑ってても全~然楽しくないので、一旦いいもりへ下りる事に致しました。

Img_1639
【写真上】誰~も居ないいいもり。
ザーザー降りの中「グローブは完全被弾」「インナーウェアにも浸水開始」。
雨雫によるゴーグルの視界不如意も酷くなって参ります。

「もう止~めたっ… ヽ(○´3`)ノ」

何時もなら雨でも滑走強行するのですが、今シーズンは一冬籠りの身。
「雨でも何でも兎に角滑る」と云うストイックさは欠如しています。
そんな訳で10時前にゲレンデ退散、折角のオフ日を殆ど棒に振る結果になってしまいました。

Img_1646
【写真上】エスカル前の坂道は一部濁流化。
因みにこの後降り足は更に酷くなり、文字通りの土砂降り状態に。
今冬の白馬は過去4度の雨日がありましたが、今日が一番非道かったです。

で、私めの今後のオシゴトシフトは、明日から5日間オフ無し。
スキーライフ的に「ヒジョーに痛い」雨の休日なのでした。

|

« ●2016/17.三十六滑目「五竜&47」 | Main | ●雨の休日 »