« ●「BIG DAY」 | Main | ●It's a perfect day »

2017.02.03

●2016/17.二十六滑目「五竜&47」

えー、約三ヶ月半の冬季雪山就労日誌、45日目。

本日はオシゴト「中抜け番」、正午前から約2時間のスキータイムです。
しかし二月に入り、白馬地方は連日の暴風続き。
一昨日も昨日も「ゴンドラ運休/運行の繰り返し」「ゲレンデトップのリフトは終日運休」の日々が続いています。
そして本日も強風の猛威は収まらず、此処五竜ではテレキャビンこそ運行しているもののアルプス平の各リフトは終日運休となっておりました。

そんな訳で今日はテレキャビンは使わずに、いいもりゲレンデ直行。
コスモフォー回しでトレーニング滑に勤しむ事と致しました。

Img_1072
【写真上】12:20、いいもり到着、コスモフォー乗車。
さーて、今日は何処をメインで回そうかな~♪。

Img_1073
【写真上】おっ、ストレートウイスキーがフラットになってる。
何時もはオフピステのコスモ4小谷側に、珍しく圧雪が入ってます。
大町側にもまして片斜&コンベックス形状のテクニカルな急斜面、取敢えず今日のメインバーンはココに決まりました。

Img_1082
【写真上】で、このコースが、

Img_1088
【写真上】無茶苦茶「楽しいっ♥♥♥」。
写真の様にガリッガリ、しかもバンピーなアイシーバーン。
その上、至る所処に「小じゃが」やら「プチトマト」やら「金平糖」が散乱しています。
しかしアイスバーンの割りにグリップはしっかりしており、トップからしっかり捉えていけばエッジの噛んでくれるバーンコンディション。

前半スキッド入れつつ縦目に走らせ、後半カービングのショート回し。
一段折れて急斜になる辺りで落とされ気味の滑りになりましたが、スピードは殺さずポジションをリカバー、最後の中斜パートはカービングで切って滑る。
気分は「プチ.アーデルボーデン」、SLチックな気分が味わえました。

Img_1090

Img_1097
【写真上.下】あ、そー云えば今日は「節分」です。
だからって、ゲレンデに豆撒かなくてもイイのに…。
とおみ/いいもりのゲレンデ下部では、バーン一面に氷豆が転がっていました。

Img_1116
【写真上】しかし、いいもりでも強風「ゴーゴー」。
13時半を過ぎると吹き下ろしの風が強くなり、コスモ4も減速運転。
時折巻き上げる旋風に、滑走中煽られる事もしばしばでした。

Img_1124
【写真上】バーン表面の雪は吹き飛ばされ、至る所処「ツルンツルン」。
硬下地の雪面が露出、しかも小ギャップの多いバンピーバーン。
ま、ある意味「いいもり」らしいゲレンデコンディションですけどね。

Img_1121
【写真上】コスモ4下のコースもこんななっちゃいました…。
表雪は全て地吹雪で消し飛び、「ガリガリ」「ザラザラ」の青光りする下地が露出。
こーなるとエッジグリップも心許なくなり、板が流されて後ろ乗りになったり、逆に前傾過多でつんのめったり、とミスの多い滑りが目立ち始めました。

でもコレはコレで面白く完全にスイッチ「ON」、モチベーションは上がりっ放し。
やっぱりアイシーなハードパックバーンは楽しくて仕方ありません。
結局2時間ずーっとストレートウイスキー回し、オシゴト復帰のタイムアップ寸前まで氷雪と戯れていました。

Img_1128
【写真上】今日はナイターもテンション高めで。
いいもりで「ON」になったスイッチはオシゴト後も収まらず、ナイター参戦。
滑走時間自体は短かったものの、今日は充実したスキーライフでした。

|

« ●「BIG DAY」 | Main | ●It's a perfect day »