« ●2016/17.二十八滑目「五竜&47」 | Main | ●2016/17.三十滑目「五竜&47」 »

2017.02.07

●2016/17.二十九滑目「五竜&47」

えー、約三ヶ月半の冬季雪山就労日誌、49日目。

本日は6日振りのオシゴト「オフ日」にて、終日ガッツリ滑れる久し振りの機会。
曇空と湿雪も何のその、とばかりに勇躍ゲレンデインです。
しかしオープニングタイムに待っていたのは、主戦索道が軒並み運休。
朝イチグランプリ「かっ飛びロング」回しは次の機会に持ち越しとなりました。

Img_1211
【写真上】8:10、今日のブレックファースト走はいいもりコス4。
前夜の大雪でテレキャビンは運行遅延と、早々のインフォメーション。
尤もゴンドラ搬器は流れ始めているので、ポールバーンを2本回してからテレキャビン駅に向かいました。

Img_1215
【写真上】8:50、グランプリ。
テレキャビンは8時半に動き出したものの、アルプス平の全リフトは強風と安全確認の為に運転見合わせ。
47への流れ込みも禁止されてるので「下山コース一択」しかありません。
今日のグランプリ~ダイナミックコースは圧雪バーンに10㎝弱のパウ堆積。
雪も結構良かっただけに、チト恨めしい天候不良でした。

Img_1228
【写真上】そんな訳で①に戻る。
こんな日はいいもり道場でトレ滑するに限ります。

Img_1229
【写真上】ほんの時折ですが、雲間より太陽の覗く時間帯も。
ブルーグレーの曇天模様も、視界はフラットライトちょい手前。
薄日が射せばバーン状況を目視出来る気象コンディションでした。

Img_1230
【写真上】今日の主戦コース①、スノーダイビングからコスモリバーへ。
早い時間帯のスノーダイビングは新雪のクッションが利いて、グリップし易いコンディション。
但し急斜面と狭いコース幅が故に横ズレでブレーキを掛ける方も多く、次第に洗濯板みたいな荒れが目立ち始めました。

Img_1231
【写真上】今日の主戦コースその②、コス4下.小谷側。
なんか最近、ずーっとココばっかり回してる様な…。
下地はしっかりしているもののモサッとした新雪の滑走荒れ。
やや板走りの悪いコンディションで、つんのめり気味になる事もありました。

Img_1232
【写真上】今日は埼玉県のモーグル大会開催中。
コス4から見物出来るので、リフト乗車中飽きる事がありませんでした。

Img_1240
【写真上】所処で今日のいいもりは、

Img_1250
【写真上】平日とは思えない程の人出で、

Img_1254
【写真上】大盛況の一日でした。
モーグル大会がある事に加え、午前中はアルプスのリフトが全休。
とおみサイドから流れ込んで来た中.上級者のゲストも多かったです。
あと甲信越予選をクリアしたと思われる、「技選」的な方々もおられました。

こうして9~12時の間、ずーっとコス4回しの三時間。
一旦ランチを入れ、その後は再びアルプス平に向かいました。

Img_1256
【写真上】13:00、グランプリ。
アル3は12時半を過ぎて、漸くの営業スタート。
そのお陰でグランプリ上部のパウダーは「取り置き」状態となっていました。
特にスキーヤーズライトのアル2沿いは15~20㎝積雪のノートラックが残っており、朝イチ並みのバウ食いコンディションが楽しめました。

「よーし、午後はアル3回しでスノーサーフィン」と思った矢先…。

Img_1263
【写真上】13:20、「ビュービュー」「ゴーゴー…。
3本目の乗車中から、強烈な地吹雪襲来。
吹き下ろしの暴風と撒き上げられるカーテンスノーで視界はシャットダウン、立っているのも難しい状況が暫く続きます。
この5分後にアルプス平のリフトは再び全面運休、今日アル3が動いてたのは正味30分程の間だけでした。

Img_1272
【写真上】下山はエキスパートから神城ゲレンデへ。
やっとコースが開いてる日に当たった♪。
この時期になって漸くの、今シーズン「初神城ツアー」です。

Img_1274
【写真上】アプローチは殆ど崖。
「コース」と云うより寧ろ「トレイル」、しかも樹林間の幅が狭いので板を横にするスペースも取れません。
白樺相手に「片ハン」とかも洒落にならず、安全滑走のツリーラン。

Img_1281
【写真上】樹林帯を抜けると旧神城スキー場エリアへ。
漸くスペースの開けたオープンカントリー。
此処からはSLの競技板でも遊べるオフピステエリアです。
パウダーは粗方食いつくされていたものの踏み固められた感も無く、クッションの利いたソフトな雪面タッチが楽しめました。

Img_1291
【写真上】13:40、三度いいもりへ。
午前中に引き続き、写真の小谷側2コースを延々と∞ループ滑。
時間が経つにつれバーンの荒れは増してきましたが、然程気温が下がらなかったので変なクラスト化や急激な下地氷化も無し。
予想以上に一定したコンディションを保ってくれていました。

と、今日は殆ど「いいもり籠りっ切り」。
この2コースで一日の9割を回していたんじゃないでしょうか。
それにしても今シーズンは、本当にいいもりのコンディションが良い。
昨季はハイシーズンの一時期を除いて使いモノにならなかっただけに、より一層その有難味を感じます。

この後はしっかりナイター迄滑って、一日のアクテティビティを終えました。
おわり

|

« ●2016/17.二十八滑目「五竜&47」 | Main | ●2016/17.三十滑目「五竜&47」 »