« ●病院へ行こう | Main | ●「3日目のユ・ウ・ウ・ツ」 »

2017.02.23

●アバラ「バラバラ」

えー、約三ヶ月半の冬季雪山就労日誌、65日目。

オシゴトオヤスミの日、「ゲレンデ」では無く何故か「クリニック」に向かった私め。
前ログ「病院へ行こう」の続篇です。

Img_1756
【写真上】白馬診療所の入口を潜ります。
血圧測定/パルスオキシメーター測定の後、怪我損傷の状況説明。
その後レントゲン室へ向かいます。

Img_1758_2
【写真上】背部正面からのレントゲン写真、

Img_1759
【写真上】胸部斜面からのレントゲン写真

「左第五番肋骨、骨折…」。

まぁ昨夜のうちに自覚していたので、精神的にショックは無し。
だって左胸内で折れた肋骨が「グラグラ」「ポキポキ」いってるんですもの…。

レントゲンだけでは詳細な損傷状況は断定出来ず、若しかすると前後の肋骨にもヒビが入ってるかも知れないとの事。
あと、折れた肋骨が少し嫌ななズレ具合をしてるらしいです。
取敢えず血胸や心挫傷など合併症の発症は見られないものの予断は禁物。
1~2日経って呼吸の違和感や痛みが増す場合、CT取って精密検査が必要との診察見立でした。

因みに今んトコ、呼吸困難/チアノーゼ/冷感/頻脈の症状は無し。
鎮痛薬の効果もあり、単に突っ立ってるだけや座ってるだけの静止状態なら大して痛みも感じません。
しかし身体の伸縮動作を行うと、日常生活レベルのそれでもピリッと痛みが発生。
特に左手/左半身を使っての動作は「ドアノブ回したり」「軽いモノ持ったり」「衣服の袖を通したり」と云った些細な動きですら気を使います。
そして何より辛いのは「咳き込んだり」「鼻を啜ったり」すると、骨折部位を中心に激烈な痛みが走ります。
この状態で「ゴホンゴホン」と風邪でも引いたら…、考えるだけでもオソロシイ。

何故こんな有様になってしまったのか、理由は明日にでも。
うーん、今シーズン本当に「終わった」っぽい…。

|

« ●病院へ行こう | Main | ●「3日目のユ・ウ・ウ・ツ」 »