« ●2016/17.五十三滑目「五竜&47」 | Main | ●「Eight Days A Week」 »

2017.03.19

●2016/17.五十四滑目「五竜ナイター」

えー、約三ヶ月半の冬季雪山就労日誌、89日目にて残り16日。
及び左五番肋骨、骨折後26日目…です。

本日はオシゴト「通し番」の私め。
「いゃあ、今日は忙しかった(疲)…」

Img_2844
【写真上】8:00、早朝時点でこの人出。
ウィークエンドのとおみゲレンデは6時半からのサンライズ営業。
しかも今週は三連休、8時時点で既に多くのゲストが滑っておられました。
下手すりゃ平日の日中並みの混雑振りかも…。

尚、今日の白馬は未明から明け方に掛けて小雨が降っていたらしく。
どんよりとした乱層雲とレースカーテンの様な雨霞が山頂付近を覆っていました。

Img_2856

Img_2858
【写真上.下】今日の五竜は年末年始を思い出させる混雑振り。
至る所、人、人、人…。

Img_2851
【写真上】15時を過ぎても人の引く気配は殆ど無し。
アルプス平の各リフトは強風の為、正午過ぎに全面運休。
それもあって初心者のゲストはとおみゲレンデに集中してしまいました。

Img_2854
【写真上】何処を滑って下りりゃイイんでしょう…。
三連休の中日+春スキーシーズンでリフト料金は割引(長野県民は半額)。
その上毎月第3日曜日の長野県スキー場は「スキーこどもの日」。
小学生以下のお子様はリフト料金が無料なので、何時もより子供連れのファミリーゲストが多く見受けられました。

と、ゲレンデの混雑振りがコレですから、そりゃオシゴトも「てんやわんや」の一日。
「心地良くない疲労感」が心身ともに蓄積、何かフラストレーション発散しない事にはやってられません。
そんな時には「やっぱり滑ってスッキリしなきゃ♪」
と云う訳でオシゴト終わりし後、久し振りにナイトスキーに出掛けて参りました。

Img_2861
【写真上】17:50、ナイター10分前のとおみゲレンデ。
通常営業終了後、ゲレンデには圧雪車が入りコースメンテ。
バーン一面には綺麗なコーデュロイストライプが描かれています。

Img_2862
【写真上】が、雪はこんな感じ。
ブーツで歩くと足元が「ズボズボ」と沈む、ザクザクのザラメ軟雪です。
ま、この時期だからコレはしゃーないですね。

Img_2869
【写真上】こんなフラットバーンは最初の2本まで。

Img_2870
【写真上】3本目には深い滑走溝で荒れ始め、

Img_2881
【写真上】30分しないうちに、グッサグサのザブ雪化。
でもスタートからの15分/3本はそれなりに板も走るグルームバーン、意外とエッジも抜き易かったです。
人も少ないのでターン幅取った深回りのミドルで遊んでました。

そんな訳でオシゴト激務のストレスも発散、メンタルリフレッシュも完了。
40分程度のアクテティビティでしたが、意外と楽しいナイトスキータイムでした。

|

« ●2016/17.五十三滑目「五竜&47」 | Main | ●「Eight Days A Week」 »