« ●「2016/17.八方尾根」ファイナル | Main | ●2016/17.六十滑目「五竜&47」 »

2017.03.24

●2016/17.五十九滑目「五竜&47」

えー、約三ヶ月半の冬季雪山就労日誌、94日目にて残り11日。
及び左五番肋骨、骨折後31日目…です。

本日からオシゴト午後番「四連チャン」の私め。
朝イチからのモーニングスキーが楽しめる、魅惑のシフトが続きます。
昨日のオフ日「八方尾根.ヘヴィワーク」で身体は鈍重く、疲労も抜け切ってないのですが、それでも7時にはきっちり起床。
今朝もテレキャビン一番乗り、勇躍グランプリへ向かったのでした。

Img_3278
【写真上】今日の白馬はドカ雪の朝。
昨夜から降り続いた雪は今朝になっても降り足衰えない大雪模様。
三月下旬でこの降雪、スキー場にとっては正に「恵みの雪」です。

Img_3280
【写真上】8:15、白闇の中に突入するテレキャビン。
ゲレンデミドルからトップに掛けては分厚い濃靄の世界、一つ前を行くゴンドラ搬器の影すら見えません。
うーん、今日も視界不如意のアクテティビティとなりそう…。

Img_3283
【写真上】テレキャビン山頂駅からグランプリへ。
意外にもゴンドラは山頂付近でガス帯を突き抜け、ゲレンデトップはソコソコ視界の利くコンディション。
よーし、これなら充分回せるっ!。

Img_3284
【写真上】8:25、「営業連絡、22番トップです」。
今日のアルプス平は雪だけでなく、冷え込みも「寒の戻り」。
風が吹いていた事もあり、リフト乗車中は体感で-5~7℃程の寒さに感じました。
グローブの指先が冷たく感じたのって、ホント久し振りです。

Img_3287
【写真上】テレキャビンからグランプリへの連絡路。
丁度この辺りがガスの切れ目。
濃霧帯は「グランプリ下部~ダイナミック」のゲレンデミドルに居座ってる模様。

Img_3288
【写真上】おっ、上は意外とクリアな視野コンディション♪。
ややフラットライト気味も、これ位見えりゃ文句無し。

Img_3291
【写真上】面ツルバーンの1stトラック、「頂っ♪」。
今日のグランプリはピステン上に踵高の新雪。
三月下旬としては軽めの雪質で、スキーの抜け/走りともにまずまずです。
下地のガリ感はありましたが、ソールを使ってルーズに走らせているとソフトな雪面フィーリング。
ノートラックのラインでは心地良い浮遊感すらあり、最初の2本で早起きの「モト」は取った感じです。

Img_3292
【写真上】駄菓子菓子…。
スタート3本目から、ガスは上部を浸食。
次第にグランプリ全域が視界の利かない悪コンディションとなっていきます。

Img_3301
【写真上】うーん、パノラマゲレンデの方は視界クリアなのに…。
アル3の索道ラインが「ガス」と「高曇り」の境界線。
視界良化に一縷の望みを託し、暫く粘っていましたが…。

Img_3296
【写真上】アル3回し4本目。
「春のガス祭り」、真っ盛り…。
遂にグランプリは濃靄の完全支配下に。
どーしよーも無いので、一旦47へ流れ込む事に致しました。

Img_3307
【写真上】しかしこの選択が大失敗。
47も御覧の様なガス模様、しかも標高が下がった分雪質は悪化。
ルートは圧雪掛かったのが夜間らしく、バーン上には10~15㎝のモサグサ雪。
「荒」「重」「湿」三拍子揃った、滑走抵抗が大きいだけの腐れ新雪です。

Img_3316
【写真上】ラインCより、R1.トップ部。
比較的ガスが薄いエリアでもこんな有様。
だったらまだ雪の良い分、グランプリで回してた方がマシです。
早々に47撤収、アルプス平へ戻る事に致しました。

Img_3320
【写真上】9:30、ラインEにて一写。
パノラマゲレンデ~ラインE沿いのコースは視界も良好、右手の空には晴れ間すら覗いてます。
「お願い、グランプリのガスが切れてます様に…」。

Img_3323
【写真上】9:40、しかしそんな願いも虚しく…。
グランプリは相変わらずのヘヴィガス。
ダイナミックコースの視界が利けばテレキャビン回ししようとも思ったのですが、ダイナミック~ウッディもガス帯のど真ん中。
仕方無いので、そのままいいもりに下りる事と致しました。

Img_3331
【写真上】いいもり、ポールバーン。
いいもり/とおみのゲレンデボトムは視界も良好、空からは薄日すら射しています。
しかしコス4からの主要3コースは、オフピステと云う名の「なおざり」状態。
コース整備は放棄され、ほったらかしとなっています。

Img_3326
【写真上】コス4下、小谷側。
モッサモサな湿潤新雪の下には、板叩かれ捲りの荒れ放題な下地。
とても滑ってて楽しいコンディションじゃありません。
此処数日のいいもりは大体に於いてこんな感じ。
雪量は豊富なんだから、1コース位はちゃんとピステン入れて欲しいな…。

と、ガスに祟られたモーニングスキータイム。
昨日の「八方疲れ」もあり、2時間で早々と切り上げました。
けど、11時過ぎからはガスも引き、ピーカン日和になったんですよね…。
そんな訳で「早起きして、却って損した」一日でした。

|

« ●「2016/17.八方尾根」ファイナル | Main | ●2016/17.六十滑目「五竜&47」 »