« ●惜別滑 (with IIMORI) | Main | ●惜別 (with winter) »

2017.03.31

●2016/17.六十六滑目「とおみナイター.ファイナル」

えー、約三ヶ月半の冬季雪山就労日誌、101日目にて「マジック4」。
及び左五番肋骨、骨折後37日目…です。

Img_3940
今日の白馬は朝からどんよりとした曇り空。
火曜日から続いていたた春晴れの青天も、三日間でストップとなりました。
ま、今日はオシゴト「通し番」の私め。
晴れてても曇ってても、アンマリ関係ないんですけどね。
そー云や、日中スキーを履かなかったのは「10日振り」でした。

Img_2977
早いもので三月も今日でお終い。
そして今夜は「白馬五竜.とおみゲレンデ」のナイター営業最終日です。
「ザクザク」「グサグサ」の重層ザラメの砂浜雪ですが、カクテルライトに照らされた夜のゲレンデを滑るのもこれが最後。
そんな訳で夕食を終えた後、急ぎとおみゲレンデへ向かうのでした。

Img_3944
【写真上】17:40、ナイター営業開始前のとおみゲレンデ。
ナイターが始まった頃(12月下旬)は真っ暗だったこの時間帯、今では未だ照明無しで滑れる位です。
明日からはもう四月、そりゃ日も長くなるものでして。

Img_3945

Img_3946

Img_3948
【写真上.中.下】ピステンブーリー、PB400三写。
ナイター営業前のピステン仕事が見たくて、ちょっと早めのゲレンデイン。
圧雪作業は普通深夜か早朝に行われるものですから、圧雪オペレーション風景ってのは意外と目に出来ないものなのです。

Img_3951
【写真上】18:00、ナイター開始。
日中の強い陽射しと高温で、すっかりザラメ軟雪と化したとおみゲレンデ。
バーンコンディションはスタート時からしてザブザブのコーンスノーです。
しかもゲレンデ自体が「チョ~緩斜面」なものですから、スキーが全く走りません。
ま、この時期のゲレンデボトムで雪質は期待していませんけどね。

Img_3952
【写真上】私めの戦闘服、デサント/アルペンスイスチームレプリカ。
此処一週間はすっかり春の陽気、日中のアクテティビティはミドラー滑の私め。
五竜でコレ着て滑るのは、今夜が最後かな…。

Img_3954
【写真上】チラホラ舞う六花。
夕刻から降り始めた小雪は…、

Img_3974
【写真上】何時の間にかワッサワサと本降りに。
三月晦日で未だ雪の降る白馬。
今シーズンは積雪量充分、ヨユーでGW迄スキーが楽しめそうです。

Img_3981
【写真上】2016/17シーズン、とおみナイター〆の一本。
中盤までクラウチング組んで、2~3ターンしてあとは直滑降で下りるだけ。
滑ってて楽しいとは云い難いコンディションでしてたが、これが最後のナイトスキーだと思うと感慨一入なもの。
ボチボチと人出が増え始めた頃が良い潮時、1時間弱で切り上げました。

所処で「白馬五竜.冬籠りスタッフ」の方々は、その殆どが本日で「オシゴト終了」。
明日か明後日のうちには、皆さん下山の途に就かれます。
そんな訳で今夜のナイターが「滑り納め」になる方も多く、引き上げる帰路で多くのスキーヤー/ポーターさんとすれ違いました。

そんな訳で「冬」と「スキー/スノボライフ」と「一冬の知己」と、そして「白馬」と。
色々な別れが一杯に詰った、シーズン最後のナイターゲレンデなのでした。

|

« ●惜別滑 (with IIMORI) | Main | ●惜別 (with winter) »