« ●2016/17.六十五滑目「五竜&47」 | Main | ●2016/17.六十六滑目「とおみナイター.ファイナル」 »

2017.03.31

●惜別滑 (with IIMORI)

えー、約三ヶ月半の冬季雪山就労日誌、101日目にて「マジック4」。
及び左五番肋骨、骨折後37日目…です。

昨日3月30日の滑走記スピンオフ、「いいもりゲレンデ」篇。
五竜いいもりゲレンデはこの翌日、3月31日を以て今シーズンの営業を終了。
私め31日はオシゴト通し番で滑りに来れず、一日早めの「最終日」です。

そんな訳で今季メインで滑っていた「ポールバーン(サニーウェイ)」「コス4下.2コース(コスモリバー)」の主戦3コースを一本づつ回しての「お別れ滑」。
今シーズン最後の「いいもり道場」になりまする。

Img_3860
【写真上】10:45、いいもり.ソフトクリームコース。
アルプス平からゲレンデ山麓部に下りてくると、一面ザブザブの砂浜雪。
但しとおみ側に較べいいもり側はゲストが極端に少なく、雪は緩んでいるもののコース荒れそのものは最小限でした。
それでも「ソフトクリームコース」と云うよりは「シャーベットコース」でしたけどね。

Img_3866
【写真上】コス4回しもこの日が最後。
リフト乗り場直下の湿地帯こそ地面が露出していますが、積雪量は全コース豊富。
ハリネズミが立てられているのは2箇所程度です。
何せ去年の今頃は、いいもり全域が
「チャンメロ」だらけでしたから…。

Img_3870
【写真上】いいもりトップより、頸城の山々を望む。
サニーウェイ小谷側は雪崩の恐れがあるので2週間前から閉鎖。
大町側は入りからして「ボッコボコ」でした。

Img_3871
【写真上】今日は飛行機雲が綺麗に映える空だ事。
蒼天の空に糸引くコントレイル、因みに「蒼天」は春の季語なのでして。

Img_3874
【写真上】コスモリバーのトラバース路。
中くらいの起伏にザラメがてんこ盛り、凸部は浅いが凹部が深いバンクコブ。
ま、此処は基本非圧雪なので仕方無いのですが…。

Img_3877
【写真上】「ザブザブ」のコスモリバー。

Img_3884
【写真上】「グサグサ」のストレートウイスキー.小谷側…。

Img_3889
【写真上】「モッサモサ」のストレートウイスキー.大町側…。
コス4周りの上掲3コースは、三月中旬頃から全面オフピステ。
と云えば聞こえは良いですが、要するにピステン放棄のほったらかし状態です。
コースメンテされていないので滑走ゲストも殆んどおらず、結果コブらしいコブも出来ずと悪循環。
この日も宛ら「雪の無法地帯」と化していました。

せめてポールバーンかコス4大町側、どっちかは圧雪入れて欲しいな…。

Img_3891
【写真上】そんな訳で「いいもり.ラス滑」はパウダースノー回し×3。
ソフトクリームコース同様、滑走荒れが殆ど無いので緩んだコーンスノーの割りに走りは良好。
但し雪面とのやり取りは優しく繊細に。
少しでも過度な荷重をすると「ズブズブと沈みます…」。

Img_3892
【写真上】サヨナラいいもり、また来年ね。
今シーズンのいいもりはスタートこそ雪不足で遅かったものの、1月中旬以降は近年に無いグッドコンディションを維持。
「キレキレのピステン」に「フカフカのパウ祭」に「ガリガリのアイシーバーン」と、様々なスノーシチュエーションをを楽しむ事が出来ました。
いいもりのコース状況が良好だと「アル3が強風で止まってたり」「グランプリがガスってたり」しても、然程困らないんですよね。
特に今季はコス4下.小谷側をヘビーローテーション、充実した「いいもりアクテティビティ」を送れました。

Img_0428

Img_1082

Img_1626_2

そんな訳で惜別のいいもり滑.ファイナル。
「サヨナラいいもり、また来年ね」。

|

« ●2016/17.六十五滑目「五竜&47」 | Main | ●2016/17.六十六滑目「とおみナイター.ファイナル」 »