« ●「手賀沼エコ」速報 | Main | ●「第23回手賀沼エコマラソン」後篇 »

2017.10.29

●「第23回手賀沼エコマラソン」前篇

えー、本日は早朝より「千代に八千代に」千代田線、東葛方面へ。
台風22号が関東地方に接近する中、雨のマラソン大会エントリー。
2017年.秋、走活初走となる「第22回手賀沼エコマラソン」に参加して参りました。

昨年初参加したこの大会、評判以上の高速フラットコースで即「リピート確定」。
今年もエントリー開始時刻に狙いすましてのランネットアクセス、無事出走権を得てスタートラインに立つ事が出来ました。

そんな訳での「手賀沼エコ」大会リポ.前篇になりまする。

Img_7047
【写真上】8:45、北柏駅とーちゃく。
柏と我孫子に挟まれた小駅、改札周りは参加者ランナーで鈴生り。
一日の平均乗降客数(2万弱)に対しこの日は早朝だけでその半分近い利用客、駅のキャパぱ一杯一杯です。
しかも外はザーザー降りの雨模様。
レーススタートまで未だ1時間以上もあり、皆さん会場に向かうのを躊躇っておられる様子でした。

Img_7049
【写真上】大堀川沿いをてくてく、会場に向かいます。
薄皮一枚のランニングシューズは、この時点で既にインソールが湿っぽく。
こりゃレーススタート前には「浸水被弾」確定だな…。

Img_7052
【写真上】水溜まりに映る送電鉄塔。
こんな投影風景、あんまり見たくありません…。

Img_7055
【写真上】9:00、会場の「柏ふるさと公園」に到着。
天候がコレなもんですから「イチカシの吹奏楽部」も「レイソルダンサーズのチアリーディング」も中止。
台風対策からアドバルーンも揚げられず、一寸寂しい大会風景となっていました。

ま、その代わりに「傘の花」が咲いてましてたけど…。

Img_7056
【写真上】公園内は「足元不如意」と「嵩張る傘」でごっちゃごちゃ。
舗装通路を歩くと傘と傘が「ゲシゲシとバッティング」。
たっぷりと雨水を含んだ芝生は踏んだだけで「水がじゅわぁ~」。
それを避けると田圃みたいな泥濘みで「べっちゃべちゃ~」。

こりゃとっとと着替えを済ませ、腹括って「濡れ鼠」になった方がマシかな。

Img_7057
【写真上】メインステージ前では開会式の最中。
しかしザーザーと雨降る中、聴衆の姿も疎ら…。
恒例のラジオ体操も中止されたみたいです。

Img_7061
【写真上】着替えを済ませ、トイレ内でエアスプ散布。
昨年初参加の際、ちょっとびっくりしたのが仮設トイレの空き具合。
1万人超の準.マンモス大会としては驚く程少ない混雑で、9時過ぎならほんの2~3分並ぶ程度で直ぐに順番が回ってきます。

御膝元の二市(柏市/我孫子市)からの参加者が1/3以上を占める大会なので、地元の方々は自宅で済まされてくるんでしょうね。

Img_7060
【写真上】フィニッシュゲートを一写。
此処に戻ってくるのは11:23~24頃の予定、扨果結果や如何に?。
多くの参加者皆様は更衣室や陸橋下で雨を凌がれており、記念写真を撮られる姿も殆んど見られませんでした。
逆に更衣室の人口密度は酷かった…。

Img_7067
【写真上】9:20、手荷物を預けてアップ開始。
スタート待機中に身体が冷え込むのは避けたいので、ウインドブレーカーを着込んでのストレッチ&アップラン。
臨戦態勢を整え、15分前にスタート地点へ移動します。

予想通りスタート前にして、シューズもウェアもズブズブに完全浸水。
まぁメンタルがレースモードに切り替わったのと寒さ自体はそれ程でもなかったので、意外と我慢できる不快さでした。
それにこれ以上の豪雨レースを、2011年の「山中湖ロードレース」で体験していますから。…。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2011/05/post-2447.html

Img_7072
【写真上】11:45、「皆さん、完走お疲れ様」の図。
飛んで1時間40分後、会場を後にする際の一コマです。
雨は衰え知らずの降り足で、公園内の通路状況は悪化の一途。
殆んど「磯場の潮溜まり」と化していました。

と、こんな感じの「手賀沼エコマラソン」、スタート前のイントロダクション。
レースリポと大会感想など、後篇に続きます。

|

« ●「手賀沼エコ」速報 | Main | ●「第23回手賀沼エコマラソン」後篇 »