« ●2017/18.一滑目「五竜ナイター」 | Main | ●2017/18.三滑目「白馬五竜」 »

2017.12.24

●2017/18.二滑目「白馬五竜」

えー、約二ヶ月半の冬季雪山就労日誌、三日目。
そして皆さん、「メリー クリスマ~スイヴ」です。

本日はオシゴト中抜け番にて、日中2時間のスキータイム。
12時半に休憩時間に入ると、マッハの速さで昼飯をかっ食らい、プラズマの速さで着替えとスタンバイ。
13時にはテレキャビンに乗り込み、「麗しのアル3♥」「愛しのグランプリ♥」へ。
今冬初となるデイスキー、そしてホームコース滑走へと繰り出すのでした。

Img_8133
【写真上】262日振りのテレキャビン♪。

Img_8134
【写真上】262日振りのアル3♪♪。

Img_8140

Img_8143
【写真上.下】262日振りのグランプリ♪♪♪。

Img_8149
【写真上】262日振りの五龍岳♫。
私めのホームゲレンデ、五竜グランプリコース。
中急斜面の幅広一枚バーン、そして超フラットに仕上げられた圧雪メンテ。
高速ロングでかっ飛ばすなら、白馬でも屈指のコースです。

今日の白馬は午前中こそ青空覗く好天も、正午を境にブルーグレーの曇り空に。
それでも時折薄日が射し視界は良好、フラットライトにもなりませんでした。

Img_8160
【写真上】因みに今日は日曜日のクリスマスイブ。
ゲレンデはさぞかし大混雑かと思いきや、

Img_8164
【写真上】ソコソコの人出で賑わっているものの、

Img_8165
【写真上】意外と空いてました。
平日に較べれば多少混んでいるものの、この程度なら許容範囲。
中速域のショート~ミドルなら滑走ラインも楽に取れるレベル、アル3の乗車待ち時間も殆んどありません。
バーンコンデションも日曜の午後としては最小限の荒れ。
多少の滑走ノイズはありましたが、総じてナチュラルな状態を維持していました。

Img_8172
【写真上】グランプリより、南アルプス(左)と八ヶ岳(右)

Img_8177
【写真上】同、浅間山(左)と四阿山(右)。

Img_8181
【写真上】同、志賀高原の山々。

Img_8188
【写真上】同、飯綱連峰(右)と戸隠連峰(左)

Img_8190
【写真上】同、雨飾から妙高まで、頸城の山々。
曇天の曇り空にも関わらず、北西~東南には見事なパノラマ眺望。
何時もは雲靄に隠れる事の多い南アルプスと八ヶ岳がクリアに見晴らせたのが印象的でした。

Img_8195
【写真上】14:30、ハッピーアワー終了、オシゴトに戻ります。
ウッディコースボトムより望むとおみゲレンデ。
結構な混み具合に見えますが、シーズンピークに較べりゃカワイイもの。
ハイシーズンの最盛期には、この7~8倍くらいの人口密度になります。

Img_8200_2
【写真上】で、18時からはナイターも滑ります。
シーズン二滑目つっても、マトモな中急斜面でのアクティビティは今昼が最初。
予定通り(?)、「問題大盛」「課題山積」の滑りで御座います。
そんな訳での自主練ナイター。
今宵のテーマは「外足にしっかり体重を乗せる外向傾ポジション」と「被せ過ぎない前傾ポジション」の確認作業、「膝と足首の入れる角度を意識した滑り」でした。

取敢えず今ントコ、40点から50点くらいのヘボい滑りです、はい。

|

« ●2017/18.一滑目「五竜ナイター」 | Main | ●2017/18.三滑目「白馬五竜」 »