« ●2017/18.十八滑目「五竜&47」 | Main | ●「HAPPY DAY」 »

2018.01.15

●2017/18.二十滑目「白馬五竜」

えー、約二ヶ月半の冬季雪山就労日誌、25日目。

昨日日曜日はオシゴト「ロング中抜け番」の私め。
11時~15時の4時間がフリータイムで御座います。
しかも天気予報は終日の快晴、更に日曜日にしては少な目のゲスト数。
「今日滑りに行かないでどーする」ってな好条件の整ったウィークエンドのデイタイム、果たしてどんなアクティビティになったのでしょうか。

Img_0169
【写真上】11:40、グランプリ到着。
正午前のグランプリは、ブルーグレーの曇天空でバーンの見難いフラットライト。
雪はしっかり締まっており荒れも少ないのですが、チト攻め難いコンディション。
「ピーカン予報」に胸膨らませていた割には、少し期待外れな空模様でした。

正直テンションも50%低下↓、「1時間程回していいもりに下りようかな…」。
なぞと考えつつ、キレもコクも無い滑りを繰り返していると…。

Img_0177
【写真上】アル3回し3本目。
正午を廻ると、ゲレンデに陽射しが届き始めました。
「よーし、これなら目視でバーン情報を拾える」と、ヤル気30%up↗。

Img_0200
【写真上】そして12時半には、天候劇的回復。
「ピーカンのスキー日和、キタァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!」
元々バーン荒れは少なく、雪質も上々。
それでスカイブルー広がる青空とくりゃ「ヤル気Max」120%⇈に復活です。

Img_0208
【写真上】日曜日のお昼過ぎで、このフラットコンディション。
以後、ハッピーアフタヌーンのグランプリ回し。
ロング/ミドル/ショートを織り交ぜての高速カービングを楽しんでいました、が…。

Img_0218
【写真上】13時、グランプリ撤収。
天候好転から暫くすると、グランプリには続々とゲストが流れ込み。
客足少な目とは云え流石に日曜日、ライン取りが覚束鳴くなってきたのでいいもりへ向かう事と致しました。
まぁ「のち晴れ」後の一番美味しい時間帯は楽しめたからイイか。

Img_0221
【写真上】13:10、「いいもり復活キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」
12/28のオープン以降、「ゲレンデオペレーション放棄状態」だったいいもり。
所処が昨日訪れると、主要3コース(ストレートウイスキー大町側/小谷側/コスモリバー)全てに圧雪が入ってます。

元来、滑り甲斐のある中急斜面が揃っている「いいもりコス4」からの各コース。
コースメンテさえしっかりしてくれれば、これからの利用頻度は格段に上がります。

Img_0222
【写真上】まずはコス4線下、大町側。
入りの急斜部を横滑りで下りてく方が多いので、途中までは階段状の掘れ方。
しかもガチガチのセメントバーンで、縦に切りながらエッジを引っ掛けていく感じです。
中盤以降はややバンピーなもののフラットなバーンコンディション、エッジも入り易い雪質となっていました。

Img_0226
【写真上】しかしココは基礎屋さんグループが屯って使い難い…。
コース塞いで一人づつビデオ撮り、プライベートバーンみたく占有しています。

Img_0227
【写真上】で、メインに攻めるのはココ。
個人的にいいもり一番のお気に入りコース、ストレートウイスキー小谷側。
右流れの片斜&コンベックス形状、中間で一段折れるテクニカルな急斜面。
こっちも「ガリガリ」「バンピー」なアイスバーンでしたが、グリップはしっかりしておりトップからしっかり捉えていけばエッジの噛んでくれるコンディションでした。

と、こんな感じの中抜けスキータイム。
「粉雪コンデションのピーカングランプリ」「ハードパックの日陰いいもり」と、両極端なスノーコンディションを楽しむ事が出来ました。
おしまい。

|

« ●2017/18.十八滑目「五竜&47」 | Main | ●「HAPPY DAY」 »