« ●白馬村神城で迎える大晦日 | Main | ●2017/18.九滑目「五竜ナイター」 »

2018.01.01

●白馬村神城で迎える元日

えー、約二ヶ月半の冬季雪山就労日誌、11日目。
そしてアケマシテオメデトウゴザイマス🎍。

「うーん、正月と云う感じ全くがしない…」。

12月21日に白馬入山して以来、「オシゴト」「スキー」「オシゴト」「スキー」の繰り返し。
オシゴト自体もスキーギアに携わるものなので、実質「スキー一色」。
そして周りに広がる山々と田畑の風景は「白銀一色」。
オシゴト以外の空いた時間はひたすら滑っているので、TVも雑誌も見やしません。

なんて風に下界の時勢と遮絶された生活を送っていると、「年の瀬」「新年」なんて季節感が感じられないのも至極当然。
まぁ一歩外に出れば一面の銀世界、「冬」である事に間違いは無いのですが…。

そんな訳で以下、とある雪山就労者の2018年「元日の過ごし方」で御座います。

Img_8582
【写真上】Happy New Year !
2018年を迎えた場所は、住み込み先の喫煙ルーム。
部屋の窓を開けると、闇夜のゲレンデが炎に染まっています。
「山火事?」それとも「またテレキャビン火災?」。

Img_8589

Img_8586
【写真上.下】否々、新年を祝う打ち上げ花火なのでした。
五竜エスカルプラザでは大晦日の夜に「HakubaGoryu Count Down NIght」を開催。
ナイタースキーの営業と平行して、様々な催しが行われています。
そしてイベントの最後を飾るのが、新年のカウントダウンと打ち上げ花火。

私めは昨年間近で見てたので、今年は室内で寝酒を飲りながらの花火見物。
元日のオシゴトに備え、25時には床に就いたのでした。

Img_8593
【写真上】Happy New Year Morning !
一夜明け、二年続けて白馬で迎える元日の朝。
曇天の灰色空からは昨夜からの雪が止む事無く降り続いており、雪国らしい迎春風情を醸し出していました。

Img_8596
【写真上】7:40、「きゃー、除雪車が襲ってくるーっ」。
今年一番最初に見た「動いてるモノ」がコレ。
果してこれは吉兆なのか、それとも凶兆なのか…?。

Img_8597
【写真上】ゲレンデの駐車場には続々と車が吸い込まれていきます。
元日「初滑り」に来られたスノーマッドな方々。
お正月くらい、家でゆっくりしときましょうよ…。

Img_8603
【写真上】8時前のゲレンデには既に多くの来場者。
とおみゲレンデでは12/29から1/8の間、6時半からの「サンライズ営業」。
しかしこの曇り空ではネーミング負け…と思ってたら、上空では雲間より朧にお日様が顔を覗かせていました。
一応これも「初日の出」になるのかな?。

Img_8605
【写真上】慌ただしい一日が終わり、時刻は18時20分。
昨年に較べるとカワイイ忙しさでしたが、それでもピーク時にはそれなりにバタバタ。
少し残業の後に職場を出ると、とおみゲレンデではナイターが始まっていました。

因みに本日の私め、オシゴトシフトは「通し番」。
当初はナイターで「2018年.初滑り」を楽しむ心算でしたが、取り止めと致しました。
今日の白馬は前夜からの雪がそのまま降り続き、終日の大雪。
しかし気温は-2℃前後と暖かく、落ちて来る雪も「ベチャッ」とした湿り雪。
只でさえ緩斜面のナイターゲレンデで、緩い下地に湿雪堆積となりゃスキーが走らないのが目に見えてます。

と云う訳で、元日は骨休めの「NO SKI DAY」。
9日振りにスキーを履かなかった一日となりました。

Img_8600

そんな訳で、今年も宜しくお願い致します。

|

« ●白馬村神城で迎える大晦日 | Main | ●2017/18.九滑目「五竜ナイター」 »