« ●「♡」のコサージュ | Main | ●2017/18.四十五滑目「白馬五竜」 »

2018.02.15

●2017/18.四十滑目「白馬五竜」

えー、約二ヶ月半の冬季雪山就労日誌、56日目。

本日は先週金曜日、2月9日の滑走記リポ。
この日もオシゴト遅番だった私め、前夜の飲み会を僅か30分で早引けして「早夜就寝」「早朝起床」。
何故なら金曜日の天気予報は朝からsunマーク「100%」。
こんなスキー日和のモーニングタイムを逃す手はありません。

Img_2247
【写真上】8:10、THE DAY」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
「もーこれ以上無い」って位のドピーカン。
三連休を明日からに控えたこの日、白馬の朝は見事なインディゴブルーに染まっていました。

因みに赤黒ウェアの団体さんは、前日からお越しの「摂津一中」の皆様です。

Img_2252_61
【写真上】「業務連絡、トップ61番」。
「青いっ!」
「蒼いっ!!」
「碧いっ!!!」

突き抜ける様に澄んだ、そして吸い込まれる様に深い「BLUE SKY」。
そして「白いっ✨!!!!」

朝陽が乱反射し、眩いばかりに煌めく「SNOW WHITE」。
無人のグランプリには、雪山最強のコントラストが広がっていました。

Img_2255
【写真上】リフト営業開始直後のバーンに、何故か人の姿。
法政小屋にお泊りの法政大学生(若しくはOB)の皆さんです。

で、この日の朝イチグランプリも、見惚れて♡しまう様なグルーミング。

Img_2264
【写真上】コレで♥、
コーデュロイの敷き詰められた一枚バーン、

Img_2256
【写真上】コレで♥♥、
コースの両サイドには、吹き流された雪がファンデーショントッピング。

Img_2266
【写真上】コレっ♥♥♥。
美しいカーヴを描き、神城駅まで続いていそうな急斜面。

でも実はそー云う計画(神城駅にゴンドラ駅舎設置、とおみゲをレンデ神城駅まで延長)も、青写真レベルでは有ったんですよね。

Img_2267
【写真上】右手には唐松尾根(八方尾根)と白馬三山。
パノラマコースのコーデュロイストライプも見惚れてしまうほどの美しさ。

Img_2271
【写真上】1stグルーム、頂きまーす♥。
「圧雪段差」「轍跡」皆無のカンペキなピステンオペレーション。
ややサイドカーブが噛み過ぎるきらいはありましたが、面白い様にエッジが喰い付き噛み深回りのフルカービングがビシバシと決まります。
平日のアーリータイムだけあって、流れ込むゲストの姿も数える程でした。

Img_2277
【写真上】9:50、スタートから一時間半。
「天気サイコー!!!」「雪質サイコー!!」、しかも「人少ない~っ!!!」

Img_2286
【写真上】バーンの荒れもこの程度、絶好のコンディション。
滑走ラインは取り放題、ターンサイズも自由自在のプライベートバーン状態。
10時を過ぎても高速大回りタイムは終わりません。

そんな至福の時間はゆっくりと、それでいて瞬く間に流れていきました。

Img_2290
【写真上】でもボチボチとシンデレラの時間。
蒼天の空に映える五龍岳と、

Img_2298
【写真上】北信のワイドパノラマをカメラに収め、グランプリを後にします。
最後は何時も通り「道場」で〆、いいもりゲレンデに向かいました。

Img_2299
【写真上】10:20、ストレートウイスキー.大町側。
上1/3は何時も通り、「ガリッ」とアイシーな硬バーン。
それでも何時もに較べりゃエッジの噛んでくれるコンディションでした。

Img_2314
【写真上】そして下2/3はグリップ良好なグルーミングバーン。
10時半と云うのにピステン模様「ダダ残り」、ゲストの数も「数える程」。
コレがあるから平日のいいもりは滑走ローテーションから外せないのです。

Img_2309
【写真上】コースに投影する枝梢の翳。
雪と太陽の織り成すアールヌーヴォー、まるで「エミール.ガレ」の世界です。

コス4を4本回してこの日のアクティビティは終了。
「ドピーカンの快晴」「ハイシーズンの上質雪」「ガラガラのゲレンデ」と、一日中滑ってたいコンディション&ロケーションでしたが、其処は山籠り就労者の身。
後ろ髪引かれつつ、ゲレンデを後にしたのでした。

|

« ●「♡」のコサージュ | Main | ●2017/18.四十五滑目「白馬五竜」 »