« ●2017/18.三十九滑目「五竜&47」 | Main | ●2017/18.四十一滑目「五竜&47」 »

2018.02.10

●痛恨…

えー、約二ヶ月半の冬季雪山就労日誌、51日目。

今日より三連休。
今冬最後の三連休。
学生さんは暇してる三連休。
ハイシーズンド真ん中の三連休。
明日と明後日はパウ狙いの三連休。

そんな訳で此処五竜のゲレンデも、「真夏の江の島」「イベント前のネズミーランド」並みに混み合う事間違い無しの三連休で御座います。

所処で本日もオシゴト遅番の私め。
何時もなら「サンライズ営業」から滑り始め「朝イチグランプリ」に向かうのが常なのですが、前日の予報だと今日の天候は「曇り」+「小雨の可能性も有り」。
しかも気温は-2~-3℃と、雪のコンデションもあまり良く無さそうです。
激混みのゲレンデで快適にかっ飛ばせるのも、精々最初の30分だけ。
それに先週みたくオーバーワーク重ねて、オフ日に疲労ピークになるのも嫌だし…。

と云う訳で今日は安息日に当て、滑走オフ日にする事と致しました。

で、昨夜から惰眠を貪る事、約9時間半。
10時過ぎに目を覚まし、窓の外を見遣ると…。

Img_2318

「は、晴れている…」。

ピーカンと迄はいかないものの、薄晴れの広がる水色空。
雨の降った形跡なぞ微塵もありません。

朝スキーから帰ってきたスタッフさんに話を聞くと、
「雪は結構良かったよ」
「上でも早い時間は晴れてたよ」
「でもムチャ混みだったけどね」

「うーん、失敗した…」

痛恨の選択ミスに地団駄踏むも「Too late」。
仕方無いのでテレビでオリンピックを観戦、これからオシゴトに向かう土曜日の昼下がりでした。

|

« ●2017/18.三十九滑目「五竜&47」 | Main | ●2017/18.四十一滑目「五竜&47」 »