« ●早春ノ夜空ニ昨ク花 | Main | ●仕事納め »

2018.03.11

●最後のサンライズ

えー、約二ヶ月半の冬季雪山就労日誌、80日目。
下山日まで「マジック2」、そして2017/18.冬山籠り最後の日曜日です。

例に由って本日もオシゴト遅番の私め、午前中はフリータイムのスキータイムです。
そして今日は日曜日、ウィークディより1時間早起きして「朝イチ」の前の「早朝スキー」に向かうのでした。

Img_4415
【写真上】6:50、取敢えずキャビン駅に板デポ、ゲレンデイン。
土日祝のとおみゲレンデは「サンライズ営業」、朝6時半からスカ4が動いてます。
つってももう三月、今日の日の出時刻は6:05。
すっかりお日様も上がり、ゲレンデを照らすカクテルライトも要りません。

従いフツーの「朝のゲレンデ」と大して変わり無い風景なのでした。

Img_4416
【写真上】7:10、それでは滑りますか。
ま、1時間後に控える「朝イチグランプリ」の準備運動みたいなもの。
大したモチベも無く、ユル~い心持ちだったのですが…。
やっぱり「早起きは三文の徳♪」


この数分後、予想もしていなかった佳景を目にするのでした。

Img_4418
【写真上】「サンライズっ!!」
丁度一本目のリフトを降りたその時。
高度3000~5000m辺りを分厚く覆った乱層雲帯から、徐に太陽が姿を現しました。
その光景は暗灰色の雲層より出ずる、二度目の「日の出」。

今冬最後の「サンライズスキー」で、見事な「ライジングサン」
思いもしない「僥倖」、そして「暁光」を望む事が出来ました。

Img_4423
【写真上】扨、ラスト1本。
今朝のモーニングスキーは4本回して〆。
放射冷却で下地は締まっているものの、やっぱり春のゲレンデ。
バーン一面にグラニュー糖をばら撒いた様なザラメコンデションでした。

と云う訳で、今日が私めにとって今冬最後のサンライズスキー。
次の「サンライズ営業=土日」は、もう白馬には居りません。
つっか、一般客としてゲレンデに訪れる際は基本的に平日スキーヤーの私め。
若しかすると人生最後の「サンライズスキー」になる鴨ね。

扨、オシゴト逝ってきます。

|

« ●早春ノ夜空ニ昨ク花 | Main | ●仕事納め »