« ●五月最後の朝 | Main | ●2017/18.七十五滑目.「月山」 »

2018.05.31

●2017/18.八十六滑目.「月山」

えー、約二ヶ月半の「春スキー&夏スキー」雪山就労日誌、37日目。
本日は一昨日.5月29日の滑走記になりまする。

この日は週に一度のオシゴトオフ日、「待ちに待った」HOLIDAYで御座います。
「曇り/少雨」とパッとしない前日の天気予報も何のその、滑る気満々の早朝起床。
例に由って営業開始20分前、朝イチのゲレンデに乗り込むのでした。

Img_7296
【写真上】7:40、やっぱり雪上車でのアプローチは楽チン♪。
同僚スタッフの出勤CATに乗っけてもらい、下駅に到着。

Img_7300
【写真上】8:00、アクティビティスタート。
一昨日の月山は終日の快晴、良い意味で天気予報は「外れ」。
コレは先週に続いて、二週連続でオフ日の「THE DAY」確定です♪。

Img_7305
【写真上】オープニングの1本目と2本目は沢回し。
朝イチの沢コースは夜間の冷え込みと滑走荒れが無いので、板が良く走るのです。

Img_7315
【写真上】まるで「緑のトンネル」に入っていく様な月山ペアリフト。
瑞々しい新緑のブナ林が、身体も心もフレッシュに浄化してくれるかの様。

そしてリフトの線下では、春の野花が彩り豊かに咲き競っていました。

Img_7316
【写真上】ムラサキヤシオツツジ(ミヤマツツジ)。
花言葉は「優美」「貴婦人」。

Img_7318
【写真上】ムシカリ(オオカメノキ)。
花言葉は「以心伝心」。

Img_7329
【写真上】緑のトンネルを抜けると、高空広がる青の世界に。
標高1300mを超えると、ブナ林から灌木/喬木の繁る森林限界帯に。
線下の高山植物もガラッと植生が変わって参ります。

Img_7330
【写真上】シロバナヘビイチゴの群生帯。
花言葉は「可憐」「小悪魔のような魅力」。

Img_7456
【写真上】ツバメオモト。
花言葉は「和解」「一致」「怠りない心」「崇高な精神」「長命」。

Img_7331
【写真上】ショウジョウバカマ。
花言葉は「希望」。

Img_7332
【写真上】ミツバオウレン。
花言葉は「変身」「揺れる心」「心変わり」。

Img_7333
【写真上】チングルマ。
花言葉は「可憐」。

Img_7301
【写真上】タカネザクラ(ミネザクラ)。
花言葉は「あなたの微笑み」「優美な女性」「潔白」「心の美しさ」。

月山に早春の訪れを告げる、野花のCo-starring。
愛らしい花笑みを愛でていると、リフトの乗車時間が瞬く間に過ぎていきました。

Img_7307
【写真上】9:10、それでは「お花畑」から「コブ畑」へ。
さーて、コブ遊び開始。
最初は足慣らし、島周りのシャローなコブラインにアタック。

Img_7314
【写真上】身体が解れてくると、徐々にミッドフィールドへ移動。
午前中はペア回し専滑で14本、うち大斜面のコブを11本。
時計を見ると丁度正午、疲れも溜まってきたのでランチレストを取る事に致しました。

Img_7371
【写真上】うーん、やっぱりこの時間は混んでるな…。
ま、これでもウィークエンドに較べりゃ空いている方ですけどね。

ランチタイム時の下駅食堂はほぼ満席、昼食の時間を少しずらす事に。
しかしコブ滑続けていると体力持たないし…、で、
そうだ姥、行こう。

Img_7373
【写真上】それにしても、ホント良い天気♪。
この日の月山は今季1.2を争う炎天下、最高気温は20℃を越え「春晴れ」と云うより「初夏の陽気」。
途中からはウインドブレーカーを脱ぎ、Tシャツ一枚で滑ってました。

Img_7382
【写真上】観光Tバーにて一写。
雪平線と浮雲に覆われた「白の世界」を突き抜け、青空へと延びていく様です。

Img_7381_2
【写真上】Tバーより、右手に月山を望む
しかしこの日も小原Tバーはお休み、如何やら火曜日はTバー定休日みたく。
仕方無いので観光Tバーからてくてくと15分のハイクアップ、姥ヶ岳を目指します。

Img_7384

Img_7388
【写真上.下】姥ヶ岳到着。
シーズン当初に較べると、2~3mは積雪量が減ったでしょうか。
姥も随分と「高く」「広く」なりました。

Img_7398
【写真上】柴灯森~牛首へと向かう木道も、殆んど姿を現しています。
1ヶ月前までは一面「真っ白」だったんですけどね。

Img_7389
【写真上】取敢えず何時もの場所(三等三角点)で一服。
この日は高温多湿で大パノラマの見晴らしはイマイチ。
朝日岳~以東岳の朝日連峰主峰群が朧に望める程度でした。

Img_7393
【写真上】姥ヶ岳ではキジムシロが花を開かせていました。
花言葉は「明るく輝いて」。

Img_7400
【写真上】姥から大斜面に向かって下山、
うっひょー♪

Img_7402
【写真上】フラットなワイドバーンを大回りっ。
チョー気持ちイイ~っ♥

「上駅から観光Tバー」「観光Tバーから姥ヶ岳」と、約15分の雪上ハイクアップ。
その雪上登行の御褒美がコレ、姥ヶ岳ゲレンデ~大斜面への壮快ロングコースクルージングです。
スプーンカット気味のナチュラルバーンで「ガタガタ」と大きいノイズでしたが、フラットなフィールドをロングターンで滑り降りる至福の一時。

この後は遅蒔きながらのランチタイム。
レスト後は大斜面のコブを3本回し、再び姥ヶ岳へ向かいました。

Img_7407
【写真上】Tバー乗ってハイクアップして、

Img_7408
【写真上】無人のフィールドを大回りっ♪。
ハイクアップの辛さもふっ飛んじう程、何度も回したくなる極上のワイドバーン。
小原Tバーが動いてたら、もっとこのフィールドを回してたのになぁ…。

Img_7410
【写真上】最後はピッチの短い狭コブにあしらわれて〆。
朝から20本近くコブ滑ってりゃ、そりゃレイトアフタヌーンには疲労蓄積。
しかも先週に較べコブが深くなっており、腰/広背筋/下肢の負担も増加しています。

そんな訳でこの日は15時ジャストと早めのゲレンデアウト。
翌日の遅番シフト(午前中スキータイム)に備え、余力残しで撤収致しました。
おしまい。

|

« ●五月最後の朝 | Main | ●2017/18.七十五滑目.「月山」 »