« ●月山「ガス走」 | Main | ●夕暮れジョグ »

2018.05.15

●2017/18.七十八滑目.「月山」

えー、約二ヶ月半の「春スキー&夏スキー」雪山就労日誌、21日目。

Img_6614_2
【写真上】今日の月山は朝からクリアな青空。
昨日のヘヴィガスが嘘の様、絶好のスキー日和&コブ日和です。
「こんな日は朝からガッツリ滑りたいなぁ…」。

なーんて想いも虚しく、例に由ってオシゴト中抜け番の私め。
今日は久し振りに午前のオシゴトが定刻に終了、急ぎ臨戦態勢を整え10時半にゲレンデイン致しました。

Img_6622
【写真上】10:35、ポカポカ春スキー、イイ天気♬
気温は約15℃、風も無く穏やかな気象コンディション。
ロンT+薄手のウインドブレーカーで丁度良いレイヤーでした。

Img_6630
【写真上】で、今日もスタートからコブ遊び。
ココ最近、整地(ナチュラルバーン)滑ってない気がする…。

Img_6637
【写真上】一昨日に引き続き、攻めるのはこのライン。

Img_6638
【写真上】丁度頃合いの斜度と掘れ具合。
トラバース路を進み大斜面のミッドフィールド辺り、GW後半に出来たコブライン。
多少深くなっていたもののコブ並びはリズム良、アタックし易いコースでした。

Img_6639
【写真上】湯殿側のラインは結構掘れてきてます。
大斜面で一番最初に作られたコブ、何度かリセットはされていますがコブ底が深く抉れ出しているラインもありました。

Img_6642
【写真上】朝日岳と月山湖とブナ林と雪景色とコブ。
これぞ「5月の月山」的なパノラマ風景。
志津~姥沢に掛けて、ブナの新緑前線も上昇中。
GW前には枝褐色だったブナ林も、随分色付いて参りました。

Img_6659

Img_6661
【写真上】ベアリフト沿いのブナ林が新緑に染まるのも間近。
所々の梢枝では鱗片が綻び、若葉が芽吹き始めています。

Img_6668
【写真上】森林限界点に差し掛かると、線下の残雪は跡形もなし。
若葉と枯草と土の匂いの中、スキーが出来るのも月山ならでは。
写真だけ見たら「スキー場」と云うより「登山リフト」ってな感じですよね。

でも…、

Img_6670
【写真上】左手に広がるのは、

Img_6671
【写真上】未だ7m近くのの平均雪量を湛えた、

Img_6672
【写真上】広大な雪原のフィールド。
昨年より積雪量は少ないものの、ペアリフトでの「大斜面回し」はまだまだヨユーで楽しめます。

因みに本日のアクティビティは2時間弱、コブ7本回して終了。
もう1~2本回したい気分でしたが、最近ラス1本で「発射したり」「板重なったり」「クラッシュ寸前になったり」と碌な事がありません。
今日の「オシゴト.午後の部」は激務確定だし、余力残しで撤収致しました。

|

« ●月山「ガス走」 | Main | ●夕暮れジョグ »