« ●珍しく「曇り」 | Main | ●地団駄 »

2018.05.24

●2017/18.六十七滑目.「月山」

えー、約二ヶ月半の「春スキー&夏スキー」雪山就労日誌、30日目。
早いもので月山姥沢での雪山ワークも今日で一ヶ月が経過。
残す期間もあと一ヶ月少々となりました。

で、本日は随分とアップが遅れてしまいましたが、4月28日の滑走記。
2018年シーズン.月山スキー場、オープン初日のレポートになりまする。

雪害によるリフト鉄塔修復の為、営業開始が20日間遅れてしまった今季の月山。
4月8日からゲレンデ自体は開放されていましたが、登行手段はハイクアップのみ。
実質この日が「ゲレンデオープン初日で御座います。

Img_5914_2

で、4月28日は運良く「オシゴト遅番」の私め、勿論朝イチからのスキーライフ。
スキー歴28年にして、初の月山滑走です。
「オープン初日」の「初月山」に胸躍らせて、ゲレンデへと向かいました。

Img_5920
【写真上】7:15、姥沢から下駅へ。
この日の月山は前日までの曇天/雨/濃靄の悪天が嘘の様。
早朝から雲一つ無い青空が広がっていました。
「何て絶好の春スキー日和っ♥」

逸る気持ちを抑えられず、朝食を済ませ即ゲレンデへ。

Img_5923
【写真上】雪道を歩く事7~8分、月山ペアリフト下駅到着。
前夜はソコソコの放射冷却、トレックブーツでも「ツルツル」滑る氷結雪でした。

Img_5926

Img_5927
【写真上.下】2018年.月山ペアリフトオープンを待つ方々。
リフト営業開始30分前、下駅には10~15名のゲストが待機中。
GWの初日としては、思っていたより客足は少な目でした。

Img_5924
【写真上】リフト乗り場には清めの紙垂。
流石「東北随一の社格」を誇る月山神社の御膝元、月山スキー場。

Img_5930
【写真上】7:50、定刻10分前に営業スタート。
月山ペアリフト、初乗車です。
「うーん、感無量… つД`)・゚・。・゚゚・*:.。」 
実は今年の月山ペアリフト「搬器架け作業」は私めもお手伝い。
自分が架けた(正確には運んだ)搬器に乗るってのも、感慨深いものです。

「月山ペアリフト.準備風景」ログはコチラ↓。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2018/04/post-4667.html

Img_5904
【写真上】ペアリフトのスペックですが、下駅の施設表示↑よりは大分早め。
実際の乗車時間はジャスト10分。
運行速度は6秒間隔の1.6m/sだと思います。

Img_5931
そして、ペアリフトの左手には♬、

Img_5935
姥ヶ岳の南斜面に広がる🎶、

Img_5936
広大な白銀フィールドビュー♪
「うぉぉっ、この大雪原が全部ゲレンデっ!!!」。
流石日本有数の豪雪地帯、4月も末を迎えた時期に7mを超える膨大な雪量。
「ゲレンデ」と云うより「フィールド」と云う言葉がぴったりなビッグスケール。

Img_5937
更に背後に広がるのは、

Img_5938
朝日山地のスーパーパノラマっ🎶。
初めて乗る月山ペアリフト、その壮大な風景を眺めていると瞬く間の乗車時間。
桁外れなビッグスケールに感動、そして圧倒されてしまった10分間でした。

Img_5939
【写真上】月山山頂…では無く、上駅到着。
記念すべき「月山1st run」は沢コースへ。

Img_5940
【写真上】足慣らしで沢を2本回し。
この日が約1ヶ月振りの滑走となった私め。
放射冷却で氷結したザラメバーンにスキーを叩かれ、雪面コンタクトは覚束無いわ、外足にしっかり荷重出来ないわと「ダメダメな滑り」。
久し振りのスキーとあって、板のトップが何だか長く感じてしまいました。
「でも、やっぱりスキーは楽しいなっ♥」

Img_5946
【写真上】8:15、沢を回した後はTバーへ。
Tバーへは急勾配の直登、息を切らせながら約5分上り 登ります。
「うーん、Tバーに上るTバーが欲しい(ゼハーゼハー)…」。

Img_5947
【写真上】8:20、乗り場作りをお手伝い。
まぁ身内みたいなものですから、少しは気を使わないとね。

Img_5949
【写真上】観光Tバー降り場から、大斜面とパノラマ眺望。
何っ、この「Exceptional」なビッグスケールっ!!!
「淡青な春晴れ空」「清涼で澄んだ大気」「風も凪、穏やかな陽気」、そして「朝日連峰のワイドパノラマ」。
人生初月山でその醍醐味を十二分に堪能、「これ以上無いっ」てなグッドコンディション/グッドロケーションに恵まれたモーニングタイムでした。

Img_5963
【写真上】ウヒョー、超キモチイィーッ(黄色い声)。
今日が実質ゲレンデオープン日と云う事もあり、大斜面のコンディションは抜群。
バーンが全く荒れてないので、気持ちのイイ大回りがビシバシ決まりました。

Img_5957
【写真上】以後、ペアリフトで大斜面回し。
雪窟の上をトラバースして

Img_5960
【写真上】大回りっ♪。
この日は深夜~早朝の冷え込み恩恵もあって、板の走るコーンスノー。
「サクサクッ」と程良いクラスト感も楽しめました。

Img_5950
【写真上】一応お約束、コレも撮っときます。
今季月山のゲレンデオープンが遅れた原因となった8番支柱。
雪重で支柱が傾き、土台のコンクリートごとずれてしまったのでした。

Img_5952
【写真上】コンクリ土台も新しく敷設されています。
この辺りだけ除雪されているのは、修復工事で重機を入れる為です。

尚、件詳細に就いては下記参照の事↓。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2018/04/48428-57ad.html

Img_5955
【写真上】最後の一枚はやっぱりコレ。
上駅より眺む、霊峰月山。
約二ヵ月半の月山籠り、雪が少なくなったら踏みに行こうかと思ってます。

この日は午後からオシゴトなので、午前中のみのアクティビティ。
沢を2本と大斜面を4本、Tバーからのロングコースを2本回し、10時半に撤収。
姥ヶ岳に行くのは次の楽しみに取っとく事に致しました。
おしまい。

|

« ●珍しく「曇り」 | Main | ●地団駄 »