« ●地団駄 | Main | ●2017/18.八十三滑目.「月山」 »

2018.05.25

●GPSウォッチング「月山」

えー、約二ヶ月半の「春スキー&夏スキー」雪山就労日誌、31日目。

本日は先日5/23の月山アクティビティ、GPS滑走のデータアップです。
数年前からちょくちょくやっていたGPS計測でのアクティビティ。
コレが思いの外面白く、ちょくちょくとガーミンくん持参で滑ってます。

Img_7018

・5月22日 月山
天候 快晴

・ゲレンデ滞在時間 
8:28:00 (8:00~16:28)
・滑走時間 7:02:27
・総移動距離(リフト乗車含)  55.01km
・総滑走距離 27.51km
・獲得標高 高度上昇累計6632m/高度下降累計6636m
・最高速度 44.8km

522

月山の索道構成はペアリフト(993m)が1本、Tバー(約60~70m)が2本。
しかもTバー使うには、急坂の直登路を5分登らねばなりません。
従い登行手段はペアリフト偏重となってしまいます。
その上運の悪い事に、この日は小原Tバーが運休。
当初の予定では小原Tバーを使って姥ヶ岳ゲレンデのフラットバーンを4~5本は回したかったのですが、そんな目論見はオジャン。
観光Tバーから姥ヶ岳へのハイクアップは2本が限界でした。

朝イチから始まり、ラスイチまで滑り続けたこの日、回した本数は「ペア23本」「観光Tバー7本」、それと「姥へのハイクアップ2本」。
滑走コースは「大斜面のコブ×20本」「Tバーのコブ×5本」「大斜面のフラットピット×2本」「姥ヶ岳ゲレンデから大斜面へのクルージング×2本」「沢コース×1本」と云うスタッツになりました。

それにしても一日中「コブ三昧」するのは、身体にはキツいけど楽しいもの。
しかしその代償として、翌日の広背筋は「ボロボロ」になってましたけどね。

|

« ●地団駄 | Main | ●2017/18.八十三滑目.「月山」 »