« ●2017/18.八十七滑目.「月山」 | Main | ●五月最後の朝 »

2018.05.30

●姥沢~弓張平ジョグ

えー、約二ヶ月半の「春スキー&夏スキー」雪山就労日誌、36日目。

一昨日5月28日はオシゴト早通し番(6~16時)の私め、残念ながら「滑走不可」の一日で御座います。
まぁこんな日は「雪活」の代わりに「陸活」アクティビティ。
オシゴト終了後は「LANGE」では無く「ASICS」をフットギアに、ランニングへと出掛けるのでした。

1
【写真上】アップを終え、姥沢駐車場をスタート。
この日の月山は終日の好天、夕方になってもロンTでは暑く感じる程でした。

2
【写真上】県道114号(月山志津線)と国道112号の交差点。
此処までは過去何度か走ってるコースなので写真は割愛。
姥沢から約5㎞で標高を410mを下げるダウンヒル。
心肺的には楽なのですが、大腿四頭筋と脹脛への負荷が半端じゃありません…。

尚、此処から先は初の走破ロード。
バスや車で通った事はありますが「自分の足」で通過するのは初めてです。

3
【写真上】志津の温泉街を通過。
志津から弓張平/月山口へは勾配も緩やかになり、平坦基調の微下りに。

4
【写真上】旧六十里越街道のトレイルヘッド。
志津周辺には六十里越街道の古道出入口が幾つも点在しています。
姥沢の残雪が消えた頃にトレランで走ってみよっと。

5_2

6_2
【写真上.下】志津温泉街から約2㎞、弓張平に到着。
今日はココで折り返し、今度は月山まで走ってみよっと。

7_2
【写真上】軽い上りロードを約2㎞、志津温泉に戻ってきました。

8_2
【写真上】西川町営コミュニティバス、志津バス停。
ココから6㎞/460mのヒルクライムを走る気は無く、今日のランはこれでフィニッシュ。
町営バス乗って姥沢に戻ります。

9_2
【写真上】五色沼より望む姥ヶ岳。
バスの時間待ち中、少し物見遊山。
池面への投影具合が見事、タムシバも見事な咲きっ振りです。

Img_7274
【写真上】バスに乗って姥沢到着。
眼前には残雪豊富な月山スキー場ゲレンデ。
しかし近づいて「よーく」見てみると…

Img_7277
【写真上】うーん、エグい…。
西日の陰影で凹凸の浮かび上がる、大斜面の「お花畑」。
「月山.コブの花」も今が満開、滑り頃最盛で御座います。

Img_7293
【写真上】姥沢より西南に望む、北沢山と離森。
約10㎞の短い距離でしたが、やっぱり初めてのコースを走るのは新鮮味があって楽しいもの。
ましてやそれが「新緑の美しいブナの原生林」「雄大なパノラマ風景」が広がる自然美の中であれば尚更です。

今度は月山口~間沢くらいまで足を伸ばしてみようかと思ってます。
おしまい。

|

« ●2017/18.八十七滑目.「月山」 | Main | ●五月最後の朝 »