« ●2017/18.七十五滑目.「月山」 | Main | ●2017/18.八十八滑目.「月山」 »

2018.06.01

●水無月「初走」

えー、約二ヶ月半の「春スキー&夏スキー」雪山就労日誌、38日目。

本日の月山は朝から☂。
本降りと云う程ではありませんが、「しとしと」と降り止みそうに無い六月雨。
此処んトコ好天続きだった月山、まとまった降雨は一週間振りで御座います。

Img_7488
【写真上】水無月朔日にして「水有月」。
今日は気温/湿度も高く、ゲレンデではガス籠っている様子。
こりゃ終日「ダメな日」かな、とか思ってると…。

Img_7490
【写真上】何て穏やかで気持ちの良い夕暮れ刻でしょう。
11時頃に雨は止み「まぁまぁの滑走日和」になったかと思いきや、天候はみるみるうちに好転。
正午過ぎには雲間より青空も覗き始め、気付けば陽光の射す晴れ模様に。
今日も天気予報は、良い意味で「外れ」となりました。

で、本日はオシゴト「通し番」にて滑りに行けない私め。
オシゴト上がりの18時から、軽くランニングに出掛けて参りました。
以下、クールダウンの際のスナップ集になりまする。

Img_7493
【写真上】紫苑の空と薄墨の雲、そしてブナの新緑。

Img_7491
【写真上】ブナ林の脇ではマルバアオダモが花穂を開き始めています。

Img_7497
【写真上】流石に6月、ゲレンデの雪も大分減ってきましたね…

Img_7501
【写真上】層雲塊に覆われた湯殿山。

Img_7500
【写真上】夕陽に紫昏る朝日岳。
相変わらずロケーション抜群の「月山志津線」九十九折道路。
「これで常識的な高度差だったら、毎日でも走るのになぁ…」。
因みに姥沢から志津温泉までは、5.8㎞で420mの標高差を有します。
うーん、「越後湯沢秋桜」や「甲州フルーツ」のハーフ大会が可愛く思える…。

と云う訳で6月最初のアクティビティは「スキー」では無く「ラン」なのでした。

|

« ●2017/18.七十五滑目.「月山」 | Main | ●2017/18.八十八滑目.「月山」 »