« ●115林班 | Main | ●ヤブを漕ぎ 行こうよ♪ »

2018.06.18

●「姥沢~間沢」ジョグ

えー、約二ヶ月半の「春スキー&夏スキー」雪山就労日誌、55日目。
本日は先週火曜日のワークアウト.エントリーで御座います。

この日(6/12)はオシゴトオヤスミの私め。
しかしながら6/12~14の三日間、月山ペアリフトは架け替え工事で運休。
リフトが一本の月山ですから「=ゲレンデクローズ」です。

仕方無く「雪活」から「走活」にアクティビティをシフトチェンジ。
山籠り先の月山姥沢から最寄のコンビニまで、買い物がてら軽ジョグする事に致しました。
但し一番近い場所にあるコンビニっつーのが…。
「25㎞先」
しかも…、
「標高差950m」
まぁ初秋~初冬のマラソンシーズンなら何てコト無い距離なのですが、現在長過ぎるスキーシーズンの最中。
中長距離を走る「ランニング体躯」は未だ出来上がっておりませぬ。
そんな訳で「姥沢」から「西川町.間沢」までの長~い道のりなのでした。

Img_7995
【写真上】12:05、姥沢スタート。
この日の月山は朝から雨模様、本降りと小降りの間を行ったり来たり。
当初は10:30頃の出立を予定していましたが、雨足が収まるのを待ちスタート順延。
漸く小雨となった正午過ぎからのラン開始となりました。

Img_7997
【写真上】姥沢から志津へは九十九折の急勾配下り。
6㎞で約430mの高度下降、膝と脹脛に堪える「鬼坂ダウンヒル」が続きます。
しかも雨足と風が結構強い…。

Img_7996
【写真上】タニウツギ。
県道114号(月山志津線)では「桃の空木」が満開でした。

Img_8001
【写真上】左手に地蔵沼が見えると志津はもう直ぐ。
この辺りから勾配が落ち着き、走り易い下りロードとなります。

Img_8002
【写真上】月山沢の湿地帯ではミズバショウの群生帯。
今度走る時にはもーちょいズームで撮ってみます。

Img_8005
【写真上】国道112号に出ると直ぐに五色沼。

Img_8008
【写真上】12:33、続いて志津温泉街を通過。
取敢えずこの辺で約6㎞、予定ディスタンスの約1/4です。

Img_8009
【写真上】志津からは勾配も弱まり、走り易い微下りロード。
雨足も弱まり、快適なランタイム。

Img_8010
【写真上】12:41、弓張平キャンプ場入口を通過。
これから先の六十里越街道は、初の走破コース。
お初のルートを走るのは、何だかワクワクして参ります。

Img_8012
【写真上】弓張平に出ると、雨は上がり道路も乾いています。
昨日は標高650m地点が「天気の変わり目」でした。

Img_8014
【写真上】路傍一帯ではマーガレットがお出迎え。

Img_8016
【写真上】花言葉は「恋を占う」「心に秘めた愛」「貞節」「誠実」。

Img_8018_2
【写真上】弓張平公園一帯は、約2㎞を180mの高度下降。
路面コンディション良好な幅広道路に緩やかな下り勾配。
心肺と下肢への負荷も無く、走るのが楽しくなる区間です。

Img_8021
【写真上】とか云ってると、眼下に月山湖が覗けて参りました。

Img_8025
【写真上】月山口へは再び急坂下りのワインディングロード。
けれど姥沢~志津間の鬼坂に較べりゃ、易しいモノです。

Img_8030
【写真上】12:58、月山口通過。
姥沢から11.3㎞地点、「六十里越街道」から「月山花笠ライン」に出るT字路。
右に進むと湯殿方面、東に進むと寒河江方面です。

Img_8031
【写真上】右手に月山湖を眺めつつのラン。
この辺りまで下りて来ると「雨の降っていた気配」すらありません。
姥沢から月山口は標高差770m、天気も気温も「ガラッ」と変わります。

Img_8033
【写真上】レストイン花笠さん。
ゴールデンウイークの打ち上げBBQでお世話になった所処。
因みに4月24日の月山入山以降、この日までココが「下山の最南端」でした。

Img_8037
【写真上】月山湖越しに風明山を望む。
文字通り「風光明媚」な佇まい、柔らかで女性的な山容です。
Img_8039
【写真上】月山口を左折して間も無く、3つのトンネルを立て続けに通過。
一つ目は月山沢トンネル。

Img_8043
【写真上】二つ目は砂子関トンネル。

Img_8048
【写真上】月山湖の東岸端、寒河江ダムを見遣りつつ、

Img_8049
【写真上】三つ目の横手トンネルを通過。

Img_8054
【写真上】本道寺近くになると、何時の間にか空も晴れて参りました。
道路脇に設置されている温度計を見ると気温18℃。
うーん、もーちょい気温低い方がイイな…。

Img_8056
【写真上】も一つトンネルを越えると、左手に風吹沢。

Img_8059
【写真上】13:28、本道寺(口之宮湯殿山神社)の門前を通過。
月山口から本道寺までは約5.7㎞の行程。
「湖あり」「トンネルあり」「ダム有り」「沢あり」「祠あり」と豊かなロケーション。
風趣に富んだ牧歌的風景を眺めつつのランは、距離が短く感じられました。

Img_8060
【写真上】逆に本道寺からは単調なシチュエーション。
見晴らしの利かない樹林帯な覆われたロードでメンタルが少し中弛み。
距離も17㎞を越え、疲労もボチボチ溜まって参りました。

Img_8064
【写真上】金山トンネルを越えると、右手には長閑な山村集落が望めます。
西川町横岫の田園風景を眺めつつ、ラスト4.5㎞をもうひと踏ん張り。

Img_8068
【写真上】13:53、「道の駅にしかわ」を通過。
コンビニで買い物した後は「」と「」が待ってるので、も一度ココに戻ってきます。

Img_8070
【写真上】道の駅からも余り面白味の無い幹線道路が続きます。
残り3㎞で下り基調のフラット道路、ダレ無い様にペースキープ。

Img_8071
【写真上】西川町民スキー場前を通過。
よーし、あと1㎞切ったぞー。

Img_8074
【写真上】14:09、西川間沢到着.フィニッシュ。
月山から一番最寄のコンビニ、「セブンイレブン/西川町間沢店」です。

尚、この日のスタッツは以下の通り。
・距離:24.60km ・タイム:2:02:09(㎞/4:58) ・高度上昇:315m/高度下降:1261m
㎞/5分を目安にしていた流し走なので、概ねプラン通りの進捗ピッチ。
只、県道114号の急坂ダウンヒルが足に堪え、中後半のラップタイムが思っていた以上に落ち込ました。

ゴール後はセブンさんで生活物資を買い溜め、あいべ発の西川町営バスに乗車。
「道の駅にしかわ」に向かいました。

Img_8081
【写真上】「道の駅にしかわ」に戻ってきました。
「御飯にする?、お酒にする?、それともワ.タ.シ?

Img_8082
【写真上】否々、取敢えず「♨」に決まってます。
「道の駅 にしかわ」に隣接している水沢温泉館。
先ずは温泉で、汗と疲れを流します。

Img_8093
【写真上】山間の長閑な田園風景。
道の駅から姥沢に戻るバスの時刻まで40分残し。
折角なので西川水沢の山村集落を散策してみる事に致しました。

Img_8095
【写真上】朽ち果てた廃屋発見。
昔は何か商いをやっていた様な表構えです。 

Img_8096
【写真上】近づいてみると「BAR BER」でした。
そー云や最後に床屋へ行ったのは、月山入山日前日の4月23日。
以来約二ヵ月、伸ばしっ放しのほったらかし状態が続いております。
「久し振りに髪、切りたいなぁ…」。

Img_8090
【写真上】ぷらぷらしてると寒河江川に辿り着きました。

Img_8088
【写真上】日影橋より望む、寒河江の碧流。
何気に「ナマ」の寒河江川を見るのは、これが初めてなのでした。

Img_8085
【写真上】最後はオツカレビール。
「月山ミュンヒナー」を飲りつつ、バス待ちック。

と、こんな感じの月山入山「50日目」となる節目の一日。
スキーが出来ない割には充実した陸トレアクティビティでした。
このジョグコース、下山までにあと1~2回は走ってみようと思います。

|

« ●115林班 | Main | ●ヤブを漕ぎ 行こうよ♪ »