« ●落陽 | Main | ●2017/18.九十二滑目.「月山」 »

2018.06.07

●2017/18.九十一滑目.「月山」

えー、約二ヶ月半の「春スキー&夏スキー」雪山就労日誌、44日目。

本日はオシゴト中抜け番の私め。
朝の業務は暇してたものの、日中は多少オシゴト押し気味気配。
しかし其処はキッチリ10時からゲレンデに向かうべく「追い込みハードワーク」。
定刻の15分遅れで「オシゴト.午前の部」を終え、デイリースキーに向かうのでした。

Img_7738
【写真上】日に日に延びる県道114号線。
下駅への雪道は、もう半分くらいアスファルト路が露出しています。

Img_7741
【写真上】日に日に痩せてきたペアリフト乗り場。
「出して」「寄せて」「盛って」「均して」、索道スタッフさんの御尽力が窺えます。

Img_7793
【写真上】もっとヤバいのはこっち。
下駅から姥沢方面へと滑り降りる下山コース。
スキー一車線の幅しか無い上に、土塗れの崖となっています。

Img_7742
【写真上】搬器のスキーラック取り付けも昨日(6/6)で全て完了。
逆に云うと、明日から「板外しての乗車」となってもオカシク無い訳です。

Img_7745
【写真上】日に日に膨張する大斜面のシマ。
大斜面のフィールド幅も、ゲレンデオープン時の半分以下です。

Img_7747
【写真上】日に日に深くなる大斜面のコブ。
ゲレンデ幅が狭くなる→滑れるコブラインが少なくなる→
ゲストが一つのラインに集中する→当然コブは抉れる(Q.E.D.)。

Img_7756
【写真上】日に日にブッシュが増殖する、上駅から大斜面へのトラバース路。
もう殆ど「通せんぼ状態」、下から回り込んでトラバースするのが正解です。

Img_7758

Img_7757
【写真上.下】で、楽しいコブ遊び開始。
今日はスタートから滑りの調子がイイ感じ。
只、それも最初の3本だけでしたけど(理由後述)…。

Img_7759
【写真上】遂に大斜面のコブラインにも露岩が出現。
「ズルドン」の「ズル」の場所なので、上からだとコブ頭の死角で見えません。
竹串差してなかったら「板死亡」してた所処でした。

Img_7743

Img_7744
【写真上】リフト乗車中はお花見タイム。
タムシバやムシカリの白い花弁が、日に日に葉色の濃さを増す広葉樹に眩く映え、一層美しく感じられました。

Img_7768
【写真上】ハクサンチドリも次第に群生密度を増して参りました。

Img_7764
【写真上】ニッコウキスゲもチラホラと開花。
リフトの線下はニッコウキスゲの花茎群生地帯、あと一週間もすれば一面が山吹色に彩られる事でしょう。

Img_7769
【写真上】ニッコウキスゲとハクサンチドリ。
ブライトイエローとロイヤルバイオレットが花彩競演。

Img_7761
【写真上】チングルマは今が花笑み最盛。
「小さく」「丸っこく」「可愛く」、そして「清楚」で「可憐」。
春の高山植物の中でも人気の花です。

Img_7772
【写真上】今日はコブ6本回して撤収準備。
一昨日オフ日の「終日コブ回し」の疲労がまだ抜け切っていないらしく、4本目位から滑りのクオリティが「ガタン」と低下。
こんな体調コンディションで無理して滑ってても、怪我こそすれ得るものは何~んもありません。

それにしても大斜面、ホントに痩せてきたなぁ…。

Img_7771
【写真上】冷やし肉そばを食って、ラス1本滑って撤収。
こんな暑い日はコレに限ります。

Img_7753
【写真上】そんな訳で今日も良い天気でしたとさ。
おしまい。

|

« ●落陽 | Main | ●2017/18.九十二滑目.「月山」 »