« ●「最後の朝」「最後のペアリフト」 | Main | ●「4月24日」から「7月17日」へ(後篇) »

2018.07.18

●「4月24日」から「7月17日」へ(前篇)

えー、85日間の「月山/春スキー&夏スキー」雪山生活を終え下山二日目。
そしてトーキョーに戻って初めての朝(昼?)で御座います。

本日は過ぎ去りし「月山の日々」、名残ログ。
昨日は下山途次のエピソード集.その2で御座います。

で、いきなりですが時間は84日前、「2017年4月24日」にREWIND。
翌25日から始まる雪山就労生活に備え、早朝山形入り致しました。

Img_5789
【写真上】4月24日の山形は雨でした。
この日の山形市は12~13℃、東京に較べて10℃近く低い気温。
雨除けも兼てスキーのミドラーを重ね着してたんでしたっけ。

ちょい早めの山形に着き、午前中は「山寺」「霞城」「霞城セントラル」を物見遊山。
13時発の高速バスで月山姥沢に向かいました。

Img_5790
【写真上】ヤマコービル。
バスターミナルはビルの裏手側にあります。

Img_5792
【写真上】バスターミナル.④番乗り場。
案内所の前に券売機があるので、事前に切符を買っときます。
月山への乗り換え地、西川までの運賃は¥1190也。

Img_5795
【写真上】13:05、バスしゅっぱーつ。
鶴岡.酒田方面のバスに乗車、これより下界とは2ヶ月半のお別れです。

Img_5797
【写真上】13:46、西川BS到着。
山形から約40分、此処で月山(姥沢)行きの西川町営バスに乗り換えます。

Img_5799
【写真上】高速道路上のバス停なので、歩行者は路上に出られません。
待合室奥の階段を下りて、停留所のある一般道へ。

Img_5801
【写真上】西川BS→西川ICバス停へは徒歩2分。

Img_5802
【写真上】バス停横に「おっ、残雪発見♪」。
雪を見るのは1ヶ月振り。
まぁこの1時間後に「履いて捨てる」程の雪を見る事になるんですけどね。

Img_5804
【写真上】乗り換え時間が30分ほどあるので、バス停周りをぷらぷら散策。

Img_5809
【写真上】フキノトウが花を開き、

Img_5808
【写真上】ツクシが一面に芽吹いています。

Img_5805
【写真上】満開のソメイヨシノ。
4月も末を迎える頃、西川町には遅い春が到来しようとしていました。

Img_5813
【写真上】14:15、町営バス到着。
西川町から月山姥沢までは約28㎞、運賃は\500也。

Img_5814
【写真上】「道の駅にしかわ」辺りまでは残雪も疎らに見える程度でしたが、

Img_5818
【写真上】月山湖に差し掛かると、雪景色が目立ち始めます。
そして月山口を右折、六十里越街道に入ると…。

Img_5828
【写真上】弓張平。
みるみるうちに雪量は増し、

Img_5827
【写真上】辺り一面は「ブナ景色」の「雪景色」に。
おおっ、季節がどんどん冬に戻って行くっ♪。

Img_5838
【写真上】志津/五色沼を過ぎると、積雪量は更に増加。

Img_5842
【写真上】大人の背丈を優に超える雪壁。

Img_5854
【写真上】3メートル、そして4メートルと高くなる「Snow Wall」。
志津から姥沢の6㎞間は標高差約430m。
急勾配のワインディングロードを何度も折り、バスが上っていきます。

Img_5855
【写真上】13:05、月山姥沢到着。
ガスってて、周りは何にも「見えませーん」。

Img_5861_2
【写真上】ロッジ/旅館街の路脇にも雪の壁。

Img_5859
【写真上】道端にはうず高く積まれた除雪の山。
ゲレンデから離れた県道周辺に、こんな風景が広がっているなんて。
うーん、今日はホントに4月24日っ?。
再び「冬」に

そして「スキーシーン」に
戻ってきたー♪

って実感が湧いて来ましたっ♥。

Img_5857
【写真上】春の濃霧の中、オシゴト先に向かいます。
12月末~3月中の「白馬五竜.冬山就労生活」終了から約1ヶ月の間を置き、再びの「雪山ワーク」リスタート。
この翌日から月山での「スキー&オシゴトライフ」が始まるのでした。

And as time goes by…

2018年7月17日.10時05分。
時は@云う間に過ぎ去り、下山の日となりました。
つづく。

|

« ●「最後の朝」「最後のペアリフト」 | Main | ●「4月24日」から「7月17日」へ(後篇) »