« ●最後の朝 | Main | ●連休明けし日に「冬から春」へ »

2019.05.08

●平成最後の日に「春から冬」へ

えー、長かったゴールデンウィークも明け二日目。
皆様に於かれましてはもうすっかりと日常の平温に戻り、「仕事」に「学業」に勤しんでおられる事と思います。

私め今年のGWは前半戦/お店開業、中.後半戦/春スキーと慌ただしい10日間。
@云う間に過ぎ去ってしまいました。

そんな訳で過ぎ去りし大型連休の回顧録。
平成最後の日にトーキョーを発ち、一路「春から冬」へ季節を巻き戻し。
旧元号最後の日を一面の銀世界の中で迎えるので御座いました。

Img_2565_1
「行くぜっ! 東北」「来たぜっ! ヤマガタッ」
東京7:08発のつばさに乗り、10時過ぎに山形駅到着。
昨年と同じルーティーン、そして二年続けて「雨」に祟られた山形入城でした。

Img_2567
しかし山形市滞在はたったの20分。
酒田方面行きの高速バスに乗り込み、目的地に向かいます。

Img_2571
1時間後、西川バス停にて下車。
「この道は~ いつか来た道~♪」

Img_2573
高速バス停から西川町営バス乗り場に移動。
「ああ そうだよ ユキヤナギの花が咲いてる♪」
(北原白秋作詞/山田耕筰作曲「この道」より)

Img_2574

15分程待つと町営バス到着、乗車。

Img_2577
「遠くて不便」、間沢のセブンさんを通り過ます。
月山姥沢から最も近いコンビニ、その距離25㎞…。

Img_2578
道の駅にしかわ。

Img_2581
口之宮湯殿山神社。

Img_2584
月山湖。
この辺りから外山には斑雪がチラホラ伺えます。

Img_2588
月山口。

Img_2591
月山口から姥沢へは約800mの高度上昇、

Img_2593
街道を上るに従い残雪の量は、

Img_2594_1
みるみるうちにうず高くなっていきます。

Img_2596
弓張平付近でガス帯に突入。

Img_2604 
志津の温泉街/五色沼を過ぎると、

Img_2605
急勾配の九十九折、

Img_2615
雪の回廊に突入。

Img_2611
雪壁っ!

Img_2616
雪壁っ!

Img_2619
.

雪壁っ!
白の墻壁は最大で4~5mの高さに達します。

Img_2623
12時10分、姥沢到着。
昨年の入山日もこんなお天気、今年も「ガス山」がお出迎えです…。

Img_2624
でも去年より積雪多いな。

Img_2628
県道終点(暫定)/スキー場入口にて一写。
丁度スキーキャリーサービスが戻ってきました。

この日より8日間の「助っ人ジョブ」と「スキーライフ」が待っています。
それじゃ旧オシゴト場に入って荷解きしますか。

と云う訳で今年も…、

2019g
「来たぜっ! 月山ッ!!!」

|

« ●最後の朝 | Main | ●連休明けし日に「冬から春」へ »