« ●2018/19.五滑目「月山」 | Main | ●2018/19.七滑目「月山」 »

2019.05.16

●2018/19.六滑目「月山」

えー、今年のGWは月山にて短期山籠もり。
大型連休も最終日、入山七日目は5月6日の滑走記で御座います。

Img_2862
10:30、午前中の助っ人ワークを終え下駅にとーちゃく。
リフト乗り場に「人居ない」…。

Img_2880
姥沢の駐車場も「スッカスカ…」。

Img_2866
ペアリフトも「ガラ空き…」。
考えてみればこの日はGW最終日。
まぁフツーの方々は自宅でゆっくり寛いでられますよね。

Img_2869
連休ラス日の月山も三日続けての好天。
雲こそ多いものの、澄んだ淡青空が天空一面に広がっていました。

但しこの日の天気予報は午後から荒れ模様。
山形県内では局地的(特にココ)に「雷雨の恐れ有り」との気象庁インフォです。
そんな訳でスタートから正午過ぎまでが勝負タイム。

Img_2870
今んトコ月山も御機嫌宜しく。
一本トラバースから大斜面を回した後は何時ものルーティーン。
Tバー使って大斜面のトップへ向かいました、が…。

Img_2838
遂に大斜面の上部も「板走んなくなりました…」。
一昨日と昨日、そして今日と日中気温は20℃近くまで上昇。
さしもの大雪原フィールドも、三日続けての「高温ドピーカン」ですっかり汚雪&緩雪化。
スキーが「沈む」「抜けない」「走らない」の三重苦となってしまいました。

そんな訳で大斜面トップからの大回りは最初の一本だけ。
ま、この日は「別の狙い」があるからイイや。

Img_2871
令和元年「初コブ遊び♪」
スポットのお手伝いとは云え、それなり以上にハードワークなGW中のオシゴト。
そんな訳で繁忙ピークが過ぎるまでは自主的に「コブ禁止令」。
連休最終日にして、やっとコブ解禁となったのでした。

フラットバーンの劣化に反して、コブ畑はスクスク成長しております。

Img_2876
この日は易し目のラインをチョイス。
一段目のトラバース路から沢沿いのコブラインで足慣らし、二段目のトラバース路を移動して大斜面左端のコブに入ります。

Img_2873
うひょー♪、やっぱりコブも楽しいやっ♪
今シーズンこれが6日目の滑走、しかも一日平均のアクティビティタイムは約2時間半。
流石に目イチで攻めるのは躊躇われ、ズレ使っての7割滑でコブ勘を取り戻します。

Img_2881
嗚呼、体力と時間の無駄遣い…。
滑走中に忘れ物に気付いて姥沢へ下山、ココのハイクアップを2回するのは疲れる…。

Img_2882
この日は下駅でお昼ご飯。
月山来たらコレ頂かなくっちゃ。

Img_2883
鍋焼きうどん♪
下駅食堂で一番人気のメニュー。
海老天に鶏肉に半熟玉子にしめじにその他色々、運の良い日はネマガリダケも入っています。
CP考えたら無敵の部類、コレ東京都心で出したら¥1500はするでしょう。
私的には「鍋焼きうどん」「味噌ラーメン」「冷やし肉そば」が下駅ランチの最強布陣♥。

Img_2886
ランチ後もひたすらコブと戯れます。
ペアリフトより望む大斜面、南西の方からは嫌~な感じの雲が湧いてきました。

尚、心配していたお天気は日中一杯持ち、リフトも終日通常運行。
但し20時頃になると「叩きつける様な豪雨」と「風切り音の荒ぶ暴風」、夜は大荒れの天候となった月山でした。

そしてこの翌日は下山の日。
月山で滑れるのも明日の午前中だけです。

|

« ●2018/19.五滑目「月山」 | Main | ●2018/19.七滑目「月山」 »