« ●「Nymph」のGLASS | Main | ●Witching hour(Early morning?) Run »

2019.06.05

●「Forties」走活総括

えー、日中は入梅前らしく「蒸し蒸し」してきたものの、陽が落ちると未だ涼しさを感じるトーキョーの夜。
最近は「仕事前(日中)/軽めのペー走」「仕事後(深夜)/スピードトレ」。
と、二部練体制を取っている酒司で御座います。

所処で5月19日の「軽井沢ハーフ」で今年の上半期レースも終了。
次走は9月の「湯沢秋桜」か10月の「東京30㎞」を予定していますが、どっちにしろ50代でのエントリー。
「40代」でのレースは走り納めとなりました。

と云う訳で本日は私めの40代マラソンライフ、リメンバー。
ヘビースモーカー&ハードドリンカーの走活10年間を振り返ってみようかと思い鱒。

BEST RESULT/TOP10
①第12回 葛西臨海公園ナイトマラソン(2019) 1:21'17
②第30回 上尾シティマラソン(2017) 1:22'05
③第24回 小川和紙マラソン(2017)  1:22'15
④第04回 小江戸川越マラソン(2013) 1:22'36
⑤第08回 小江戸川越マラソン(2017) 1:22'47
⑥第24回 小川和紙マラソン(2016)  1:23'39
⑦第03回 小江戸川越マラソン(2012) 1:23'42
⑧第27回 上尾シティマラソン(2014) 1:23'46
⑨第22回 手賀沼エコマラソン(2016) 1:23'48
⑩第29回 上尾シティマラソン(2016) 1:23'55

ココ5年くらいは出走ローテが殆ど固定化、出場レースもエラく偏ってます。
秋緒戦は「越コス」から始まり「手賀沼」「上尾」「小江戸川越」の高速レース三連戦。
12月2週目の「小川和紙」で走り納めして、5月前半までスキーライフに没頭する。
と云うのが毎年の常で御座います。

まぁ私めにとってマラソンの立ち位置は、何処まで行っても「スキーのオフトレ」。
本来マラソンのハイシーズンとなる1~3月は全くレースに出ておりません。
そんな訳でタイム狙いで参戦するレースも、殆ど決まっちゃうのでして。

不惑序盤は「小江戸川越」「諏訪湖」「大町アルプス」で40代ベストを更新するも、タイム自体は24~25分。
2013年(44歳)の小江戸川越で漸く22分台を出した後は2年間停滞。
2016年(47歳)は「手賀沼」「上尾」「小川和紙」で23分台連発するもベストには届かず。
「うーん、㎞/3:50でハーフ走るのは年齢的に限界なのかな…」
とか思ってたら翌年2017年の「上尾」で1:22:05、更に「小江戸川越」「小川和紙」と22分台連発。
この年は走り込み/筋トレのメニューを見直し、質量共に充実したトレーニング。
やっぱり積んできた練習は正直なのでした。

んで今年の4月、「葛西臨海公園ナイトハーフ」でPB上書き、21分台のおまけ付。
今年の冬は社会復帰の準備諸々でライフワークのスキーを「完全封印」。
その憂さ晴らしで1~4月はトラックで週2のP練/月2回の30㎞走、と月間300㎞ペースで走り込んでました。
加えて2月からフットギアをアシックスから厚底ナイキにAllチェンジ。
フライニットの恩恵をもあり、予想外のハイスコアとなったのでした。

あと、序でに40代のワースト5も挙げておきます。

WORST RESULT/BOTTOM5
①第21回 山中湖ロードレース(2011)  1:37:37  
②第15回 越後湯沢秋桜マラソン(2016) 1:36:48  
③第05回 南魚沼グルメマラソン(2014) 1:36:46  
④第10回 越後湯沢秋桜マラソン(2010) 1:36:11  
⑤第26回 戸田マラソンin彩湖(2009)    1:35:19  

スキーシーズン終了直後の春季レースは毎年トレーニング量が絶対的に不足。
そして兎に角「暑い」レースが大の苦手な私め。
従いボトム5は春レース&残暑の炎天レースに固まってしまいます。
因みにワースト1の山中湖は土砂降りのスコールレース、路面は殆ど浅瀬状態でした。

と、こんな感じの40代走活回顧録。
尚、今秋~冬に限ってタイム狙いのハーフ出走は無し、精々調整レース程度。
フルマラソンに標準絞ったローテーションを組んでる所処で御座います。
ターゲットレースは「つくば」、目標タイムはサブエガ(2時間50分切り)てな所処で。

 

|

« ●「Nymph」のGLASS | Main | ●Witching hour(Early morning?) Run »