« ●酷走「三重苦」 | Main | ●仕入れ失敗 »

2019.07.24

●後祭「宵々山」

えー、四泊五日の上洛帰京、三日目。
近畿地方は本日梅雨明け、青天晴れ渡るミヤコの空で御座います。

所処で今日は上洛初日の22日.夜にプレイバック。
知己の飲み屋へ挨拶がてら、祇園囃子と売り唄の流れる大路小路を「山鉾巡り」。
後祭の宵々山を漫ろ歩きして参りました。

1_20190724132601
烏丸三条上ル.鈴鹿山。
後祭で唯一、大路(烏丸通)に建つ山。

2_20190724132601
室町三条上ル.役行者山。
姉小路から新町をたらたら下ります。

3_20190724132601
室町三条下ル.黒主山では売り唄唱和中。
「ご信心の御ん方さまは♫ 受けてお帰りなされましょ♪」

4_20190724132601
六角烏丸西入ル.浄妙山。
この日のミヤコは小雨が降ったり止んだりの一日。
胴掛などの懸装品は外している山が多かったです。

5_20190724132601
室町六角下ル.鯉山。

6_20190724132601
蛸薬師室町東入ル.橋弁慶山。
室町周辺の山は5基、四条通を越えて新町に入ります。

Img_3571
後祭の夜は行き交う人影も疎ら。
前祭に較べると山鉾の数は半分以下の10基、来客数も5000人~1万人程度。

Img_3583
闇夜に浮かぶ駒形提灯、BGMは子供達の売り唄、笛と鉦の囃子音。
ホコ天や屋台出店の無いのが、却って静かな祭風情を醸しています。

Img_3592
後祭はのんびりと山鉾見物を楽しめてイイね。
因みに祇園祭の時期に帰省するのは7年振り。
祇園祭が前後祭の分離開催となったのは5年前ですから、この日が「後祭デビュー」となる私めなのでした。

7_20190724132601
四条新町下ル.大船鉾。
後祭唯一の鉾は5年前.平成26年に復活。

10_20190724132601
そんな訳で大船鉾見るのも、この夜が初めてなのでした。

大船鉾を後にして再び四条通から新町通を北上。
後祭のメインストリートに戻ります。

9_20190724132601
新町錦小路上ル.南観音山。

8_20190724132601
欄縁では囃子方がコンチキチンを奏でておられます。

11_20190724132901
新町六角下ル.北観音山。
後祭の山鉾懸想品、絢爛さでは両観音山の胴懸絨毯が断トツ。

12
後祭.山鉾巡りの最後は新町三条下ル.八幡山。

この後は三条新町から木屋町二条へ飲み屋巡行。
翌朝は酒が抜けきらず、少し身体の重い私めでしたとさ。

|

« ●酷走「三重苦」 | Main | ●仕入れ失敗 »