« ●9月29日(月.休) | Main | ●「ベジタブルマラソンin彩湖」速報 »

2019.09.27

●「WEEK1」ハイライト

えー、ラグビーワールドカップ2019.日本大会八日目。
本日は9月20日の開幕以来、初のノーゲームDAY。
ハード&タイトなラグビーウォッチングも一休み、週に一度の安息日です。

そんな訳でのプールリーグ12試合を振り返っての「weekly-highlight」。
ワールドカップ「WEEK.1」のベストマッチ.5選で御座います。

次点 ジャパン30-10ロシア
プレッシャーの掛かるホスト国の開幕戦、そして満員のスタジアム。
想定出来る内で「最悪」の立ち上がりだったジャパンですが相手がロシアだったのが幸い、後半に入ると巡航運転で危なげなく勝利を手にしました。
しかし相手がサモア.フィジー.イタリアクラスだったらと思うと…、ゾッとする。
課題は南ア戦と同様。
攻撃時のサポートの遅れに起因するTO、そしてコンテストキックの処理。
せめてアンフォースドなノッコンは撲滅しないと、陣地戦で圧倒されてしまいます。

⑤ウェールズ43-14ジョージア
レッドドラゴン、強いっ。
北半球のチームらしからぬ、そして如何にもウェールズらしいラグビー。
敵陣に入ってウォーレンボールからの、隙を見つけるとフラットでスピーディなアタック。
素人さんが見てもNZやフランスと並んで面白いラグビーでしょう。

ジョージアは後半にらしさを見せるも地力の差は歴然、展開力とキック攻防の差が大きすぎました。
しかしウェールズ、1stスクラムでジョージアを捲ったのには驚いた…。

④アイルランド27-3スコットランド
充実のアイルランド、スコッツに何もさせずの盤石完勝。
しかもキース.アールズとロブ.カーニー抜きでコレなんですよね…。
下馬評通り優勝候補の一角、トーナメント緒戦で南アを食えばWC初のベスト4入り。
その先には初優勝も見えてきます。
対するスコッツは良い所処無し、しかもワトソンとアリ.プライズが負傷でWC離脱。
次戦サモアとの一戦も安穏とはしていられません…。

⓷ニュージーランド23-13南アフリカ
プールBの初戦から王者と巨人の戦い、実質1位2位を決める大一番。
前半やや点差は離れるもののボグスはゲームプランを着々と進行、後半ワンチャン差に詰め寄ります。
しかし流石のオールブラックス、悪い癖のナイーブさも見せず突き放し完勝。
今大会唯一再戦の可能性があるカード、先ずは第一ラウンドを制しました。
しかしビッグゲームでのこの両チーム、やっぱり縺れる試合になります。

②アルゼンチン21-23フランス
過去ワールドカップの中でも「最低の前評判」のフランス。
でもこんな時のレ.ブルーが一番怖かったんですよね…。
勢いに乗った時間帯は若いチームならではのイケイケな勢い、全盛時のフレンチ.フレアを彷彿させるシャンパンラグビーを見せてくれました。
逆にフランスキラー.プーマスはスクラムとBDで優位に立てなかったのが誤算。
レェフリングがやや曖昧だったのも不利に響きました。
あと、ニコラス.サンチェスの出来が今イチだったのも気になる所処。

①フィジー27-30ウルグアイ
別項参照の事。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2019/09/post-d073f8.html

と、こんな感じにて。
明日のラグビーウオッチングは3試合。
メインは勿論「アイルランド-ジャパン」で御座います。

 

  

|

« ●9月29日(月.休) | Main | ●「ベジタブルマラソンin彩湖」速報 »