« October 2019 | Main | December 2019 »

2019.11.28

●「第39回つくばマラソン」後編

えー、先日日曜日参加の「第39回つくばマラソン」。
三部作の終はレースリポ、及びつくば「傾向と対策」になります。

https://bamboo-bar.air-nifty.com/photos/uncategorized/screenshot_20191124_20191124231401.png

スタート時(9時)の天候は約16℃/雨/湿度100%、マラソンにはやや高めの気温。
8時半頃までは傘の要らない程度の糠雨でしたが、スタート整列時間になると雨足増し本降りに。
レース前からして既に濡れ鼠、肌打つ雨に体温が奪われ「うー、サブイ...」。
しかしこの悪天候が却って幸い、体感的には10℃前後の気温に感じます。
また高湿で走行中は呼吸が楽と、雨天コンディションの恩恵を二つ受けてのレースとなりました。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

そんな訳で第1ウェーブは9時に号砲。
私めはBブロックスタート(陸連登録者以外では最前列)でしたが、それでもスタートラインを通過するのに50秒を要しました。
流石「ガチ」ランナーの多いつくばマラソン、てな感じです。

まぁ今回は怪我持ちの身でダメダメなコンディション。
設定タイムも3時間15分前後(㎞/4:38ペース)なので、ユル~く入っていきます。
筑波大学構内では特に「縫う」事もせず、集団の流れに任せてスローペース。
キャンパスを出て藤沢豊里線に出てからペースを整える事に致しました。

入りの5㎞はスタート渋滞とペースを探りながらの走りで、やや出入りの激しいラップ。
国道408号(学園西大通り)に入りランナー混雑も解消。
同ペースの集団に潜り込み足を温存、予定通りのペースを刻み始めます。

所処が9㎞地点の給水場でトイレにピットイン、40~50秒のタイムロス。
雨に打たれて身体が冷え込んだのが原因か、想定外のイレギュラー。
過去何十戦も大会走っていますが、レース中にWC駆け込んだなんて初めての事です。
まぁ幸いな事にその後の走りには影響無し。
00~05㎞/22:53
05~10㎞/23:50(トイレロス有)
10~15㎞/23:28
15~20㎞/23:24
20~25㎞/23:14
6㎞以降は㎞/4:38を目安に淡々と均一なペースを刻み、ラップの誤差も殆どなし。
12~20㎞辺り(特に筑波高岡線)は「工場」「倉庫」「田畑」「空地」の続く単調な風景。
スローペースもあって少し時間が長く感じられましたが、今鹿島で一旦農道に入り20㎞。
そして中間地点を通過。(21.1㎞/1:39:34(㎞/4:40av))。

余力残しのペースなので心肺は余裕綽々、アシもまだまだ元気です。
しかし30㎞までは我慢の安全策、同ペース集団の流れに乗り足を貯める走りで3時間15分ペースを刻みます。
緩~いスロープが現れる25~28キロ地点(エキスポ大通り)もペースダウンする事無くスムーズに処理。
山新グランドステージを左折通過すると、ゴールまでのデザインが見えてきました。

このつくばマラソン、後半は「27㎞/山新グランステージ」→「28.5㎞/ローサイドの繁華街を折り返し」→「30㎞/ZOZObase倉庫」→「34㎞/おしるこ」→「35㎞/国土地理院」→「36.5㎞/口ノ堀陸橋」と、短いスパンで進捗目安の付く建物や施設が点在。
そして陸橋をパスすると序盤走った復路に戻りラスト5㎞ちょい、うち半分は筑波大学構内とメンタルにメリハリを保てます。

研究学園西のベンツを折り返し28.5㎞地点。
怪我部位の左足脹脛は多少張りを感じますが、攣りを伴う様な痛みはありません。
思い切って此処からギアを一段上げ、ペースアップ敢行。
まぁ走力的には「余裕残し過ぎ」な位の楽なレース進捗、決断するのが少し遅かった位です。

その後は順調過ぎる程のレース展開、キツい筈のフル終盤が走って楽しかったくらい。
足の状態に若干不安も残るので㎞/4:20前後の8割走。
筑波大構内に入って4:29→4:25と少しタレましたが、ラス1.5㎞は4:05ペースで処理。
こうして初のフルマラソン、無事にフィニッシュとなりました。

・ネットタイム 3:12:18(㎞/4:31)・グロスタイム3:13:12
・総合(ハーフ全般) 1412位/9613(名)

Screenshot_20191124-39

主戦距離が10000m~ハーフの私め、今回の「つくば」がフルマラソン初参戦。
本来は11月3日の「ぐんま」を叩いてフル2走目、サブ3狙いの本線レースとなる筈でしが、9月に肉離れをやっちゃい全てが「パー」になってしまいました。
結局ぐんまマラソンは回避、直近2か月で200㎞程度しか走れておらず、サブ3狙いも断念。
サブ3.15に狙いを下方修正してのレースとなりました。

取敢えず最低限のノルマは達成したものの、持ちタイム(ハーフ1時間21分/10000m37分)から考えれば「体裁繕いレベル」の結果。
「万全のコンディションで戦いたかったなぁ~」てのが本音です。
それでも初マラソンで約6分のポジティブスプリット(前半1:39:34/後半1:33:38)だったのは収穫。
寧ろ25㎞過ぎてからの方が走り自体は楽になりメンタルもテンションハイに。
「30㎞のカベ」的なダメージは何もありませんでした。
まぁハーフ地点までがかなり抑え目のペースだったてのはありますけどね。

Course_b_39th

最後に「つくばマラソン」の傾向と対策。
高低差(約30m)の数字に偽り無し、殆ど「ドフラット」に感じる高速コース。
アップダウン(らしい)箇所は「筑波大学構内の高架橋(数十m)」「口ノ堀陸橋(往路は下り)」「25㎞からのエキスポ大通り(アップダウンと云うよりはスロープ)」。
何れも極々短い距離、若しくは緩い勾配で「レースのキモ」と云う程ぢゃありません。
加えて来年からはコースが微変更、直線路が増え更にタイムの狙えるコースになるとの事です。

時計狙いのシリアスランナーの方(非.陸連登録者)にとって一番のネックは「スタート直後の大渋滞」。
Bブロック(一般ランナーの最前列)の私めでさえスタートラインを通過するのに1分近く掛かりました。
ジョッグレベルに走れるまで2~3分、周囲のランナーと肩や肘がコンタクトするなんて茶飯事です。
鬼混雑を必死で「縫って走る」ランナーや、歩道に上がって「プチコース外走」するランナーも続出。
これなら申告タイムを敢えて少し下げ、5分遅れてのウェーブスタート最前列(Cブロック)をチョイスする裏技も「有り」かな、なんても思いました。

あと、初参戦を考えているランナーの方に、これだけは一諫言。
「コース試走は絶対にしておいた方が良い」。
つくばは走路の殆どが「住宅地」「田園」「工業地帯」「倉庫」「空地」「雑木林」…と殺風景で面白味の無いロケーション。
特に国道408号に出てから6㎞~27㎞過ぎまでは距離の目安となる建物も少なく、ずーっと同じ場所を走ってる様な単調な景色が続きます。
それでも一度走っときゃ自分なりにコースに対する距離勘も付き、距離目星となる施設も見つかる筈。
それに27㎞以降に関してはレース進捗の組み立てが結構変わると思います。
但し代わり映えのしない風景に似通った直線路、と初めて走るには迷い易いコース構成。
TRACK TOKYOさんの主催される試走会に参加するのも良い選択肢かと思います。

以上、こんな所処にて。
今秋冬のマラソンエントリーはこれにて終了。
不完全燃焼のシーズンとなってしまいました、とさ。

|

2019.11.26

●「第39回つくばマラソン」中編

えー、一昨日参加の「第39回つくばマラソン」レポ、三部作の二。
完走後のアウトロダクション、及び大会感想になります。

9時にスタートした「3時間+α」の長旅も何とか無事にフィニッシュ。
完走証受け取った後は手荷物を回収、スーパーマッディな泥沼会場を早々に撤収。
まだまだ続いているレース風景を横目に眺めつつ、帰途に着きました。

Img_4448
天久保池を曲がり、ラスト200m地点。
かえで通りからけやき通りに入ると、ゴールの陸上競技場はもう直ぐ。

Img_4447
ラストスパート、ガンバ。
サブ3.5切りオメデトウ、のランナー皆さまです。

Img_4457

Img_4454
錦秋の紅楓とランナー.二景。
例年に比べ冬の訪れの遅い「令和の秋」、筑波大キャンパスの紅葉も未だ色付き疎ら。
そんな中この楓樹だけが見事な彩り、ゴールに向かうランナーを出迎えていました。

Img_4464
フィニッシュは筑波大学陸上競技場。
ゴール後の再入場は出来ないので、グラウンドの外からパシャパシャ撮影。

Img_4473
完走証発行/ランナーズチップ回収所。

Img_4472
フィニッシュゲートを背景に、完走ランナーの皆さま。

Img_4474
完走後の現地滞在時間は僅か30分。
クールダウンのウォーキングがてら、つくば駅まで向かっても良いのですが、レース後に向かう温泉♨は「研究学園駅」が最寄り駅。
そんな訳で研究学園駅直行便のシャトルバスを使う事に致しました。

Img_4483
13:20、研究学園駅から徒歩15分「喜楽里の湯」。
9月のつくば試走会の後にも利用したので、勝手知ったるアクセス。
湯治の後は軽く打ち上げ宴、オツカレ麦酒が疲れた身体に「キューッ」と染み渡りました。

と、こんな感じの「つくばマラソン」、完走後記。
レースリポと大会雑感は亦明日にでも。

 

|

2019.11.25

●「第39回つくばマラソン」前編

えー、昨日は「つくばねの みねよりおつる みなのがわ」。
「第39回つくばマラソン」に出走して参りました。

今秋は9月に「つくば試走会」と「彩湖ベジハーフ」、10月に「東京30㎞」を叩いて11月3日に「ぐんまマラソン」。
そしてターゲットレースの「つくばマラソン」を迎えるローテーションでした。
しかし9月初旬に左足ふくらはぎの肉離れをやってしまい、未だ完治せぬまま。
10月~11月は怪我部位と相談しながら「恐る恐る」のトレーニングをこなすのが精一杯です。
月間DSTは月/100㎞と平時の1/3程度、しかもジョッグレベルのリハビリランばかり。
結局ぐんまマラソンは出走見送り、30~40%の仕上がり具合です。

と、こんな腐れコンディションで挑んだ「つくばマラソン」。
果たして結果は如何に...、つーか完走出来るのかしら?。

Img_4426
7:20、TEつくば駅到着。
金曜日から降り続く秋雨はこの日の朝も止む事無く、生憎の気象コンディション。
まぁ「暑い」とか「風強い」とかに比べると、ある意味マラソン日和ですけどね。

つくば駅から大会会場までは徒歩20~30分とソコソコな距離。
雨に打たれてるのを嫌ってか、参加ランナーの半分はひとつ前の「研究学園駅」で下車。
シャトルバス使って会場に向かわれていました。

Img_4427
外はミストシャワーの様な霧雨。
5時半に東京を出る際は結構な振り具合でしたが、こっちは大分雨足が収まっています。

Img_4430
公園通りをてくてく歩き、

Img_4431
けやき通りの大会会場に向かいます。

Img_4433
会場とーちゃく。
メイン施設となる「つくば大学多目的グランド」。
取敢えず手荷物預けに行きますが...

Img_4434
グランド入口時点でこの足場...。
うーん、嫌な予感。

Img_4436
三日間降りいた雨の所為で、グランドは「泥田状態」。
この日「おニュー」のシューズ下ろした方にとっては地獄絵図な状況です。
特にヴィヴィットなカラーリングのナイキシューズは格好の餌食。
ショッキングピンクやライムグリーンのヴェイパー.ネクスト%が、会場のあちこちで泥まみれになっていました。

Img_4440
うーん、良い苗が育ちそう...。

Img_4442
手荷物預かり所前が一番酷い...。
歩を進める度に靴が2~3㎝沈みます。
因みにこの日、私めのシューズはズームフライフライニット。
この靴、水吸うと結構重たくなるんですよね...。

Img_4443
フックン船長は「動けません」。
ビニ袋で牛元を保護していますが、運の悪い事に白色ベースのゆるキャラ。
こんな足元で歩こうものなら泥の跳ね返りで即.土塗れ、もう他のイベントでは使えなくなっちゃうでしょう。
果たして滞在時間は数分、そそくさと会場グランドを後にしていました。

と、こんな感じのイントロダクション。
レースリポは亦明日にでも。

|

2019.11.24

●「つくばマラソン」速報

Screenshot_20191124_20191124231401

えー、本日参加の第39回つくばマラソン。
前日からの糠雨は早朝になっても降り止まず、その上レース開始時刻(9:00)にはザーザーと本降りに。
まぁマラソン的には丁度良いお日柄。
按配の肌寒さで発汗も少なめ、呼吸もし易くて助かりました。

そんな訳でリザルトはこんな結果。↓

Img_4485
グロスで3:13:12、ネットで3:12:18。
取り立ててコメントする程でも無い平凡なスコアですが、何とか体裁は整えられました。
脛に傷持つ身(左足ふくらはぎの肉離れ中)としては良くやった方かと。

まぁ怪我の所為で此処2か月間の走行距離は約200㎞、しかも殆どジョッグレベル。
こんなコンディション/臨戦過程でサブ3狙うのも烏滸がましく、今日の設定タイムは㎞/4:38ペースで「3時間15分アンダー」。
前半カナリ抑え目(㎞/4:40av)だったとは云え、後半の方が3分以上早い時計(㎞/4:22av)。
フルマラソンでポジティブスプリット叩けたので、内容的にもソコソコ満足です。

大会リポは亦後日にDemo。

|

2019.11.16

●11月17日(日.休)

えー、定休日が不定休な当店、今週のお休み案内。
11月17日(日)はオヤスミとなりますので御留意下さい。

深更東雲にかけてすっかり肌寒くなってきた秋の夜長。
明日は一日かけて部屋掃除と衣替えをしようかと。

|

2019.11.10

●11月11日(月.休)

えー、定休日が不定休な当店、今週のお休み案内。
11月11日(月)はオヤスミとなりますので御留意下さい。

代わりに今日日曜日は開けてます。

|

2019.11.09

●続.Despondency

「あーあ、終わっちゃった...」

44日間に亘り熱き戦いの繰り広げられた「RWC2019」日本大会。
四年に一度の楕円球の祭典も11月2日にて終幕。
南アフリカが最多タイとなる3度目の戴冠で幕を閉じました。

で、今大会も予選プールから全試合観戦、「やる事無くなって」バーンアウトな私め。
祭りの終わった後の喪失感から、此処数日は決勝ラウンドの録画を繰り返し観戦する日々。
そんな訳でエントリーの滞った一週間になったのでした。

71irvekk3l
今日はナンバーさんPLUS、「桜の証言」の発売日。
コレ読み終わったら「RWC2019 loss 」も一区切り。
平熱の日常に戻ると致します。

|

2019.11.08

●Despondency

「あーあ、終わっちゃった...」

44日間に亘り熱き戦いの繰り広げられた「RWC2019」日本大会。
四年に一度の楕円球の祭典も11月2日にて終幕。
南アフリカが最多タイとなる3度目の戴冠で幕を閉じました。

で、今大会も予選プールから全試合観戦、「やる事無くなって」バーンアウトな私め。
祭りの終わった後の喪失感から、此処数日は決勝ラウンドの録画を繰り返し観戦する日々。
そんな訳で一週間振りのエントリーとなったのでした。

Img_4420
今日はラグマガさん、ワールドカップ総決算号の発売日。
コレ読み終わったら「RWC2019 loss 」も一区切り。
平熱の日常に戻ると致します。

|

2019.11.02

●「MATCH-48」in秩父宮

えー、ホームユニオンを初めて離れ、極東の地で行われたRWC2019.JAPAN。
44日に亘るラグビーマッド「夢の日々」も、本日のMATCH48がFINALで御座います。

そんな訳で「祭り」の最後はラグビーの聖地.南青山へ。
「PRINCE OF CHICHIBUNOMIYA STADIUM」のPVで観戦する事に致しました。

Img_4403
「手荷物検査→ボディチェック」とセキュリティは試合会場並み。
まぁ現地スタジアムに比べるとソコソコ緩かったですけどね。

Img_4407
座席へ向かう前にストロングボウ。
サイダーに氷入れちゃイケマセン、てな訳でノンアイス。

Img_4402
今回の秩父宮パブリックビューイングは前売券のみ、即日完売だったらしく。
ビジョンが神宮側にしか無いので、メイン/バック共に伊藤忠側3/4の販売でした。
それでも12000~14000人くらいは入ってたんじゃないでしょうか。

因みに秩父宮のPVに来たのは「2015.サモア戦」「2011.フランス戦」に続き3回目。
過去2回は殆ど音声が聞こえなかったのですが、今回はスピーカーが大増設されてました。

Img_4399
選手入場口には現地同様、太鼓とカーペットが設置。
まぁ誰も入ってこないんですけどね...。

Img_4400
キックオフ。
ビジョンを双眼鏡で観る、って何か不思議な観戦パターン...。

Img_4411
ハーフタイムにはスマホの海蛍。

Img_4417
帰途、伊藤忠側よりピッチ一写。
ゲームの決まった後半35分、混雑を避けて早めにスタジアムを後にしました。
それにしても南ア、エグい位の「フィジカルモンスター」振りでした。

そんな訳でただいま22:0、Jスポで録画観ている所処。
明日はぐんまマラソンが控えおりボチボチとお休みの時間なので、ゲームレビューは亦後日にでもアップ致します。
おしまい。

 

|

●「ぐんまマラソン」前日

えー、明日11月3日は今秋走活「フルの部」初戦、ぐんまマラソン。
私め「初」となるフルマラソン参戦で御座います。

Lowheader_20191031235301

今年は年明けよりトレーニングの質.量共に充実したランライフ、4月には「40代最後の年」で40代のハーフPBを更新(1:21:24)。
その勢いで今秋は守備範囲外のフル参戦を決断致しました。
夏場も予定通りの鍛錬を積み、サブ3への歩みも順調。
残暑も収まり愈々本格的なトレーニングシーズンに突入、の筈が...。

「9月上旬、左足ふくらはぎ肉離れ💀...」

当初は軽傷かと思いきや、コレが意外と重症。
トレーニング半月休んでも完治致しません。
痛みは消えないけど走れなくは無い、と云うもどかしい状況が続いたままです。
9月.10月ともに負傷部と相談しながらのトレーニング。
結局此処2か月での走行距離は通時の半分以下、約220㎞。
しかも殆どジョッグレベルの軽走ばかり、心肺も全く鍛えられていません

こんな状況で「サブ3」なんてとても無理。
つーか出場自体が難しいコンデション、レース出走を決定したのは一週間前でした。

そんな訳で今回は「参加するだけ」のファンランレベル。
㎞/5:00目安のサブ3.5が一杯一杯でしょう。
もっと正直に云うと完走すら危ういレベル。
果たして42.195㎞、左足が持つかしら...。

 

 

|

2019.11.01

●販売速報【2019.霜降版】

えー、月替わり11月、最初のエントリーは珍しく「お酒のオハナシ」。
二ヶ月置きの販売速報、8月末~10月末の弊亭「傾向と対策」で御座います。
まぁ、例に由って何の参考にもならないと思いますが…。

■ 最近よく作っているような気がするカクテル(順不同)
・ロングの部
  ジンリッキー (→)
  ジントニック (→)  
  モスコーミュール (→)
  ジンフィーズ(↗)
~以上4強~
  カシス烏龍
  1940年代のソルティドッグ
  ゴッドファーザー
  アメリカーノ

・ショートの部
  マンハッタン(→)
  サイドカー(→)  
~不動の二強~
  例のアレキサンダー
  ギムレット
  オールドパル
  マテイーニ
  ボビーバーンズ
  フェルネブランカ.カクテル
  ブリティッシュマーチ

これからはボチボチとホットカクテルが出てくると思います。
因みに今月から解禁するのは「ホットバタードラム&カウ」「ブランデーエッグノッグ」「ホットカンパリ」「ホットモスコミュール」「ホットウイスキー.トゥデー」等々。
「アイリッシュコーヒー」「ホットブラッディメアリ」は来月からの予定です。

 

■ 最近よく出ているような気がするウイスキー(順不同)
  竹鶴くん(優しくなって復活)
  グレンファークラス15年(フツーです)
  ボウモア18年(ほぼ水割り)ラフロイグ10年(フツーです)
  ボウモアヴォルト(sale中の為)
  グレングラント10年(ハイボール専)
  アスケイグ港(数種類合算)
  ラガヴーリンPX(sale中の為)
  ラガ8(ほぼカクテルベース)

あと、少し古いやつはこんな感じ↓。
  フェイマスグラウス.1980年代ローテ(松下電器版)
  カティサーク.1970年代ローテ(ハイボール専)
  ジョニ赤.1960年代ローテ(最早定番)
  ワイルドターキー.1970年代ローテ(莫迦みたく出てます)

以上、こんな所処にて。
次回は12月下旬、師走末候の頃になると思います。

|

« October 2019 | Main | December 2019 »