« ●Beaver Creek(USA) GS速報 | Main | ●2019/20.二滑目「ハンタマ」 »

2019.12.13

●2019年「あらはしたる まながき」

「暑絆金輪税安金北災、令」

えー、何故だか良く解りませんが、12月12日は「漢字の日」。
と云う訳で、昨日は清水寺で「今年の漢字」が発表。
大半紙に揮毫されたのは「冷」「令」の一文字でした。

今年の世相を代表する一文字は「新年号」の頭文字。
次点「新」に、次々点に「和」と、それに類する漢字が上位三つを占めました。
「ふーん、今年の漢字はコレなんだ?」
なんて漢字が選ばれる事の多い近年、今年に関しては特に異論もなし、まぁ良い落とし所処かと。
それに誰も「流行った」とは思ってない新語.流行語を選ぶ「某ユーキャン大賞」よりは適正な選択かと思います。

因みにこの「今年の漢字」、今年から応募投票の上位20位が発表される様になりました。
4位以降は「変」「災」「嵐」「水」「風」「天」「税」の上位10傑。
「嵐」「税」はもうちょい上かと思いましたけど、まぁ一年を振り返る年の暮れ。
皆さんポジティブな意味合いのものを選びたくなりますよね。

所処で平成7年から始まった「今年の漢字」も今回で25回目。
変化に乏しい年々が繰り返されている昨今、一年の時事世相と云っても似たり寄ったりで大した変わりもありません。
たまに世間を揺るがすニュースがあったとしても、災害や犯罪絡みのネガティブな報が殆どで、それをネタに漢字を選ぶのもモラル的に難しく。
毎年違う漢字を選ぶ事の方が大変なんじゃないかなー、と思ってしまいます。
そんな訳でこの催しも、そろそろ「幕の引き時」にきているのぢゃないかな、と。

尚、冒頭の仰々しい一行は此処十年の「今年の漢字」推移にて。
暴走族のツナギに刺繍されているものではありません、念の為。

|

« ●Beaver Creek(USA) GS速報 | Main | ●2019/20.二滑目「ハンタマ」 »